釣行会レポート

2010年5月15日(土)〜5月16日(日)

日本渓流釣連盟 第19回懇親会
郡上八幡 長良川方面
幹事:吉田川クラブ

リーダー:小幡   サブ:中野 

参加者:小幡、小野寺、八木、石下、中野

計:5名


交通:自由参加(2台)
   小野寺車:小幡、八木、石下  中野車:単独行

宿 :田舎の宿「おのそう」 岐阜県郡上市八幡町小野574 0575-65-5215

費用:15,000円(交通費各自負担)

参加団体:日本渓魚会(5名)、つくば渓流会(7名)、甲府渓友会(6名)、
     岩魚会(2名)、信州川蝉会(1名)東渓東京渓流釣人倶楽部(5名)、
     個人会員(2名)、吉田川クラブ(15名)   計43名

天候:


概況:

小野寺車は心臓疾患の小野寺氏、小幡の大事を取って夜行はさけ、前日(14日)早朝5時出発。
中央道にて松本ICより安房トンネルを通り高山へ直行、市街の瓜巣川へ、出水による河川改修により以前の渓相はないものの放流ヤマメで型をみて昼食、午後は小鳥川へ回り稲越川と本流ダム下を探る、ダム下は放流場所のせいか岩魚だが魚影は濃く大型魚の姿を確認するが我々の毛ばりには見向きもせず振られてしまう、一番期待していた稲越川は減水にて入渓を断念。宿は高原川栃尾の「むらかみ」に泊まる、15日は早朝釣りを避け朝食後、槍見温泉の外ヶ谷出会いより上下に別れ入渓するが魚影なくボウズ、神岡の吉田川、山田川を探り納竿。
昼は高山市街の道の駅で済まし、清見ICより東海北陸道にて郡上八幡ICへ直行、16時に宿へ到着。
一方、中野車は、14日午後10時に東京発。中央道で郡上八幡へ向かった。途中渋滞に巻き込まれ郡上八幡ICに着いたのは早朝6時。
IC近くのコンビニで入漁券を購入。入川は吉田川一本と決めていたので迷わず、吉田川に向かう。
昔の記憶を頼りにポイントを探すが分からず。1時間ぐらい上下流を見て回ったが良さそうなポイントには既に先行者いた。
結局、宿近くの中流部に入川。午前中いっぱい頑張ったがあたりが1回あっただけ。地元の釣り師によると、ここも異常気候で低温に悩まされているとの事。
本来、この時期、サツキマスの釣り人でにぎあうとの事であった。
街中の食堂でお昼を済ませ、本流をあきらめ、支流の寒水川で竿を出すが毛ばりへの反応すらなし。日中にも関わらずここぞという所には先行者があった。
半ばボウズを覚悟に気良川の下流部に入渓し、釣り下がった。既に15時をまわり最後のチャンス。天が味方したのか吉田川合流点付近で尺アマゴ(33p)を釣ることが出来た。
夕まずめに近いせいか続けてポンポンと数匹掛けたが6寸前後で全てリリース。
尺アマゴで長旅の疲れも吹っ飛び気持ちの良い1日となった。
16時過ぎに宿へ入り、合流。
懇親会は19時より開催され幹事役の吉田川クラブ恩田代表の挨拶に続き、郡上漁協組合長、日渓連相吉副会長ご挨拶があり、東渓(小幡)の乾杯で祝宴に入った。途中、郡上独特の竿や魚籠、タモ等の現物紹介があり特に郡上竿の胴調子と重量には驚愕した。
続いて恒例のクラブ紹介と会員相互の挨拶により一層の懇親が図られた。
ここ数年参加人員が少く寂しい懇親会が続いていたが今回は会場一杯の参加者が集まり久々に宴会が盛り上がり二次会もそこ、ここで開かれたようであった。
翌朝、吉田川クラブの前会長で「釣聖」といわれた恩田俊雄氏の墓参りを済ませ宿裏の吉田川にてアマゴの稚魚放流を行い記念撮影後解散となった(尚、記念品としてアマゴのキイホルダーが全員に配られた)復路は、中野車は中央道で小野寺社は東海北陸道にて高山へ出て安房トンネルをへて中央道にて16時頃帰京した。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部