釣行会レポート

2010年5月29日(土)〜30日(日)

岩手方面釣行

リーダー:伊藤、サブ:,
 
参加者:上野(信)、大場、筧、桜井、関口、近松、村松、伊藤

計:8名

交通:車(車2台)

宿:岩手県 台温泉 「かねがや旅館」  пF

費用:19,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:
 28日午後11時に岩槻ICに集合し、釣行河川について、皆の希望を聴き、釣行河川を決める。4年連続しての同一方面釣行会ともなると、沢割りは事前に車単位でまとまっていたようで直ぐに決まった。
 宿も昨年と同じなので集合にも気を遣うことなく、各人が釣りに専念して望めると思い、怪我の無いように注意して楽しく釣りをして下さいと言いながら別れ、一路、釣行河川を目指して、ICを後して車を走らせた。各車の状況は次の通り。

関口車:豊沢川方面(大場、筧、関口、村松)
 初日の豊沢川は、昨年よりかなり水量が多く渡渉が困難なほど。それでも筧氏は前年度、良い釣りをした志渡平温泉の取水堰堤下に入渓。関口は大沢温泉の上流,牛角の通らずの橋に入った。村松氏は大場氏を連れて豊沢ダム上に入渓した。思ったより水量が多くダム下は渡渉出来ない状況で結構大変な思いをしたが、ほどほどの釣果で第一ランドを終了。
 第二ランドも本流筋と、渡り温泉の大沢川を攻めるもイマイチで、場所を変えて再度本流に入渓。釣り師もほとんどいない状況下で何とか釣りになったが、昨年より全般に型が小ぶりであった。
全般に今少し水が落ちてから入渓すると良型に恵まれるようであった。

近松車:生保内川方面(伊藤、上野、桜井、近松)
 生保内川は水量が多く立ち込むのにも苦労したが、当たりも少なく針合わせが難しい状況であった。それぞれに型は見たが満足の行く釣果では無かった。一見良い河川に見えるが中々に難しい河川だと痛感した。
 近隣の小河川に転戦し桜井氏が数を揃え、上野氏も結構釣れたようであった。午後に豊沢川にでも転戦しようかと車を走らせた所、寒沢川を見てみようとなり、渓に近づくと良さそうなのでバラけて入渓する。当たりは結構有り、そこそこに面白い釣りが出来た。此処暫くはあまりいい話は聞かなかったが、過去にこの渓が良い釣りだった事を思い出し、このまま復活してくれればと思った。
 宿に夕方5時に到着、昨年も来た宿なので荷物を置いて直ぐに湯につかり、源泉掛け流しを存分に味わいながら疲れを癒した。
 湯に火照った体を宴の場に置き、仲間とくつろぎながら料理に舌鼓を打ち、酒に気持ちを拡げ、それぞれな釣りを披露し合い、良いだの悪いだの言い合いながら時を過ごすのは、代え難いものだと思います。
翌朝は、皆で豊沢川に入渓して9時に宿を出発し、帰路につく。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部