釣行会レポート

2010年9月4日(土)〜5日(日)

最終釣行

リーダー:関口 サブ:
 
参加者:近松、櫻井、上野(泰)、伊藤、青木、上野(信)、大場、
  中野、木皿儀、村松、柴田、本間、関口、徳丸、筧
(列車:小幡、小野寺)


計:17名


交通:車(車4台 近松、木皿儀、関口、青木)

宿:
秋田県 秋ノ宮温泉郷「鷹の湯温泉」   пF0183-56-2141

費用:23,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:

 昨年同様に秋ノ宮温泉郷をベースに秋田・山形方面中心の釣行会となり、車組15名、列車組2名、計17名の参加者があった。どの釣行河川も生憎の超減水状態で満足な釣りは出来なく、各車午後には役内川に集まり、入れ替わり立ち替わり竿を出すもイマイチであった。夕方には列車組の小幡、小野寺さんも合流。宴会は釣行会初参加の木皿儀さんや久し振りの柴田、徳丸さんを囲んで酒の量も多くなった。岩魚の大型賞を伊藤さんが確定した。

1.関口車(徳丸、筧)・・・鳴瀬川
 古川ICを2時過ぎに出て鳴瀬川へ向かう。昭和50年代に佐々木名誉会長らとお化け屋敷並みの薬来温泉に泊まった。その話を佐々木名誉会長が本に書いて、後に宿よりクレームが来たこと。
その後、関口がリーダーで鳴瀬川釣行会を行った。そんな昔話をしながら薬来温泉入口の小さな看板に着いたのは3時過ぎだった。上流の漆沢ダムへ分かれる二股で、夜明けまでたっぷり1時間以上あり仮眠する。
 鳴瀬川に精通している近松さんのアドバイスを信じて、温泉から少し上流の門沢集落に向かう。
取水堰堤の下は流れが完全に死んでいた。支流のダム下を覘くが、ここもまったく流れがない。
ダムは空っぽ状態。二股から尾花沢に抜ける国道を少し走った堰堤下に入渓。3人で試し釣りとなった。筧氏は堰堤下のプールに溜まっている大型を狙うがハヤの入食い、ヤマメ一匹確認。徳丸氏と関口は堰堤下のか細い流れを狙う。20cmの痩せこけた真っ黒な岩魚を3匹釣って放流する。
近松さんに水がないと電話を入れる「谷の深い鳴瀬川はね〜、減水時にしか入溪出来ない穴場。
今回はダムも完全に止めての流れなら、しょうがないね・・・」と素っ気ない返事。我々の車はとりあえず鳴瀬川の魚を確認したので釣行会成立。朝一番のいい時間を無駄にしたとボヤク筧氏。
第二ラウンドは、当てもなく役内へ向かう途中で荒雄川の軍沢川出合いの平瀬を探る。関口は釣り下り、筧氏は軍沢へ、徳丸氏は餌釣りから毛バリに変更して上流に分かれる。22〜25pの痩せた岩魚が何匹か釣れた。小一時間竿を出してあがると、筧氏が藪の中にキャッチアンドリリース区間の看板を発見。来る時には全く気付かなかった。確かに平川でフライ釣り場に最適な環境であった。鬼首トンネルを超えて最初のドライブインで筧氏お勧めの稲庭うどんをいただく。
その後、役内川を下り院内川も一回り偵察して役内に戻り、関口は採石場の先から、徳丸氏は根木から、筧氏は新五郎から入渓したが、空振りに終わった。(報告者:関口)

2.近松車(櫻井、伊藤、上野(康))・・・役内川
 3時過ぎ国道47号線鳴子温泉で他車と別れ、対岸の108号線に入る。橋を渡ったところにあるセブン・イレブンで朝食並びに日釣券を仕入れる。驚くことに、ここ宮城県にも拘らず、秋田県雄勝漁協の遊魚券を扱っているのです。今風にいえば、県を股いで雄勝漁協とコンビニの商魂のコラボレ―ションだろう。 
第1ラウンドは、4名とも本流を9時までとし、上野(泰)さんが目覚めの水から上流、3名は下流側、寺沢橋の下流1km位の間までに伊藤、近松、櫻井各氏が分散した。水量の無いのは明らか、出るのはチビタにデカハヤばかり、鳴瀬川に入った関口車からも、川に全く水が流れていない、釣りにならない、川を替えるなどと情報が入るいが、こちらも似たり寄ったりである。
第1ラウンドの釣果は一番下に入った櫻井さんが7〜8寸の幅広ヤマメを数尾ゲットしたが、あとの3名は唐揚げサイズのみ。
第2ラウンドは、櫻井・上野両氏が「釣りきち三平」のロケ地を上下に、伊藤・近松両氏は薄久内川をお昼までとした。ここで、伊藤さんが30.5cmのイワナを釣り上げた。誰が何と云おうと、今年のイワナ大物賞です。昼食はラーメン「藤」でとり、猛暑でもあり、アイスコーヒーでも飲んで昼寝でも出来る場所を考え、道の駅「小町」のエアコンの効いた休憩所で14時まで昼寝(近松氏はここで100円シャワーを使い、涼しい顔)。
第3ラウンドは、再度、夕マズメまで本流を攻めることに、ここで出たんですネ。櫻井さんが、今回の釣行での最大32cmのヤマメを、日渓連懇親釣行会時の中野さんの33cm(アマゴ)には、1cm及ばずでしたが立派なオスヤマメでした。
二日目最終日は、4時半に4名で宿出発。5時から本流に挑戦するも、報告すべき釣果なく、貧果に終わった。早々に宿に戻り、入浴、朝食となった。(報告者:近松)

3.木皿儀車(村松、柴田、本間)・・・塩根川
 3時半頃、山形北ICから国道13号に入ると、道路に水溜りがあるのでかなりの雨が降ったかと川の増水を期待した。目指すは真室川(塩根川下流)、金山周りで行くことにした。メンバーの木皿儀氏は、入会してから釣行会に初参加、店の忙しい土日に参加するのは大変なことで喜んでいた。我々もうれしかった。上台川、金山川を国道の橋からのぞくが道路の水たまり程に川の水が増えていないようだ。
国道13号から塩根川を下り電灯の明るい道路わきで釣りスタイルに着替える。時刻は5時やっと薄明るくなってきた。空は雨上がりの曇り空、条件は良いが、何せ水が増えていなければ魚も動かない。柴田、村松組は大滝駅手前から、木皿儀、本間組は八敷代川出合いから入渓した。
柴田、村松組はどうも不動滝上流に入ってしまったようで、滝下で探りたかった。
ちょっとした岩の割れ目があるので気になり餌を流す。水中でギラリと反転し光る。浅瀬へと誘導しタモに入れると幅広の9寸はある赤見かかったヤマメだった。同じポイントで8寸イワナが出る。柴田氏も上流で竿を曲げている。20cm越えの美しいヤマメで彼の顔がニコっとしたがいまいちだなーと残念な顔をしていた。彼はすぐさまメジャーを出し、村松のヤマメを計ると28・5cm、ちょうど9寸ヤマメだった。又岩盤帯が現れると、8寸ヤマメとイワナがつれたが後は木端ヤマメとハヤで餌を取られるだけで、後1時間のとき、左から大荒沢が入ってきた。沢の水に濁りが入っていて落ち込みの小さな淵にキジを落とすとすかさず当たり、7寸越えのイワナが続けて3匹釣れた。柴田さんも上流に行き淵に餌を入れるが、釣れるけれど魚籠に入れる大き
さにならずさらに上流を行く。やがて県道の橋が見えてくると、橋拡張の工事をしていてその土砂で濁っていたのだ。水が増水すれば型も良くなるだろうし魚はかなりいるようだ。下流の木皿儀組は10cmたらずの木端ヤマメが入れ食い、全部オスヤマメでメスは釣れなかった。もっと上流が良いのではないか、下すぎたようだとのこと。
昼飯は「学校そば」に予定し、後1時間金山川のダム下で木皿儀氏と柴田氏が探索する。ヤマメ養殖場上から入るが、藪と木端ヤマメばかりで釣る気分も消失し30分で戻ってきた。3年ぶりの「学校そば」のおばちゃん達との再会で、お互いいくらか老けたようだけど、元気で何よりだった。板そばに美味しいオシンコは最高だ。ビールが飲みたいが運転手は飲めない。残念。
2時から役内川を覗くが水量が全然ない、ピーカンの中ではまいってしまうから木陰のあるポイントをと大役内橋の前後を下流に木皿儀氏、上流に柴田氏、本間氏が入る。村松は木陰の車で昼寝。1時間で上がってきたが釣果なし。そのまま宿に1番手だった。(報告者:村松)

4.青木車(中野、大場、上野(信))・・・丹生川
 村田JCから山形道へ入りの山形北ICでおり、バイパスを一路、釣行予定河川の丹生川に車を走らせる。途中、コンビニで朝食を確保。のんびり走るも4時には丹生川の母袋橋に着く。この時期、まだ夜明けには間があり、暗くて川の状況がつかめない。仮眠には時間が足らないし、気持ちの高ぶりもあり、夜明けまでポイントを確認しながらふらふらとドライブ。
第一ラウンドとして粟生橋から下柳渡橋を大場、中野。下柳渡橋の上流1kmから上流域に青木、上野(信)氏で9時まで釣る事として入川。空はどんよりと曇り、今にも降りそうな気配。
水温は13.4℃と低く、場所によっては水面に靄(もや)が立ち込めている。水は雨のせいか濁り気味、エサ釣りには良さそうだが毛ばりにはつらそう。上野氏が早々に良型のヤマメを掛ける。バクチョウへの期待がよぎる。一方、下流部の大場氏も早々に幻の大型をかけるが糸切れ。
中野は濁りに苦戦。釣果としては上野氏が良型を数匹、下流組と青木氏は型を見た程度であった。型は8寸クラスで揃っていた。
第二ラウンドは支流を見て回るが水がなく断念。第一ラウンドの続きを11時半までやる事とした。青木、上野組はダム上の沢に入ったが水がなく不調。大場、中野組は第一ラウンドの続きをやったが中野が毛ばりでバラシ連発で苦戦。結果、第二ラウンドは釣果ゼロでした。
丹生川での釣りを終わりにして午後の釣り場を求めて北上。新庄名物「もつラーメン」を求め新庄駅をさまよう。ここぞと言う店には駐車場がなく、結局普通の中華屋で好みのラーメンを食べた。
午後、小国川でもと47号線を走る。白川、絹出川は水がなく釣りにならない。しからば小国川本流でもとの案もあったが渇水状態で日差しも強く、釣りになりそうもないので断念。時間も余りなく、「夕マズメでも」と言うことで宿に近い役内川へ向かう。既に役内川には先行者(東渓)の姿はなかった。しかし、徹底的に攻められた後だけに期待は持てないが時間まで遊ぶこととし、新川井橋の前後に分散して入川した。結果はちびヤマメの確認に終わった。龍神社の目覚め水でのどを潤し、宿に向かった。
2日目、中野は役内川の寺沢橋の下流の堰堤から寺沢橋まで5時半から7時15分まで釣る。連日の攻めにも係らず、渇水気味と場あれぎみであったがなんとか8寸クラスを2匹掛けることができた。(報告者:中野)

5.列車(小幡、小野寺)・・・玉川、種梅川、常盤川
 心臓疾患のある小幡、小野寺組は前日9月3日の朝立ちの東京6時56分発「こまち1号」にて田沢湖着9時56分着。直ちに駅レンタカーにて出発、折からの出戻り台風の懸念が的中して目的の玉川、阿仁川は強雨と増水の恐れにより竿を出すことが出来ず二ツ井方面の種梅川、常盤川をめざすが依然として風雨は収まらず最悪な状態でした。日本海へ出て水沢川、真瀬川も同様、青森県境に近い岩館の「三四郎」旅館に入る。こうなっては酒を呑むしかなく鯛づくしの料理で痛飲する。
翌朝、前夜の酒の臭いをぷんぷんさせながら夜明けに水沢川へ出かけたが、夜半の降雨に水嵩が高く遡行無理と判断し二ツ井へ戻った。種梅川は何とか毛ばりで数匹掛け、君待ち坂の「道の駅」で昼食をとり、秋の宮へ直行した。途中、大曲の友人と会ったが話によると、仙北地方は雨が降らなかったとか。我々は台風を追っかけて北上したようである。それにしても今夏はゲリラ的な豪雨が多く、斎内川などの上流は林道がくずれる被害があったようである。
9/5の帰路も田沢湖駅までウェイダーを履いたまま移動したが、時間がなく駅前食道にて反省の酒盛りをして秋田新幹線で帰宅、東京駅は17時08分でした。(報告者:小幡)



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010  東京渓流釣人倶楽部