釣行会レポート

2009年4月18日(土)〜4月19日(日)

日本渓流釣連盟 18回懇親会
静岡県伊豆狩野川方面

リーダー:満藤   サブ: 

参加者:小幡、小野寺、八木、今井、石下、中野、満藤

計:7名


交通:自由参加

宿 :伊豆湯ヶ島温泉「たつた旅館」  0558-85-0511

費用:14,000円(保険料含む、交通費各自負担)

参加団体:日本渓魚会(8名)、つくば渓流会(3名)、東渓(7名)
     個人会員(1名:蓮沼氏)
                            計19名

天候:


概況:

午前2時河津町のコンビニ店に到着する。早々に入魚券と朝食と酒類を購入し、所定の場所に駐車し、酒を飲み仮眠を取る。朝6時半に起床する。川は三月の解禁時よりは水が少ないが、この時期にしては異常に水量が多い。釣り支度を完了し下流500m位下り其処より川に入る。本日は珍しく釣り人はゼロである。
瀬、トロ、深瀬を流すが、釣れて来るのはハゼ、ヤマベ、ハヤそしてアマゴたち。アマゴは魚籠に入る物は皆無で有る。小型がうるさい程である。10時半に橋に到着し、ここで終了し、護岸を上がる。釣り人に初めて話し掛けられる。釣り人の話しを聞くとサツキマスを釣ったとの。早々に現物を見ると巨大な50cmのニジマスであった。
河津川にはサツキマスはいるのかは不明であるが、居れば夢の様な話である。宿には12時の約束をしていたのでまだ時間が有るので、持越川に向った。車が止まれる場所には全て駐車して有り、持越川もアウト。ここで渓魚会の水上氏と出会い、一緒に宿へと向う。
宿にて狩野川魚業協同組合さんと放流の打合せを行い、日本渓魚会は持越川へ、東渓倶楽部は猫越川へ、筑波渓流会と個人会員の蓮沼氏とは長野川に決定し、2時より稚魚の袋詰めを初めて担当河川用の袋詰めを終了後、担当河川へ稚魚放流を行い、河川清掃も同時に行い無事に終了することが出来ました。組合の方々も喜んでおられました。
予算は50.000円(稚魚3〜5cm位≒2.000匹)でした。
 東渓では、小幡氏グループは桂川に入ったとの事。中野氏は冷川に入ったとの事。伊豆に来て釣果を聞いても無駄な話と釣果は聞かず。他の会も同様の結果との事でした。
 夕方の宴会は狩野川魚業協同組合の植田組合長も出席して頂きました。皆様も歓談し、午後9時頃終了いたしました。各々の部屋に於いて集合し、二次会を行っておりました。
 19日は朝8時に朝食。個々のテイブル上には土産物が置かれ各自それぞれがお持ちになりました。山葵ズケと生山葵でした。朝食終了後、9時にたつた旅館前にて記念撮影を行い解散となりました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部