釣行会レポート

2010年6月26日(土)〜27日(日)

山形県方面 山女魚放流と釣行

リーダー:八木、サブ:村松,
 
参加者:関口、櫻井、西川、中野、村松、
      筧、本間、近松、山谷、菅野、八木


計:11名

交通:車5台(村松車、中野車、近松車、山谷車、菅野車)

宿:山形県左沢「玉川旅館」 電話:0237(62)2061

費用:18,500円(保険込み)

天候:26日晴れ、 27日晴れ

気温:

概況:
 6月25日23:00、9名(車3台)が東北道蓮田SAに集合。
近松車に筧氏、本間氏、中野車に関口氏、櫻井氏、村松車に西川氏、八木の車単位で午前中の釣行場所を決め、出発。
村松車(西川、八木)は月布川の上流部の通神峡周辺へイワナ狙いで入渓。途中、月布川支流の大瀬川で西川氏を降し、9時頃に中野車に拾ってもらう事とした。釣果としては8寸を頭にそこそこであった。高さ6メートル程の堰堤そばの魚道が、ループ状に造られているのを初めて見る。
一方、近松車(筧、本間)と中野車(関口、櫻井)は26日午前4時、山形道西川ICで降り、コンビニで朝食を仕入れる。中野車は、過去2年間2度の放流の成果を実釣すべく、更に月布川に向い、車を走らせた。近松車は、時間は丁度5時、ここで、菅野氏からのマル秘寒河江川情報を基に、3名で作戦を練る。まず広い駐車場スペースのある浄水場付近とした。
 菅野情報のとおり、今年は先週頃から、漸く釣りができる水量水勢になってきたのが、良く判る。足元はヌルアカで滑るので、歩き難い。筧氏は、ここで、浄水場上流側の深瀬を狙い、7〜8寸のヤマメを数尾ゲットした。その後、下流にポイント求めた結果、本間氏が竿抜けポイントで7〜8寸ヤマメを数尾ゲットし、ウハウハであった。
中野車はコンビニで近松車と別れ、寒河江川の状況を見ながら国道458を一路、月布川へ向かった。
4時半過ぎに月布川支流「小清川」合流点に到着。釣り仕度をし、川割りを行う。
中野氏はこの合流点より、関口氏は、合流点から約2km下流の取水堰堤上流部より、櫻井氏は取水堰堤より更に1.5km下流の楢山附近から入渓した。
9時近くに大瀬川で釣っていた西川氏を大瀬川合流点でピックアップ。昼食の時間まで大瀬川合流点の前後を4人で釣った。
11時半頃に午前中の釣りを終わり、柳川温泉の蕎麦屋に移動し、昼食とした。
午前中の釣果としては、8寸〜7寸を平均9匹程度で概ね満足の釣果でした。魚影的には2〜3年魚が中心であるが濃く、放流の成果が確認できた。
午後1時半、柳川温泉駐車場へ山形在住の管野氏と、最上川第一漁協の佐藤利雄組合長、鈴木、斉藤組合員の3名と稚魚購入先の「山形県サクラマス古寺艀化場」室岡氏の計13名が揃う。山谷氏も合流予定であったが車両故障で夕刻着となった。関口会長と佐藤組合長の挨拶のあと出発。
月布川への放流は今年で3年目(3回)となり、最後の放流となる。放流数は5,000尾(\70,000円)プラス孵化場からのサービスと併せ、約6,000属(6〜7センチ、2,7グラム)を昨年同様の箇所へと向かう。徳沢川と小清川の本流合流周辺へ各2,000尾、大瀬川上流部へ2,000尾をバケツリレーで2時間程で無事放流を済ませ、漁協を交えて記念撮影を行い解散した。
 近松車、中野車はタマズメ狙いで寒河江川方面へ、村松車は集合場所の駐車場へ戻り車両故障で遅れた山谷大先輩と合流し街へと向かうが昨年同様に夕立に遭う。
 今回の宿は組合長紹介でJR左沢駅近くの玉川旅館、1泊2食付き\6,500円で持ち込みOK。温泉では無いがこじんまりとした落ち着ける宿であった。
夕食は6時半で今回は最後ということも有り、協力いただいた漁協の3名(佐藤組合長、鈴木氏、斉藤氏)を招待し懇親宴会を行った。組合長からは東渓への感謝の言葉をいただくと共に漁協としての熱い思いの話しがあり、改めて漁協との付き合いの大切さを痛感した。また、漁協から寸志と地酒、それに地元のお土産(左沢煎餅)まで頂きました。総勢14名の懇親宴会は大いに盛り上がり8時半頃にお開きとなりました。
翌朝はほとんどが朝マズメ狙いで出かけた。近松車は菅野氏を無理やりガイド役にして、4時半頃から、朝靄の中、西川橋近辺を釣る。3名が苦戦する中、さすが、菅野氏は体高のある寒河江サイズのヤマメを2尾、ゲットした。菅野氏には、寒河江川のポイントを惜しげもなく、披露していただき感謝、感謝です。中野車は水ヶ瀞(みずがとろ)ダム下を釣行。水量はあるがヌルがひどく遡行・釣果ともに苦戦。
8時半には朝食を済ませ、旅館駐車場で魚を分配。
イワナ、ヤマメ半々で1人9匹程のお土産となりました。今回も櫻井氏から八海山の差し入れを頂き有難う御座いました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部