釣行会レポート

2002年3月2日〜3日  伊豆解禁釣行会

リーダ:中野

参加者: 安達(昌)、石田、井口、関口、小野寺、伊藤、小幡、八木、石下、
    
今井、沖野谷、桜井、村松、近松、竹内、笹尾、吉野、中野   

    
計:18名

宿:伊豆湯ヶ島温泉 いろりの宿 三吉 0558−85−1123

釣行概況:
今年も例年通り伊豆での解禁釣行会を開催した。快晴、気温10℃、体感的には4月中旬
を思わせるさわやかな釣り日和であった。日中は16℃と汗ばむ陽気であった。各人思い
思いの仲間と解禁釣行を楽しんだ。
宿は昨年、好評であった湯ヶ島温泉、猫越川沿いのいろりの宿「三吉」。集合は宿に17
時とした。
さて、気になるのは当日の釣果であるが何組かに聞いたところ条件とは裏腹に芳しくなか
ったようである。河津川方面を釣行した沖野谷・中野組の状況であるが桜は既に葉桜状態
で気温はかなり高い。水温は12℃、水量は少なめとテンカラには好条件であったが出る
のはハヤばかりで有ったとの事。入漁券を買った釣具屋の主人の話によると今年の1月に
かなりの量の成魚を放流したそうだ。1日の解禁日(昨日)には多くの釣人が押しかけ、
大釣りしたとの事。特に淵に魚が溜まっていて入れ食い状態であったとの事。従って殆ど
釣り切られ、臨み薄との事。釣具屋の主人の忠告にめげず果敢な挑戦であったが結果は先
に述べた通り、惨敗であった。また、監視員は、まだまだ魚は残っていると言っていたが
結果から、一雨来ないと期待できそうもない。
小野寺、安達組は何時もの西伊豆へ。昨年と違い水量が少なく、結果は寂しい模様であっ
た。その中で安達さんが某河川で32cmのアマゴを釣った。他のメンバーも同様の模様
で有った模様で多くを語らず、深く釣果の追求は避けた。宿(三吉)の主人に聞いたとこ
ろ、1日は他の川の例に漏れず、昨日泊まったお客が宿の前で一人30匹位釣って魚を裁
くの大変であったと愚痴っていた。ところで「お客さん達も釣り?釣れたでしょう!」の
問いに絶句の状態であった。夕刻には全員揃い、温泉で疲れを癒し、楽しい宴会となった。
毎年の事であるが今年の釣りを占うべく渓の夢を語り遅くまで酒盛りが続いていた。
翌日、3月3日、今日は楽しいひな祭りである。昨日の陽気とは一転し、メチャメチャ寒
い。気温6℃、風もあり、まるで冬に逆戻りの状況であった。宿の主人の話を聞きつけた
近松氏、桜井氏らは宿の前の川で夢をもう一度と言う事で昨日のリベンジとばかり早朝か
ら頑張った。短時間であったが完全淵狙いで良型アマゴを6〜7匹ゲットした。沖野谷さ
んも毛鉤で奮闘し、小ぶりであるが天然もの?を数匹かけた。桜井さんは淵で超大物を釣
り落としたと悔しがっていた。安達さんの32cmの記録更新かと思われたが更新ならず。
それにしても釣れる魚のデカイ事。足で何ぼの渓流つりの我々にとって淵で釣らせて何ぼ
の漁業組合のやり方には考えさせられる。また、魚であるが渓魚とは言い難い魚の汚さに
は抵抗を感じずにはいられない。まるで釣堀といったところ。
8時に全員揃い朝食、9時に宿を解散した。面々、寒い中帰路についた。我々は途中、大
野川をさぐったが寒くて釣りにならず。無駄な抵抗であった。山岳部では小雪まじり、帰
路途中の足柄SAでも小雪が舞っていた。待ちに待った渓流釣りの解禁だ!宿のおかみの
「お食事の用意ができました。いろりの間にど〜ぞ!」の懐かしい響きが渓流釣りの始ま
りを感じた。今年も安全に楽しいシーズンになる事に期待したい。

東渓ホーム
画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部