釣行会レポート

2011年6月18日(土)〜19日(日)

長野方面 信州川蝉会との親善釣行

リーダー:小幡
 
参加者:村松、青木、柴田、上野(信)、櫻井、近松、八木、小野寺小幡

計:9名

信州川蝉会:小澤会長、他7名

交通:車3台(青木車、近松車、小野寺車)

宿:奥飛騨温泉郷 福地温泉 「民宿とらや」

費用:19,000円(保険込み)

天候:−−

気温:−−

概況:
 計画段階では姫川の白馬あたりを中心に川蝉会のメンバーと組んで入渓を考えていたが融雪状況、天候等が思わしくなく急遽、飛騨川の高原川に変更された。高原川水系は当会でも十八番の水系であり相互案内なしのそれぞれ独自釣行になった。

 青木車は早朝より下佐谷の取水堰堤の上流部に入渓。4人とも良型ヤマメを得て満足の様子、近松車は蒲田川本流にてイワナ交じりでそれぞれ良型を数匹ゲット。

 小野寺車は体調をかばい夜行を避け前日早朝立ちにて栃尾の「むらかみ」へ前泊した。3人でウイスキーのハイボールを飲みすぎ(角瓶2本)小野寺氏は翌朝、意識朦朧、釣意無。車で宿を出たが後部座席で死んでいた。結局、2日間浅井田ダム下本流、山田川、下佐谷、蔵柱、新穂高上流部を小野寺氏と毛ばりで釣ったが出が悪くボウズ。八木さんが餌で数匹ヤマメを釣ったのみの貧巣で終わった。

 一方、川蝉会の小澤会長の元気組は蒲田川上流部左俣のゲートより上流にて良型イワナをごっそり釣り上げ、大満足の様だった。途中、雨で退散でなければまだ釣れた様子。帰りに私たちボウズ組に「おすそ分け」があり、頂いた私たちも大満足であった。4時に福地温泉「とらや」に集合、入浴もそこそこに酒盛りの始まりとなった。

 懇親会は 6時、盛り沢山の料理に日本酒、ビール、焼酎、ウイスキーなんでも有り。両会の会員は相互に面識者も多く、釣り場の情報や、毛ぼり談義などの話題で、より良い懇親がはかられた事と思います。

 翌朝は釣りに出掛けた人もいたが話のできる釣果はなかったようである。朝食後、記念撮影を行い再会を約し解散となった。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2011  東京渓流釣人倶楽部