釣行会レポート

2009年6月27日(土)〜28日(日)

ヤマメ稚魚放流と釣行

リーダー:八木 

参加者:青木、沖野谷、近松、中野、村松、本間、山谷、菅野、八木

計:9名

交通:車2台(青木、近松)、山谷氏・菅野氏は直行

宿: 山形県 柳川温泉 пF0237-64-2151

費用:18,000円(保険込み)

天候:晴れ

気温:

概況:
26日(金)夜11時に東北道蓮田SAに集合し、車単位で午前中を釣行へと出発。
青木車(本間、村松、八木)は小樽川の中、上流へ。近松車(沖野谷、中野)は中、下流へと向かう。
27日(土)お昼に柳川温泉側の蕎麦屋に集合し、昼食を済ませ駐車場にて山谷氏、山形在住の特別会員の管野亮一氏と合流。集合時間の午後2時に漁協の新組合長の佐藤利雄氏、組合員の鈴木好一氏ともう一方の3名と養魚場の方1名の総勢13名が揃い、挨拶後出発。


放流地域は中流部3ケ所へ約8,000尾(6センチ前後)
  @柳川地区月布川本流と徳択川合流付近 2,000尾
  A貫見地区支流の小清川 3,000尾
  B沢口地区支流の大瀬川の支流 3,000尾
以上、2時間半程で無事終了。
特に大瀬川支流は遠来の釣人には判り難い場所の様に感じられた。
終了後に近松車は釣行へ青木車は街へと向かう。
宿はコテージ風に作られ食事は朝、夕食供仕出し弁当ではあるが部屋内は台所が有り、食器類が揃って自分達で料理が出来る様に成っており、遣り方によっては素泊まりが出来て利用価値は大いに有ると思いました。
部屋は4人部屋を3部屋用意され、其のうちの一部屋に集まり宴会と成り夜9時前には寝床へ。殆とが早朝釣りや山菜採りに向かい8時半朝食後、駐車場にて獲物の分配をし10時出発。地元の道の駅でお土産用のさくらんぼを購入し帰路へと着く。
途中サービスエリアで昼食を済ませ、山谷氏から皆さんへとコーヒー代を預かり一服し蓮田SAで解散式を行い無事終了と成りました。
今回で月布川の放流は2回目でしたが、昨年以上の満足感を得られたと思います。
山谷氏は東渓の放流の草分け的な方で眼を病んでおられる中、無理して参加頂きました。「もしかしたら放流のお手伝いは最後になるかもしれないから行って来なさい」と奥方の後押しに、元気つけられたとの事でした。ありがとうございました。また、管野氏も山形方面での放流や釣行会には極力参加やアドバイスを頂き感謝しています。
今回参加を楽しみにされていた櫻井氏は急用が出来てしまい残念でした。差し入れの「八海山」皆で美味しく頂きました。ご馳走様でした。
皆さんの参加で無事終了致しました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部