釣行会レポート

2009年10月18日(日)
家族マス釣り大会


実行委員長:本間リーダー&執行部


参加者:会員 17名 会員家族 40名
計:57名

会場:小河内漁協 峰谷川渓流釣場

日 時 :10月18日(日)  
     午前9時 開会式 〜 午後1時半 自由流れ解散

会 場 : 小河内漁協 峰谷川渓流釣場

実行委員: リーダー:本間正行、執行部

参加者 : 57名(会員 17名、家族 40名 内子供 11名)

天候  :  晴

概況:

 2009年度は57名という過去にはない大勢の参加がありました。当方、2005年頃からこの行事に携わって参りましたが、今回の参加者数には驚きを隠せませんでした。偏に、会員の皆様の、ご協力のおかげだと存じます。心よりお礼申し上げます。
 紅葉の時期には少し早くも、真っ青な空と眩しい太陽、緑に囲まれた山々と絶好のコンディションの中で開会式が始まりました。そのうちに、放流時間を待ちきれない家族連れが前日の残りマスを釣り上げていました。
 9時30分を過ぎると第2回目の魚の放流が始まり、次第に、あちらこちらで釣れたと思われる歓声と、釣れても魚から針を外すことができないのか『お父さん!おじいちゃん!』と叫ぶ子供達の歓喜の声、笑い声と賑わいを増していきました。
 会員9名とお孫さん2名で前日より泊まりこみ、当日の参加者に振る舞うトン汁を仕込みました。差し入れのイノシシ肉、シカ肉などを焼き、ビールを飲みながら和気藹々と夜を過ごしました。また、当日の塩焼き用として筧さんからは参加者全員分のマスを提供していただきました。
 マス釣り場も午後になると日陰が多くなり、小さな子供さんが風邪を引いてはいけないと、その後、釣りができる方には残っていただき、ひとまず、解散式を行いました。
 今年も前日から峰谷川渓流釣場の宿を提供していただいた河村様には大変お世話になりました。また会員の皆様には寄付金、イノシシ肉、シカ肉、お酒、マス、カレンダーなど多大なる心遣いを賜りましたことをこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009 東京渓流釣人倶楽部