釣行会レポート

2009年5月30日(土)〜31日(日)

岩手中通り釣行

リーダー:伊藤 

参加者:青木、上野(信)、大場、沖野谷、筧、近松、櫻井、村松、八木、伊藤

計:10名

交通:車2台

宿: 岩手県 台温泉「 かねがや旅館」 пF

費用:19,000円(保険込み)

天候:5/30 晴れ(岩手県 微風、秋田県 強風)、5/31 晴

気温:

概況:

■上野車 南畑川方面(上野、村松、伊藤)
 朝一に南畑川の中流域に入渓、水は釣りにはなるが少ない。釣り人が多くやや芋洗い状態。
各人20cm程度を数匹づつ釣る。
又、散らばって入渓何とか釣果を見る(上流域は岩魚も混じる)。
鶯宿川に転戦し、温泉より下を伊藤、上野、村松の順に入渓、水は一昨年の1/3 程度
ハヤに苦戦する。
外桝沢・矢櫃川を覗くも、低水位で早々に諦める。
再度、南畑の最下流域を挑戦、村松氏が幅広を数尾仕留める。
南畑川は水が綺麗で水量さえあれば、それなりの釣りは出来ると思われる。

■近松車 生保内川方面(沖野谷、桜井、近松、八木)
 生保内川は強風の為、釣りに苦慮するもさすがに東渓人、なんとか釣果を見る。
桧木内沢に転戦・稗貫川に転戦と釣り場を大きく移動。それぞれで釣果を得たとの事。
■青木車 豊沢川方面(青木、大場、筧)
 豊沢川全域を調査する目的を持って入渓。下流域からダム上まで各所を見て回る。
釣り半分・調査半分で有ったが、皆、釣果を得ていたのはさすが!
その情報は、次回の釣行の糧となるでしょう。

宿に夕方5時集合、旅館は築60年の木造と鉄筋構造の宿であったが、女将・従業員は丁寧な対応で、あったし、部屋も継ぎの間付きで広く使え、気持ちよく泊まれた。
温泉は源泉掛け流しで深めの浴槽は良い具合で長湯をしたくなった。夕食はおかずも豊富で炊き込みご飯出て、これがふくよかな美味で、皆、食が進んでお変わりを重ねていた。
朝食は味噌汁でなく芋の子汁(けんちん汁に近い)を大きな木の椀に出されたがこれが、又、美味しく皆が喜んでいた。(食事は美味しいだろうと見当を付け、宿の選択したが大当たりであった)

尚、朝の釣りは豊沢川に皆で入渓(一人だけ朝寝)。櫻井さんがしっかりとした釣りをした。皆、それぞれの釣果を手にしていた。

魚分けは各人12〜13匹とこの時期と水量を考えると良かったのではないかと思われる。

 岩手は昨年今年と水には恵まれなかったが、良き時期に入れれば数・型に充分巡り会えると確信する。
高速代・ガソリン代が安く、昨年より4,500円も安く釣行出来た事は何よりであった。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部