釣行会レポート

2010年6月5日(土)〜6日(日)

北陸方面釣行

リーダー:近松、サブ:,
 
参加者:青木・大場・筧・櫻井・西川・本間・植森・近松

計:8名

釣行河川:姫川、海川、早川、小川の各水系

交通:車(車2台)

宿:新潟県 長者温泉「ゆとり館」  пF025-566-3485

費用:17,500円(保険込み)

天候:6日早朝、一時小雨、後、晴れ 7日晴れ

気温:

概況:
 有志釣行では、毎年、誰かが、この方面に釣行しているが、クラブとして、北陸釣行を企画したのは、2003年以来、7年振りであります。今年は既に、33pのアマゴが大型賞候補となっており、これを超すという目標ができていた。
 6月5日午前0時、関越道上里SAに車2台、8名が集合した。沢割を、青木車:大場、櫻井、西川は糸魚川ICで降りて、姫川水系他新潟方面、近松車:筧、本間、植森は朝日ICで降り、小川水系他富山方面、とした。今回は、大阪へ転勤した植森さんが東京への所用のついでに、飛び入り参加となりました。例会に諮り参加了承を得ましたが、文字どおり「朋有り、遠方より来る、亦楽しからずや。」です。
 2台は、時たま稲光する雨の中、途中、松代PAと名立谷浜SAで運転交代、休憩後、それぞれ北陸道糸魚川ICと朝日ICを目指した。東北方面の釣場に比べれば近くで、仙台位である、3時半頃には夫々現地到着した。初日、5日早朝の一時、予報と違い、小雨がパラついたが、カッパかウィンドブレーカーで丁度よい感じであった。午前中、曇天で、好釣を感じさせる中、期待に胸が躍る。
 近松車は、真っ先に、村松氏情報の大型山女の出る?小川ダムの下2〜3km辺りから、2名ずつ入ることにした。全員で「プールになっているところから上流へ」を探すも、見当たらない。辺りは全てブッシュで長竿どころか、提灯仕掛けで釣るしかない。チビはでるものの、キープサイズはでない。結局、植森さんがヤマメ1尾のみ。その後、荒戸沢合流点上流の大堰堤の下で、4名が2〜3尾のヤマメ・イワナをゲットして、2時間程度で幻の大型ポイントを切り上げた。やはり、20余年前とでは、渓相も大きく変わるのであろう。
 第2ラウンドは、発電所の放水口から下流部に分散して入るも、多量の水と、強い水勢にてこずる。少しでもポイントらしきところや、分流を求めて、2km程度の範囲を探る。
サイズには不満であるが、ようやく数尾ずつのヤマメ・イワナをキープした。
 昼食までには、時間もあるので、舟川に移動するも、毒でも流したかのように、小一時間、4名全員になんら当りが無く、更に、西に移動し、角川を釣る。ここでは、チビヤマメの猛攻のみで、ギブアップした。昼食を黒部町でとり、午後をどうするか、結局、午前中、釣果のあった小川に戻ることにし、高速道路の下流部辺りを探釣するも、ハヤばかりで、ここも、ギブアップ。又しても、午前中の放水口辺りを再挑戦した。大型に拘り、支流は避けていたが、余りの貧果に本間さんは荒戸川(林道入口はチエ―ン封鎖)を30分歩き、イワナ主体に好釣し、瑠飲を下げることができた。
 以下は、青木車櫻井氏の報告。
青木車は、糸井川IC到着3時、コンビニで日釣券を購入後、4時半頃から入渓した。根知川合流点下の姫川本流に西川、大場両名が入り、直ぐに西川さんの竿が大きく曲がり大物を期待したが、結果は尺バヤであった。姫川本流ではハヤの猛攻、その後の根知川下流部は川床が重機により均されておりポイントが少なく、釣果としては8寸ヤマメ1匹に終わった。青木、櫻井は根知川下流部の橋から入り、水量も少なく石は泥を被っていてなかなか当たりが無かったが、300m程釣り上がったところで上流にいた青木さんから声が上がった。声の方を見ると青木さんの竿が大きく曲がり、大物とのやり取りの最中であった。
ようやく川岸に引き上げた魚は泣き尺(29.5p)の堂々としたメタボヤマメであった。その後当たりは少ないものの、櫻井も3匹の8寸クラスのヤマメを魚籠に入れたが、ここのヤマメは全てパーマークの薄いスモルト(銀化)系であった。
 8時過ぎ虫川を覘いてみることになり、川の状況を見ながら廃屋が目立つ寒々とした最終部落まで車を走らせたが、水量不足のため下流部を試釣後、海川に移動した。
 9時過ぎ水保川との合流付近に到着し海川本流を見ると、渡渉は無理であるが片岸を釣り上ることはできるので分かれて入渓することにした。合流点付近から大場さん、その上流部に櫻井、更にその上流に西川さんが入り、青木さんは車でかなり上流に移動した。
下流の大場さんと最上流の青木さんはあまり釣果に恵まれなかったが、中間に入った櫻井、西川さんにはヤマメの釣果があった。最大で8寸程度で小型が多かったが、今回の釣行で最も魚影の濃いエリアであった。
 12時近くなり第3ラウンドは早川と決め、移動途中で昼食を取ることにした。海沿いの国道8号線を能生方面に走り、早川手前のラーメン屋で昼食を取った。
 昼食後、上流に向かって早川に架かる橋を目当てに移動し、川の状況を見て回ったが雪しろで増水した早川はどこもガンガンの流れであった。更に上流の焼山温泉近くまで行くと今度は発電用の取水のため渇水で釣りにならず、支流の前川の水量もそこそこであまり綺麗な流れではなかった。
 川の下見ではあまり良い場所は無かったが、早川との合流点上流の前川に櫻井、合流点の1Km程度下流の早川に大場さん、更にその下流に西川さん、青木さんと別れて入渓した。
前川は泥川でハヤしか釣れないため、櫻井は早川との合流点まで下がり早川に入ると、直ぐ上流にルアーマンが竿を出していた。ルアーマンの後を追うように雪しろガンガンの川岸を進み、中央部の大石下流の少し緩い流れに2Bのオモリでキジを入れるとようやく竿が曲がり、9寸イワナをゲットした。大場さんもガンガンの流れの弛みから良形のイワナを引き出していた。下流の2人は釣果には恵まれなかったが、西川さんはしっかり旨そうなフキを確保していた。
17時には2台とも、木浦谷の一軒宿 長者温泉「ゆとり館」に到着した。温泉につかり、ビールで乾杯。18時から、本日の釣果状況を報告反省しながら、一人一匹の蟹つき夕餉を楽しんだ。明朝は、本日の逆パターンで、青木車が小川、近松車が根知川を釣ることにした。
西川さんは腰痛とお疲れの養生のため、朝釣はせず、「小原庄助さん」(朝寝、朝酒、朝湯)となった。
 翌6日、3時起床、2台は前夜の打ち合わせどおりの河川に向け、3時半前には宿を出発。近松車は近場の姫川支流根知川に4時過ぎに到着、本流との合流点から数えて2本目の橋たもとから、本間・上森両氏が入った。近松はその上流2kmあたりから入り、筧さんは過去、好釣実績のある、更に上流に入った。ただ、河底を一瞬して、昨日、青木さんは、「よくこの泥の入った川でヤマメの29.5cmを釣ったもんだ」が感想であった。足跡は昨日の仲間のものであろうか、櫻井さん初め、昨日、残っていた魚は全て釣り上げられてしまったかのように、当りもない。たまにチビヤマメが反応するのみ。たまらず、近松は、過去好釣した姫川との合流点に下るも、ハヤのみであった。この朝の近松車の釣果はというと、唯一、本間さんの8寸のヤマメ1尾であった。
 宿から60km先の小川を目指した青木車は、4時半前に小川と荒戸川合流点の発電所前に到着、青木さんは早速荒戸川を目指し林道を登っていった。大場さんと櫻井は入渓地点を探したが、荒戸川合流点上流部の小川本流はその上の発電用ダムでの取水で渇水状態、ダム放水口下流は雪しろで増水し、早川以上のガンガンの流れであった。結局放水口下流を二人で拾い釣りすることにし、大場さんは放水口下流の橋右岸から川に入り、櫻井は少し下流の取水堰堤に入った。小川に入った二人の釣果は小型ヤマメのみのため7時前に上がり、荒戸川林道の登り口で青木さんを待った。7時過ぎ青木さんが2匹のイワナを釣って戻ってきた。1時間以上歩きようやく当たりが出だしたが、帰りの時間を考え、実釣時間は30分程度しかなく残念との事であった。帰り道、小川本流取水堰下流に2名の本流師の姿が確認できた。快晴、べた凪の日本海を左手に見ながら、朝日ICから能生ICへと戻り、8時からの朝食の席に着いた。
さわやかな朝の光の中、魚分けを行った。釣果は、以上の報告のとおり、多くの河川、かつ、広範囲を探釣したが、残念ながら、期待とは裏腹な貧果に終わった。ましてや、目標であった大型賞の記録更新は次回以降の釣行会にお譲りすることとし、宿をバックに集合写真を撮り、釣行会を締め括った。
9時には、宿を出発、海岸線に出て、今回の目的?でもあるずあい蟹をお土産に購入すべく、能生港道の駅「能生」に立ち寄った。渓流魚の貧果を補うかのように、全員で値切り、買いあさる。宅配便で送る会員もいた。お店から、サービスの蟹を桶山盛りを頂き、その場で、平らげて、「ごっあん」でした。

 ここで、報告としては、「無事13時半に、関越道上里SAに到着、散会した。」で、終わるのですが、近松車が松代PA出発後、うっかり、中央道に入ってしまい、八王子手前から圏央道に入り、三芳SAで合流することになった。結局、予定していた上里SAでの乗換、解散ができず、三芳SAに青木車を1時間待たせてしまうハップ二ングがありました。14時半三芳SAに安着、解散した。お疲れ様でした。 
 

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部