釣行会レポート

2009年7月18日(土)〜20日(月)

青森・秋田・岩手釣行

リーダー:櫻井 

参加者:上野(泰)、大場、沖野谷、筧、関口、近松、中野、本間、櫻井

計:9名

交通:車2台(関口車、近松車)

宿: 青森県 田子町   「田子温泉」  電話:0179-32-2728
   秋田県 大湯温泉  「馬ぶち」   電話:0186-37-2277

費用:27,000円(保険込み)

天候:7/18 曇り後雨 7/19 雨 7/20 晴れ

気温:

概況:
 7月17日22:00頃、蓮田SAに9名(2台)が集合。沢割りは例会時に熊原川を田子町の上流部と下流部に分け、関口車が上流部、近松車が下流部と決めていた。現地までは、那須高原SA、菅生PA、前沢SAと休憩を入れ、田子町へ向かった。途中の道路状況は、岩手県に入ってから断続的に降雨となり現地の水量が気になった。
7月18日04:30頃4号線沿いのGSに集合し、釣り支度を行い田子町へと向かう。
途中馬渕川本流が見えるが平水で、天候は多少の霧雨模様でカッパの着用を迷う状況であった。田子町のコンビニで朝食を購入後、長竿グループ3人が下流部に他の6人が上流部に分かれて入渓することにした。
05:15頃、関口車は田子町中心部より少し上流の橋に着き、橋より下流方向に近松氏が入渓し、上流方向に上野、関口両氏が入渓した。田子温泉上流部の橋より櫻井が、更にその上流約2km地点に沖野谷、中野、両氏が入った。第1ラウンドはたっぷり時間を掛けるつもりであったが、リリースサイズのヤマメも多く、10:00前にはエサ切れとなったため、中野氏に連絡を取り、田子温泉下で釣っていた、上野、関口氏と合流した。ここでは、沖野谷氏が関口氏の釣りを見て、その釣技に感心しきりであった。軽いオモリを使ったエサの振込みから、魚を掛けた後の取り込みまで、無駄な力が入らない流れるような動作は、簡単にまねのできるものではない。第1ラウンドの釣果は、数は釣れるものの型が小さく、最大で25cm程度とこの川にしては不満が残るものであった。
11:30頃、気温も上がりかなり蒸し暑くなってきたため、田子町「サンモールたっこ」に移動し少し早めの昼食となった。
昼食後は、上野、関口氏に沖野谷氏が同行し田子温泉下から午前中の続きを、櫻井、中野氏もそれぞれ午前中の続き場所に入渓した。14:00頃から降り始めた雨によりヤマメの活性が上がり良い状況になってきたが、15:00過ぎから雨脚が強くなり、納竿し早めに宿に入った。
昨年本間氏が大物を釣った場所を中心に大物狙いで下流部に入った、大場、筧、本間氏は、大型には出会えず上流組と同様な型であった。田子町中心部に入った近松氏も同様に数は出るが、最大サイズが8寸以下という状況との事であった。こちらは昼食後、種子川等の支流にも入ったが、結果は午前中と大差がなかった。近松車は雨脚が強くなって宿に入ったが、筧、本間両氏は、宿で一休み後、雨の中、大物(サクラマス?)狙いで夕方まで釣りを続けていたが、釣果には結びつかなかった。

入浴後、16:30頃から宴会モードで飲み始め、今年も宿のサービスのにんにくの醤油漬け、枝豆いただき夕食前にはかなり出来上がった状態となった。
雨は夜間降り続け、時には集中豪雨のような雨音であった。
翌朝(7月19日)、関口車のメンバーは朝釣りの気配もなくゆっくりと寝ていたが、近松車は4人全員がとりあえず川を見に出かけた。結果的には濁流の熊原川を見ただけで竿を出すこともなく宿に帰ってきた。
朝食後、田子町ガーリックセンターに寄り、にんにくのお土産を購入し、秋田県大湯へと向かう。大湯川上流部は通常の数倍の水量の濁流となっていた。十和田道「中滝」近くで渋滞があったが、これは山側の立ち木が土砂崩れにより道路側に倒れ、片側通行になっていたためである。このころ、秋田県全域には、大雨洪水警報が出ている状況下であった。
関口車は、大湯の喫茶店「泉」に入り、挽きたての豆をサイホンで入れる香り高きコーヒーを堪能した。ここは35年前の開業で、東渓メンバーは30年前から良く利用していたとの事である。その後は小坂町に向かい、迫力満点の小坂川の濁流をカメラに収める濁流ウォチングを行い、韓流食堂で昼食を取った。昼食後は、大湯に戻り宿に入った。
近松車は、午前中に宿に入り休憩を取り、大湯の蕎麦屋で昼食後、関口車と入れ替わりに小坂方面に向かった。小坂川と荒川川合流点付近で竿を出したが、釣果は無かった。
大湯温泉「馬ぶち」旅館の食事は今年も期待を裏切らなかった。質・量とも十分の上、今年は、若主人が十和田湖で釣ったヒメマスの揚げたて唐揚げをサービスしてもらった。
前日からの豪雨の影響でキャンセルもでたとのことで、釣りができないにも拘らずキャンセルせず宿泊したことに対する感謝が表われていた。
7月20日8:05宿前で集合写真撮影後出発、川岸から溢れんばかりに増水した大湯川を横目で見ながら、十和田ICから東北道に入り帰途に着く。夏休み直後の3連休最終日ということもあり高速はかなり混雑していたが、渋滞といえる渋滞にも遭わず14:00過ぎに大谷PAで解散となった。
2泊3日の釣行会で、満足に釣りができたのは1日という結果に終わったが、久しぶりに温泉にゆっくり入り、疲れが残らない釣行会となった気がする。参加者のみなさんお疲れ様でした。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部