釣行会レポート

2009年7月10日(金)〜12日(日)

キャンプ源流釣行

リーダー:村松 

参加者:青木、上野(信)、沖野谷、筧、近松、本間、村上、村松、八木

計:9名

交通:車3台(村松車、近松車、青木車)

宿: テント 2泊

費用:20,000円(保険込み)

天候:7/10 曇り後雨 7/11,12 晴れ

概況:
 今回はキャンプ釣行と源流釣行を合併した釣行会に変更し、新リーダーとして大場氏が予定されていたが、急病により入院され、村松がリーダーになった。
 前夜の9日(木)、東北道の蓮田SAに22時集合、近松車(近松、沖野谷、村上の3人)と村松車(村松、上野、八木の3人)が集まり、初日の沢割りを確認する。
近松車は生保内川の漁協に状況確認で大雨により濁流で入渓困難、豊沢川に入渓予定、村松車は梁川支流の根田茂川から早池峰ダム上流岳川支流に入渓予定。青木車(青木、筧、本間の3人)は大阪から参加する元会員の植森氏を乗せてから東京を出発するため、我々の後追いで稗貫川、岳川に向かう。
9日の東北地方は大雨で釣り場の川の増水が危惧されたとおりに、どこも真っ赤な濁りで釣りにならず、携帯で情報交換して稗貫川上流の早池峰ダムサイトにある道の駅に全員集結して雨の収まるまで待機した。やがて小雨になり、岳沢本流上流、支流、ダム下流の三グループに分散して釣りに入った。
岳沢本流に入った青木車は真茶色の溜まりを狙い、藪こぎを重ねヤマメ8寸クラスを確保。さらに支流でもヤマメの良型を釣った。イワナは7寸クラスが多かった。ダム下流に入った近松車は増水であまり釣りにならず、出るヤマメは小型だった。支流に入った村松車は先行者ありも良型のイワナとヤマメの顔を見ることができた。
 午後2時に国道106号線の区界高原道の駅で昼食を取り、3時にキャンプ地に到着。幸いに雨も止み、全員で手分けをしてテント2張り、食事の用意など手際よく行った。しかし、時折吹く強風に張ったブルーシートが飛ばされ何回も張り直し、ロープでがっちり固定してしのんだ。やがて風も治まりホッとした。
夕飯前に御山川に釣りに行く若手2人(村上,植森)に期待して待っていると、薄暗くなるころ意気揚揚と帰ってきた顔を見て、釣れたなと判った。増水後の好条件になってきたのだろう。明日が楽しみである。
筧、本間両氏の料理の達人が腕によりをかけて作った夕食がじつに美味しい。すっかり風もおさまり、自然林に囲まれた山の中のキャンプはいつも心地よく、釣ったヤマメと岩魚の焼きがらしを食べながら酒も進んでしまう。
 2日目の11日、近松車は再度、生保内川に挑戦、早々3時に出発した。青木車の4人は閉伊川本流と出合いから御山川に入渓、村松車3人は吉部沢二股上下流にイワナ狙いで入渓した。
吉部沢上流は渓相抜群だがイワナは型も釣果もイマイチで期待外れであった。
青木車はまだ増水の影響で川の徒渉には難儀しながらもヤマメ、イワナの型も良く、釣果も満足の釣りができたそうです。一方、遠出の近松車は生保内川にはまだ入れず、小先達川で型を見る程度の釣りであった。ご苦労様でした。午後、村松車は御山川上流に入り、とても美しい渓相に感激し、イワナも8寸9寸と型が良く、腹部も鮮やかな黄色で居着きのイワナであった。数はそんなに出なかったが楽しい釣りであった。
夕食も早々に作り、ゆっくりとしたゆとりの食事と宴会ができた。満点の星空は天の川が素晴らしいムードを醸し出してくれて、これぞ釣りロマンであった。程よい酒と疲れで眠りについた。
3日目の12日はゆっくりの朝食後、テント撤収、「来た時より美しく」をモットーにゴミを残さず手際よく後片付けをした。最後に魚分けをしたが、まる2日間の釣果で良型イワナ、ヤマメを平均10匹のお土産になった。
9時出発。途中東和温泉「日高見の霊湯」で汗を流しさっぱりして帰途に就いた。蓮田SAに4時頃到着。無事を喜び解散した。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部