釣行会レポート

2010年5月8日(土)〜9日(日)

山菜と釣り釣行

リーダー:西川、サブ:本間,
 

参加者:青木・今井・上野・大場・筧・近松
村松・八木・本間・西川

計:10名

交通:車(車3台)

宿:福島県 木賊温泉 旅館「湯の上」 пF0241-78-2260

費用:18,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:
5月7日(金)22時、東北道蓮田SAに各車集合、一部乗り換えし出発した。
5月8日(土)西那須野塩原ICから国道400号塩原温泉街を抜け山王峠先のコンビニ「ココストア」で夜食と朝飯、昼食および目的河川の入漁券(1,000円)を購入し、入漁券は漁協が東部地区、西武地区、桧枝岐地区に分かれているので夜中にコンビニで買えるので便利です。11時半に山菜パーテー会場集合を約し各釣り場に分散した。
近松車(筧、大場、今井)は大川支流の桧沢川へ、最初上流に入り岩魚・山女魚ともまあまあでした。山菜のコシアブラはそちらにおまかせしたが、いつもの場所は芽吹いたばかりで極小さいが苦労して沢山採ってきましたが天ぷらにするのはかわいそうでした。村松車(本間、八木)は舘岩川支流の西根川に入りました。こちらもまあまあ釣れた。山菜はコゴミの食べごろサイズとフキノトウを沢山収穫してきました。それにウド少々。
青木車(上野、西川)は伊南川支流の小滝川に入りました。西川は下流部の人家の在る所より、上野氏はきのこ工場の橋より、青木氏が上流の大堰堤上から入りました。上野氏、青木氏とも岩魚に山女魚交じりで5、6匹ずつ。私は入る所が良かったの良型山女魚9匹と、岩魚3匹とゴールデンウイーク直後にしては絶好調でした。ぶどう虫、ミミズどちらも喰いに差は無かったです。8時に第一ラウンド終了して山菜採りに林道を上流に向かうが途中から残雪が出てきて引き返す。タラノメ小指サイズ、コシアブラ少々とフキノトウはいっぱい採れました。小滝川上流は前に一度、日渓連所属の清流会の岩魚発卵放流のお手伝いで行ったことがありますが、林道を走っていてかい間見える渓相は小沢ながら春先の藪が茂る前に一度竿を出したい所だ。

昼食パーテー用の買出しに伊南川に小滝川が合流地点にあるスーパーに行くと、なんと回りはペンペン草で覆われシャッターが閉じられているではないか!!此処もご他聞にもれず倒産したそうだ。近くにあった酒屋で買い物は済ますことが出来た。酒屋といっても意外と品数が多くスーパー閉鎖のあおりか繁盛していた。
時間も早いので桧枝岐川の左岸に入る安越又川に向かう。ここは以前、魚は釣れなかったがアイコ(イラクサ)がいっぱい採れて参加者全員におみやげにできた所だが林道の半ばで雪のため行き止まりとなり引き返した。そのためアイコは一握りほど。
以上が小滝川グループの報告でした。

屋外パーテー会場である湯の俣川白樺高原キャンプ場には全車11時30分にそろった。先に着いた村松車の2名は近くの沢で数匹の岩魚をキープ。いざ調理の始まりと荷物を降ろすが肝心の調味料、飲み物ほか購入品一切酒屋に箱ごと置き忘れたらしい。青木車が今来た道を引き返す。無事に届いたが、その前にザックを忘れたと引き返しており都合三回小滝周辺を徘徊したことになる。
コシアブラ、コゴミ、タラノメ、フキノトウ・ウドの天ぷら、山菜入りいわな汁、岩魚・山女魚の唐揚げ、コゴミの酢味噌あえ、(ゆでる時アイコも一緒に入れたが気がついたかどうか)山菜入り卵焼き、山菜とシャケ缶のマヨネーズあえなどなど・・・。運転者はノンアルコールビール、ほかはビールで乾杯、全員満足して今宵の宿である尾根ひとつ向こうの木賊温泉に向かうが、筧、大場組はまだ釣りたいらしく公園からダート道を5分走って堰堤下に入り良形岩魚を数匹おさめました。

 昨年も泊った木賊温泉「旅館湯の上」である。道下の西根川に面した露天風呂に入る人、内湯につかる人様々で、早速部屋で宴会が始まる。屋外パーテーの残り物を肴に話がはずむ。
 宿の紹介は昨年の山菜釣行のレポートに詳しく記載されているので割愛し、今を去ること31年前の昭和54年当時の木賊温泉を思い出す。ゴールデンウェークに山仲間4名で尾瀬から帝釈山脈を山中3泊で縦走した。山小屋など無いからテント泊まりです。もちろん雪の上です。予定どうり4日目に帝釈山から下山し、西根川の林道に飛び出した。私は登山でも釣竿をザックに1本忍ばせており、源流で川虫を餌に竿を出しましたが1匹も釣れませんでした。この川は魚が居ないでした。林道をてくてく歩き、いいかげん嫌になったころ一軒宿の木賊温泉の井筒屋と云う旅館に着きました。予約無しでも快く泊めてくれた。結局泊り客は我々だけのようでした。内湯があったかどうか忘れましたが川のほとりの野天風呂で4日間の汗を流していると、近所のおばさん達が大勢入って来て中には小さな子供連れの若い奥さんもおり、横に置いてある洗濯機を回していました。出るに出られずのぼせてしまいました。翌朝一番バスに乗るため急いで朝飯を食っていると、何処に泊まっていたのか、隣で食っていたおじさんが「ゆっくり食っても大丈夫だ、バスは皆さん乗るまで出ないから」と、なんと始発バスの運転手さんでした。多少遅れて一日朝夕2本のバスは木賊温泉から一旦国道に出て湯の花温泉経由会津田島行きで高校生ばかり次々に乗ってくる通学バスです。一番後ろの座席では悪ガキが数人椅子のかげに隠れてタバコを吹かしていました。今でも吸っていれば肺がんで死んでしまう!そういう自分はまだ止められないが。田島駅につく頃は満員でした。思い出を記しました。

5月9日(日) 朝食前の釣り、居残り組は今井、近松、八木で、筧、大場組は伊南川の以前東渓が稚魚放流したという枝沢と西根川下流を攻めたがゼロ釣、青木、上野組も今いちで帰って来ました。村松車は本間、西川で宿の上流に山菜採りに行きました。林道のゲートから歩くこと30分コゴミが沢山採れました。朝食後おみやげ用に等分、昨日のフキノトウ、コシアブラも少々全員に渡すことができました。
9時に出発、山王峠下の山菜売り場で各々好みの山菜を購入し帰路につきました。
今回は4月に寒波が来て、ちょっと高い場所には残雪があり山菜の生育には早かったた様でタラノメ、コシアブラ、アイコ、ホンナ、などは旬には間がありましたが、一応山菜釣行の形にはなったのではないでしょうか。宿のほうも値切った割にはまあまあでした、費用の方も今井さんのビール券の差し入れなど有り予算内で納めることが出来ました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部