釣行会レポート

2009年9月5日(土)〜6日(月)

最終釣行

リーダー:村松 サブ:筧

参加者:今井、上野(信)、沖野谷、筧、櫻井、関口、近松、
西川、本間、村上、八木、矢田部、村松


計:13名

交通:車4台(関口車、近松車、筧車、上野車)

宿: 秋田県 秋の宮温泉   「鷹の湯」  

費用:21,000円〜22,000円(保険込み)

天候:快晴

概況:
 残暑厳しい昨年同時期とは反対に今年は長雨の冷夏で、野菜やコメの作物の出来が心配される天候状況でした。河川の水量は場所によって少ないところ、まあまあのところとバラバラでしたが、13名の参加のもと、最終釣行会にふさわしく、尺ヤマメが四本(34・31・31・30)も釣り上がり、この中で八木氏の34cmのヤマメ大型賞が決まった釣行会でした。
今年は会の釣行でヤマメもイワナも尺ものがあがっていなかっただけにどこかのグループが大物賞をと期待していました。それぞれに大物が上がる実績のある河川に挑戦したことが、見事尺ものが確保できたわけです。
4日(金)PM10:00東北道蓮田SA集合、全員集まったところで、車4台の沢割りを確認してそれぞれ目的地に向かった。

 @近松車4人(桜井、西川、矢田部)は宮城県鳴瀬川と秋田県役内川中下流

 A関口車3人(今井,沖野谷)は米沢周辺の大樽川、小樽川

 B筧車3人(本間、村上)は秋田県役内川と院内川

 C上野(信)車3人(村松、八木)は横手の善知川、斎内川、窪堤川に入渓

良く晴れた昼間は熱い日差しの中での1日の釣りを終え17時までに秋の宮温泉「鷹の湯」に集合、宿の湯につかり疲れを癒しました。
「鷹の湯」は昔から東渓倶楽部が利用していた宿で個人的にも利用している方もいて、秋の宮温泉の中では役内川沿いに建つ古風で立派な建物と風呂が4か所もある大きな素晴らしい宿です。
夕食後、それぞれグループごとの釣行状況発表をしていただきました。
 @近松車の鳴瀬川は5月連休頃には良かったので期待したが、圧倒的に子ヤマメが多く、型を見ることができなかった。その後役内川に入り、水量はあるが型を見る程度だった(桜井)
 A関口車は米沢小樽川に入渓したがたいした釣りにならず下流部に移動、小樽川出合いで31cmの美しい雄ヤマメと大型ニジマスを、関口氏がニジマス混じりの8寸ヤマメを釣り、この時点で大型賞を期待していた(沖野谷)
 B筧車は役内川本流に村上氏がフライ釣り、あと2名は院内川各支流、大役内川とゲリラ釣りで7〜8寸クラスの数釣りを楽しんだ。
 C上野(信)車はまず善知川に入渓、あまりにも水量がなくガッカリ、一昨年前に同時期大型ヤマメが上がったところに八木氏が入るが小型ばかりである。
上流取水堰堤から少し水が増え釣りになるが、上野氏ブラウン2本とイワナ、村松氏がやっと9寸幅広ヤマメを確保した。斎内川は減水ぎみで、大堰堤下では釣りにならい。減水期でないと入渓できない真木渓谷にはじめて入るが素晴らしい渓谷美でポイントも多く8寸クラスのヤマメとイワナをそれぞれ楽しんだ。後30分、PM3時に上がりと決めて窪堤川に入り、八木に氏が34cmのヤマメを確保した(上野)。
 最後に矢田部さんから「今回はただ一匹釣れば良しとする」と参加したが見事一匹釣ったので満足している。「鷹の湯」は以前から利用しているなじみの宿です。と長老らしいい控えめの話しをされました。
 釣行報告を終え、釣り談義で大いに盛り上がり、8時宴会終了。明日の釣りのため就寝。
 2日目早朝、役内川本流、中流と宿周り、大役内上流などと入渓する。桜井氏が役内川中流部で31cm、30cm2本のヤマメを釣り意気揚々と帰ってきた。8時半からの朝食を終え、全員で魚分け(10匹平均)、9時30分宿の前で記念写真を撮り、帰宅に着く。
PM3時頃蓮田SAで解散しました。
 結局八木氏がヤマメ34cmを釣り、2009年度ヤマメ大型賞にきまりました。おめでとうございます。イワナは残念ながら対象者がいないことになりました。最後の最後で大型賞が決まりホッとしました。
 今回釣行3日前に青木氏が家族の急病で参加できず、申し訳ないと寄付をしてくれました。そこまではとお断りしましたが、強い要望にありがたく使わしていただきました。また、今井さんからも寄付をいただきました。また、上野氏から珍しい「日本酒の梅酒」の寄付もありまして、ありがとうございました。
なお、今回は久しぶりに西川氏が元気な姿で参加をいただき釣行会をさらにに盛り上げることができました。
2009年度最終釣行会も無事終わりましてありがとうございました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部