釣行会レポート

2009年6月13日(土)〜14日(日)

中部方面・高原川水系(根曲がり筍)釣行


リーダー:青木 サブ:村松 

参加者:大場、筧、櫻井、近松、村松、青木

計:6名

交通:車2台(青木、近松)

宿: 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾温泉 「温泉民宿 むらかみ

費用:17,000円(保険込み)

天候:晴れ

気温:

概況:
 昨年、味を占めた根曲がり筍の美味しさに魅かれ、今年も!とたくらんだ「高原川水系での釣りと根曲筍狩り」であります。
 6月12日23時、中央道談合坂SAに車2台、6名が集合した。
沢割を、近松車:櫻井、村松は打保谷川、青木車:大場、筧は蒲田川とし、昼食後、合流して、根曲がり筍狩りを全員で行うことにした。と云っても、山菜は「地元の財産」でもあり、乱獲はいけません、魚同様、程々にしましょう。
 2台は、途中、諏訪湖SAで休憩後、松本IC〜上高地、安房トンネル、平湯温泉経由で高原川を目指した。東北方面の山形、秋田に比べれば近場で、3時半頃には現地到着であった。2台とも、5時の夜明けを待ちきれず、それぞれ入渓した。高原川水系は本流初め、6月中旬ともなると、かなりの減水状態であった。早朝の水温は計っていないが、魚の処理(開腹)時の感じでは10℃程度で冷たい。
 青木車は、蒲田川の中流域に筧、大場、中流域〜上流域に青木が入渓した。蒲田川はイワナ主体のヤマメ混生であった。釣果は、筧氏がイワナの29cmを筆頭に、ヤマメ9寸以下を5〜6尾、大場氏はヤマメ8寸数尾、青木はイワナに絞り上流域を狙ったが、貧果に終わった。
 一方、近松車の状況は、近松氏の報告によると日釣券を購入後、4時半頃に打保谷川の最終駐車地点に着くも、既に1台が停まっており、寝袋で夜を明かしたようであった。起きてきたら、入渓場所の相談でもしよう準備を始めたら、またまた1台到着。タイミングよくそこに、監視員が来たので3台の沢割の調整をお願いして、なんとか無事決着した。
 我々は監視員の調整で林道を20分程歩いた地点からの入渓となった。この川の上流部で昨年は、根曲がりの収穫を味わったので、用意してきた簡易リュックの準備も怠りなく意気揚々と出発した。監視員から云われた区間を3等分して、下から櫻井氏、近松、一番上に村松氏が入渓した。明るくなるに従い、どうも昨年と様子が違うことに気付いた。釣りをしながら、辺りをキョロキョロと見ても、新しい根曲がりが有るには有るが全て1m以上で、収穫できるサイズは皆無ではないか! なぜ? 答えは釣行日程が、誤って1ヶ月遅かった。昨年は5月24日だった。「今頃、有る訳がない!」
釣果はと云うと、7寸程度のヤマメを村松、櫻井両氏は数尾ずつキープ、近松は貧果に終わった。

 12時過ぎに待ち合わせの食堂(神岡町 山の村食堂)に2台が合流。根曲がり筍狩り季節の読み違えを悔みながら、少々季節外れ(遅れ?)の山菜天ぷらそば等を食した後、兎に角根曲がり筍を探そうということで、村松氏が提案した「標高の高い有峰湖周辺を探せばもしかしたら、あるかも!」に乗ることにした。
 筧、大場両名は高原川本流を釣りたいというので、高原川へ。残りの4名(近松、櫻井、村松、青木)は近松車で根曲がり筍探しに向かった。有峰湖有料道路手前の峠のトンネルまではかなり標高も上がる感じで、ちらり、ちらりと根曲がりの小さな群生が表れだし、先に期待が持てそうな感じとなってきた。2ヶ所程、らしき所で探し、少々の収穫となるが、土産には程遠い量であった。この先は有峰湖有料道路となるが、1,800円の通行料を支払い、湖へ向かった。トンネルを出た所で有望そうな根曲がりの群落を見つけ、何とか全員分の土産を確保した。東京から松本ICの高速料金よりも高い1,800円も支払ったので、せめてダムを見物しようと、車を走らせた。途中、そこそこの川があり、イワナがいそうで、青木はここで降車した。ダムまでの遡行距離はかなり長がかったようでようやくダムてんば天端に到着。記念写真をとり、Uターン。青木の釣果は、当たりすらなく、零でした。
 一方、高原川本流を長竿で釣った筧、大場両名は、筧氏が29cmのヤマメを釣り上げていた。
 16時半頃には、全員が宿に集合、奥飛騨の温泉につかり、ビールで乾杯。
6時半頃から、本日の釣果、根曲がり収穫状況を反省しながらの夕食となった。明朝は、全員で下佐谷川を釣ることにした。村松、近松両名は、根曲がりは全く期待できないので、下佐谷川で蕗でも採ることにした。
 下佐谷川は林道から川までかなりの高さがあり、入渓点は限られる。下流部に筧、大場両名、中流部から青木、その上に櫻井氏を降ろした後、村松、近松両名は、上流部で蕗採りをした。朝釣りの釣果は、筧氏はヤマメ・アマゴの8寸クラスを4尾、櫻井氏はヤマメ・アマゴ、7寸クラスを4尾、青木はヤマメ9寸を頭にイワナ混じりで計6尾であった。
ようやくリーダー(案内人?)として面目躍如であった。
なお、当地は本来ヤマメ水域であるが、ヤマメ、アマゴの混生であった。生態系を狂わす放流は是非とも謹んでもらいたいものである。他の県においても、本来ヤマメ水域にも拘らずアマゴが釣れるなど、ニジマスの放流と共に、関係者には、猛省を促したい。
 9時半には、宿を出発し、途中、しかるべき沢で魚分けを行う積りであったが、リーダーの知識不足で、迷った挙句、とある山中での魚分けとなった。釣果は、東北方面でのそれとはサイズ、量とも及ばないが、お土産には十分であった。根曲がり筍の収穫は量的にも昨年には及ばないうえ、虫食いも多く、残念な結果であった。13時過ぎには、談合坂SAに安着、解散した。 魚も根曲がり筍もタイミング次第です。お疲れ様でした。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部