釣行会レポート

2010年7月17日(土)〜19日(月)

秋田・青森・岩手方面 大物釣行

リーダー:筧、サブ:
 
参加者:村松、上野(信)、大場、筧

計:4名


交通:車(車1台)村松

宿:
秋田県 大湯温泉 まぶち旅館   рO186―37―2277
  岩手県 金田一温泉 ホテルまべち рO195―27―4131

費用:33,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:

 誰が名付けたか! 大物(おおもの)釣行会?
何処がです? 何がオオモノなのですか!
大(おお)事(ごと)釣行会に改名します。否・否・否!
(トラブル釣行会)と、呼ばせて頂きます。

@ 小坂町を抜け・橋を渡り、国道の少し上の右手に小坂川の堰堤が見えます。
東京渓流釣り人倶楽部・幾多の先輩諸氏が良い思い出を残した川です。
小坂川の上流部に当ると思います。
「初めてと云う上野氏を案内したいと思いまして」久し振りに「此の川」を第1ラウンドと、決めました。
堰堤下の橋で降ろして頂きまして、川堤が奇麗に整備されています。
刈が施されている土手を少し歩きました。
朝靄が晴れると、川幅は約15m程です、玉砂利の川底に、凹凸は一切ありません。

両岸の樹木も切り取られています。水位5〜10Cm、ブルトォーザーがならしたのでしょう。
道路並みに整地され、遙かに伸びて見えています。

A 大湯まぶち旅館はいつもと変わりなく、温かく私達を迎えてくれました。
料理も裏切りません。
大満足です。
2日目・午前4時(堀内沢に向かって・サア出発)カチュン・クリ・クリ・クシュン・カッリカ・カ・カ・(アレ〜です)
(エンジンかかりません!)
(バッテリーが切れました)
やめればいいのに、それでも「馬鹿な私達は本流の各所へ向かいました。
何が有っても、釣りは止めません。
案の定です。
遣って来ました(アノ・おやじ・がです)
入漁券しっかり5割増しで払いました。
AM6時で釣りあがりました。
7時スタンドで、「バッテリー購入しました。18,000円のお買い上げです!」

B 熊原川○○さんのポイントと呼ばれていた良場所が幾つも、真っ平らです!
確かに架橋工事をしていました。
其の橋の前後がブルで埋め立てられています。ならされています、深場はチャラい流れになっています!

C コンナ話ばかりでは何なので、
「桜が飛んでいます。
体長は悠に70越えです?
40の山女も混じります。
スモルト系は9寸余りです。
飛べない不器用な岩魚も一応挑戦しています。
40〜50が2〜3尾登り切れずに堕ちてきます。
花火ではないが、魚達が遡上る度に「歓声を挙げます」
オ・遣ったです!
50Cm近い奴が、見事に壁を越えました。
竿を持っているので拍手は出来ませんが、「お見事」の声掛けをしました!

D 最終日AM3時40分・宿を出発しました。
豊沢川に向かう為です!
AM5時コンビニで着替えました。朝食を買いました。
M氏はダム上にいきました「林道で小熊と遭遇しました」母熊がきっと近くで潜んで居ます。
そんな中でも、M氏は竿を出しました。

E 其れから3時間後です。
M氏、いくらスイッチを押しても車の扉が開ません。
原因は「電波キーの電池が無くなってしまった為です」
帰宅集合の約束時間が迫っているのにです。
「M氏は歩きました。必死になってあるいたのです。
もう一つのキーを持っているO氏の所に向かってです!」

F 全員揃って、コンビニの駐車場で着替えと荷物整理しました。
「アレ〜・竿が無い」今度はU氏が叫びました。
「アノ・ダム・上の・集合場所に置いてきてしまった」
往復1時間15分待っていましたが、結局、竿は誰かが拾って行ってしまったようです。

G 御蔭で出発も予定から1時間以上遅れてしまいました。
H 梅雨明けの連休最終日です。
熱中の渋滞にハマってしまいました。
トラブル釣行会の最後を飾りました。
(皆さん本当にゴクロウサマです!
コレモ・アレモ・皆私が悪いのです。)

と、云う訳です。
車内は意外に明るく、殴り合いや相手を責める事も無く、和気藹藹・「脇の下はクサイ・クサイ」です。
釣果は一人魚籠サイズを「山女魚・岩魚合わせて25尾」です。
アット・杉倉の集落でソバ屋のおやじに裏の畑で採れた「ニンニク」を袋一杯もらって、おまけに「ネマガリダケの塩漬け」を一人2袋づっ貰いました。
マァ・是で良しとしようです!


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部