釣行会レポート

2009年5月9日(土)〜10日(日)

山菜&釣り釣行

リーダー:沖野谷 

参加者:今井、伊藤、上野(信)、大場、筧、高根、近松、
櫻井、村松、本間、柳田、沖野谷


計:12名

交通:車4台

宿: 木賊温泉「旅館 湯の上」 пF

費用:18,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:

 今夜(8日)は金曜日だというのに一般道も高速道も極めてスムーズに流れている。こんな日もめずらしい。順調すぎて蓮田SAには全車共かなり早く着いてしまった。したがって、雑談しながら余裕 を持って西那須野塩原ICへと出発した。
いつもの休憩ポイントである山王の「COCOストア」に着いたのは9日(土)午前2時を回ろうとしてい た。外気温は1度、この時期なのに何しろ滅茶苦茶寒い!
ここでの目的は夜食と休憩それに入漁券の購入だった。休憩室ではカップヌードルが一番人気で 決して身体に良いとは思えないがみんな旨そうに食べていた。
参加者は全部で12名、なんといっても高根先輩が平塚から駆けつけてくれたのがうれしい。 夜は久しぶりに高根節が聞けるのが楽しみだ。
やがて待ちきれなくなった面々が夜明けには程遠い闇世の中をそれぞれの目的地へと向かった。
 本流3人組(大場、筧、本間)は昨年同様、伊南川へ・・・紅一点の今井女史は高根氏のサポート により鮒沢川・塩の叉川へ、柳田車(上野信、村松)はいつもの小滝川へ、近松車(伊藤、沖野谷 、櫻井)は荒海川、桧沢川へと二手に分かれた。
いつものことながらこの時期、南会津周辺での釣果はそれほど期待できるものではなかった。
しかし小滝組はしっかりヤマメ、イワナをキープしてきた。それに山菜のフルコースも・・特に上野 氏はホンナを収穫し満足顔だった。近松、櫻井両氏は数は出たがサイズ的に今ひとつだった。
本流組はそれぞれ型の異なるヤマメ各一匹づつ、一方、高根、今井女史ペアは残念ながら不調 だったとのこと。しかし山菜は充分採れたようだ。
さすがの伊藤氏も荒海では食いが悪いと嘆きながらストレスの残る状態が続いた。そういうワタシ (沖野谷)も毛鉤で攻めてみたものの出るには出たが掛からず状態で伊藤氏と同様だった。

昨年偶然に発見した○○村のコシアブラの秘密ポイントへ上野(信)・村松・柳田の三氏を案内す るため、釣りはワンラウンドで終了することにした。
伊南川富田橋で三氏と合流、総勢7名のコシアブラ群落探検隊(近松、櫻井、伊藤、沖野谷、上 野、村松、柳田)がにわかに結成された。
急峻な斜面をよじ登ったところ一面がコシアブラ群落地帯だった。まさに採り放題の状況だ。採り方は秘密の秘であるが地元の伝統的高効率採取法を駆使し1時間ほどで昼のてんぷら用と全員分のお土産を確保することができた。心配していた新芽の状況は良好でまさにグッドタイミングだった。でもデリケートな芽だけにその保管方法には苦慮した。家まで新鮮な状態を維持するのは極めて難しい。今後の研究課題のひとつだ。それにしてもコシアブラの採取は重労働で体力がいることを痛感した。
 そして今日9日(土)のワイルド野外パーティー参加のため11時半には湯の花温泉先の白樺公園の木陰に集合した。皆が2年ぶりに柳田シェフの揚げる山菜のテンプラやヤマメの唐揚げに満足そうな顔で舌鼓を打っていた。西川シェフがいなかったため定番の各種和え物ができなかったのは少し残念だった。でも今回のイワナ汁はイワナのダシと山菜の絶妙なコンビネーションがなんとも言えない旨い味を引き出していた。鍋の底まですすってた人がいたほどだった。おそらくこの味は二度と作れないだろう!それほどのスゴ味だった。これは上野、筧、村松 三氏のコラボと記憶している。
因みに今回は新発売のキリンフリー(ノンアルコールビール)を用意し少しだけビールの味を楽しむことができた。こうしてみんな大いに満足し木陰で昼寝するなどして恒例の昼のイベントは無事終了した。
一方、夜の部は今回5年目の節目を迎えたこともあり少し趣きを変えてみた。湯の花温泉の近くで歴史のある木賊温泉(トクサと読む)に宿泊することにした。
  明治21年築の曲家をリフォームした情緒のある「旅館湯の上」この宿は長年煙で燻された太い柱や梁そして一枚板の仕切り戸などがそのまま室内装飾になっておりそこはまさに野趣に富んだ雅の世界だった。特に宴会場の大広間は幻想的でほの暗さと囲炉裏の赤い炭火のコントラストが見事だった。
そこにはほど好い焼き加減の岩魚が行儀良く並んでいて我々の食欲を更にそそる風情を醸しだしていた。料理も素朴で美味しくこの宿の夫婦の気持ちが伝わってくる感じがした。
昼間あれほど山菜料理を食べたのにここでの違和感は全くなかった。これはこの宿の雰囲気がそうさせていたのだろう。
特に高根氏持参の特注品による「岩魚骨酒」の味は絶品だった。こうして旨い酒と旨い料理に楽しい話題が加わり全員が満足したようだった。

翌早朝はほぼ全員が山菜採りや釣りにでかけた。ワタシは前夜の打合わせが不十分だったせいもあり釣具一式が車の中に入れたまま出かけられてしまった。
そこで筧氏にお願いして本間氏と共に宿前の西根川上流を探釣することにした。すべて借り物のにわか支度だったが上流はすばらしい渓相だった。まだ雪白の名残があり水温7度だった。このよなう状況下で筧氏は中型サイズのイワナ2匹をまたたく間に釣りあげていた。そういうワタシは流れ込みの好ポイントを譲られ28センチと26センチの実に綺麗なイワナを引き抜いた。驚いたことに腹の中から12センチほどの山椒魚が出てきた。
イワナの悪食?食後10分と言ったとこか。実に生々しい光景だった。
帰り際に宿脇で山菜分けをし全員に充分すぎるくらいのお土産を渡すことができた。しかし魚のほうは全体的に小ぶりだった。
こうして今回の「山菜&釣り」も風格と気品に満ちた宿前で記念撮影を行い無事終了した。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部