釣行会レポート

2010年7月2日(金)〜4日(日)

秋田方面キャンプ釣行

リーダー:村松、サブ:青木,
 
参加者:青木、上野(信)、大場、筧、近松、西川、本間、村松

計:8名


交通:車(車2台)青木、近松

宿:
素波里湖ダム、レストハウス白神、猿が瀬キャンプ場
   固定テント2張り借用


費用:20,500円(保険込み)

天候:2日 晴、3日 晴のちにわか雨、4日 晴

気温:

概況:
7月1日(木)午後9時 筧氏会社広場集合、青木車に上野(信)、本間、村松の4名。近松車に大場、筧、西川の4名と分乗、荷物の入れ替えを済ませた後出発。東北道をひたすら走り2回のSAで休憩の後、青木車は秋田道で東能代まで行き下車、水沢川に向かい、近松車はそのまま東北道の十和田インターで下車、大湯川に向かった。
2日朝4時過ぎに明るくなり始めたころ、両車とも、目的地に到着。
青木車は水沢川ダムを起点に、青木、上野2名はダム上林道の曲がりから、最源流に入渓する。高速道休憩時に以前入渓経験者の西川氏に詳細の地図と説明を受け、それを参考に釣り上がっていく。
ダム下には本間、村松2名がこれまで数回の入渓の経験からそれぞれ4時間行程の範囲に分かれ釣り始める。空は青く気持ちの良い沢歩き、数日前の大雨で水量はあり、ヤマメが6寸から8寸クラスが頻繁にエサを追い小気味よくかかってくる。水沢川は3年前から極端にヤマメがいなくなり、毒流しがあったのではともささやかれた。が、まだ小ぶりだが数も復活し始めた感じである。
 後で本間氏が地元の畑仕事の老人から、3年前にダムの土砂を大量に流したため魚がいなくなったが下流の魚が上ってきて繁殖し始め、数も復活してきているとの話をされ我々も納得し、うれしく思った。
青木、上野組は途中あまりの渓相の良さの誘惑に負け、竿を出し、たいした釣果もなく時間切れで、当初の目的地まで行けなかった。やはりイワナ釣りは1時間歩いてからが、良い釣果につながるという当たり前のことが実行できるかである。せっかく良い情報を得てもそれに忠実かどうかであると思う。
 近松車は、第一ランドは大湯川を3点に分散し、水量も多い中で下流の橋から大場氏が入り、8寸上を3本、計5本をあげ満足する。町の中間の橋から近松、西川両氏が入り、やはり8寸クラスをそれぞれ2本づつあげ、筧氏はゲリラ釣法で8寸を3本と同じような釣果で大湯川を終わり、藤琴川を目指した。
 第二ランドは時間も考え、小比内川西沢に分散し入渓したが、上流目指し工事用ダンプ車がひっきりなしに上がっていき、渓相もすっかり土砂で変わり、釣りにならなかった。上で工事をやっているらしい。後で、工事者に聞くと素波里湖と小比内川を結ぶトンネル工事を行っているとのこと、小比内川は、数年釣りは駄目であると思う。
近松車は早めに切り上げ、猿が瀬キャンプ場に行きテント2張りを借りる手続きを済ませ、レストハウス白神のお姉さんに挨拶を済ませ、テント場のブルーシート屋根設定や焚火の準備を行った。
青木車の第二ランドは水沢川ダム下直下を目指し、青木、上野両氏が入り、大物を期待したが、すでに先行者のあとであり、小ヤマメだけで全然だめであった。村松、本間2名は第一ランドの竿抜けを釣ることにしたがこれは無謀だった。リーダー村松の時計が水につかり曇って時間不明になり、はるか時間オーバーとなり、みんなに迷惑をかけてしまった。早めテント張り入り準備しなければいけないのであった。ごめんなさい。
今回は初めて猿が瀬キャンプ場の常設固定テントを借りたのだが、10年も通って、このことを知らなかったのはお粗末であった。借用料も安く、今後はこの利用が良いと思う。おかげでテント関係の荷がなくて済んだ。
近松車グループのおかげですっかり準備も整い、夜食のカレーライスとイワナ汁、野菜サラダとビールやイワナの骨酒がうまかった。さらに関口会長の差し入れの獅子肉の炭火焼きが最高であった。ご馳走さんでした。
 3日、青木車は粕毛川のダムのバックウォーターを目指し、近松車は水沢川を目指し4時半出発、西川氏と本間氏はテント場で休憩するとのこと。
青木車は林道途中から通行止めで、徒歩10分でバックウォーター上流に入り、青木氏がいきなり9寸ヤマメをかけて、大いに期待を持たせた。しかし釣れるのは大物のハヤばかり、1時間やって青木氏が7寸ヤマメを追加したのみで、あきらめて沢を変更することにした。
 粕毛川林道をさらに上流目指し、東又沢に行く。(途中、内川があり、沢は小さいが奥が深く十分イワナ釣りが出来そうだ)
東又沢林道は途中土砂崩れで通行止め、小岳登山口行きの林道が通行可能であった。東又沢下流へ続く林道終点でそこから、そま道をくだると粕毛川の本流に出られる。林道終点から上野氏と、村松が釣り上がり、青木氏は下って釣った。実にすばらしい渓相、大岩に囲まれ、淵あり、瀬ありで水はきれい、ポイントごとに良型イワナが釣れる。さすがブナ原生林に囲まれたまさにイワナの桃源峡、世界遺産の近くである。上野さん感激しきりであった。
 昼飯時なのでテント場に戻ろうとするが、青木、上野両氏は戻らないでそのまま釣りを続行したいという。赤飯、パンなど食料を渡し、村松だけテント場に戻る。林道40分ほどかかる。テント場では本間氏だけ残っていて、そうめんを作ってくれていた。ありがたや、感謝、感謝でした。午後2時ごろ空が暗くなってきた。同時に雷の音がし始まる。これは雨が来るなと思う間もなくポツリポツリと始まり、雷が忙しくなってきた。これは迎えに行かなければと東又沢に向かうが、まもなく、土砂降りになってきた。その中を40分かけてひた走り、2人のいる橋近くでクラクションを鳴らし続けると橋の下から呼子の音がした。雨宿りを橋の下でしていたが、川はすでに真っ赤の濁流になっていた。2人を車に乗せ4駆動にして一目散に帰還した。無事テント場にもどれてほっとした。キャンプ釣行をしたことのある藤琴川上流のクルミ台まで行った近松車は先に帰って風呂に向かった。筧、大場両氏は土砂降りの雨にカッパなしで秋田ふきを傘代わりにして雨をしのいだらしい。何はともあれ全員無事戻れて一安心だ。我々も風呂に向かい体をさっぱりさせ、夕飯はレストラン白神のジンギスカン料理を楽しんだ。白神のお姉さんの濁り酒の差し入れに感謝して酒もうまく、今日の出来事を魚に宴会になった。テント場管理事務所のお兄さんの話で、来年からダム上流全部が禁漁になるかもとのことで、今回が最後かと、明日の朝釣りもダム上流を希望する者が続出。
4日、テント場出発9時を目標に朝一、5時から7時まで限定で、村松が青木、上野、大場、本間各氏を乗せて5人で東又沢に向かう。2人2組で橋上下に分かれ釣り上がる。村松はひたすらフキ取りに専念。7時ぴったりにあがってきて、それぞれ満足した顔である。昨日の大雨の濁りも消え、笹濁りの好条件であった。これで禁漁になっても、良い思い出を土産にすることができた。
後片付けは朝釣りをしなかった筧、西川、近松の各氏にお世話になり、後は個人の荷づくりで、レストハウス白神のお姉さんに挨拶し、9時出発出来た。
3日連休と、高速料金低価格のため車の多いこと。何回かの渋滞がありながら、なんとか筧氏の会社に着いたのが夜8時ごろ。全員無事帰れたことに感謝して解散した。釣果は焼きがらしを数本と10数本の土産が出来ました。
今後、遠方の釣行会は、最後の日は朝釣りなしで、早めの出発をし、宇都宮を正午前後にした方が渋滞の疲労から解放されると思います。


 

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部