釣行会レポート

2010年4月10日(土)〜11日(日)

福島県浜通り方面 解禁釣行

リーダー:中野、サブ:村上,
 

参加者:近松、櫻井、村松、上野(信)、八木、筧、
  大場、本間、小幡、小野寺、村上、中野


計:12名

交通:鉄道、車(車3台)

宿:福島県 いわき湯本温泉「住之江」 пF0246-42-2332

費用:22,000円(車組:保険込み)

天候:晴れ

気温:日中16℃(朝方:6℃)

概況:
従来、倶楽部の解禁釣行会は全国的に渓流の解禁月である3月の第一土・日に伊豆で開催していたがここ数年、マンネリ化からか低評で参加者が激減。今年は計画の遅れ等も有り、趣向を変え、一ヶ月遅れであるが4月解禁の福島県下で実施した。
参加者も12名(車組10名、電車組2名)と久々の二桁の参加があった。また、多くの釣り仲間との親睦を図るため、日本渓流釣連盟(日渓連)加盟団体の茨城のつくば渓流会さんに声をかけたところ2名(小林会長、小堀氏)の参加があり、総勢14名となった。
電車組の小幡、小野寺両氏は9日に電車で移動し、レンタカーで釣行し、10日夕刻に宿で合流となった。
車組は集合場所である友部SAに0時30分に集合し、入渓河川の割当を行った。
リーダーとしては、初日は浜通り北部の河川を中心に計画をしていたが各車で事前に入渓したい河川のリサーチを行ってきており、たっての希望でもあり、車単位で思いおもいの河川に入渓してもらうことにした。
筧車(筧、本間、大場の各氏)と村松車(村松、上野、八木の各氏)は夏井川の上下本支流を分割して入渓した。近松車(近松、櫻井、村上、中野)は計画通り、真野川に入渓した。この方面、どの河川も最近と言うかここ数年、釣行の実績もなく机上での情報と現地を見てからの釣りで暗中模索の状況で解禁釣行を楽しんだ。
5時過ぎにはゲストのつくば渓流会の2名と東渓のメンバー全員宿に入り、温泉で疲れた体を癒し、6時30分より宴会となった。久しぶりの活気のある宴会となり、疲れを忘れ遅くまで懇親が続いた。つくば渓流会の小林会長から日渓連の仲間として、多くの交流を行い、結束していきましょうと今回の誘いに感謝頂いた。
小幡さんからつくば渓流会の生い立ちの話しがあり、当時の放流の大変さに話が盛り上がった。
つくば渓流会は昭和50年(1975年)頃に小堀氏が放流を機会に結束した倶楽部で地域とのコミニュケーションを大切にする倶楽部である。釣りを愛し、地域を愛し、まさに倶楽部の手本といえる。
今回、残念ながら一緒に釣りは出来なかったがこれを機会に末永いお付合いを約束した。
翌11日早朝、4時頃に起床し、温泉近場を探索。筧車、村松車は夏井川方面へ、近松車は鮫川へ出向く。
筧車は夏井川の支流である小玉川に入り、程ほどの釣果があった模様。
全体的に型は小振り。8寸クラスはなかなか出ない。水温が低いせいか食いも渋い。(スレているせいかも知れないが)。全体の釣果としては型を見た程度、その中で筧車の頑張りが光った。
8時に朝食を済ませ、9時15分に宿前で記念撮影を行い現地解散とした。途中で釣りよし、山菜取りよしと言う事で解散した。
釣果は今一であったがそれなりに河川も多く、十分に楽しめそうな場所であった。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部