釣行会レポート

2011年7月1日(金)〜3日(日)

源流キャンプ釣行会

リーダー:村松
 
参加者:青木、上野(信)、斎藤、八木、村松

計:5名

交通:車1台(青木車)

宿:1泊目 素張りダムバンガロウ―
  2泊目 藤の瀬温泉旅館


費用:25,000円(保険込み)

天候:−−

気温:−−

概況:
 計画の変更。当初の予定は岐阜高原川支流双六川、北俣川、中の俣川であったが、2週前の偵察釣行で川の水量が非常に多く、釣行には危険が多すぎると判断した。
また、白神山系粕毛川源流帯(最上流はすでに禁漁)が秋田県からの指示で全面永久禁漁区にするよう粕毛川漁協に要請があり、来年(2012年)以降全面永久禁漁になってしまうとの情報があった。
これまで何回となく釣行し、日本最大のブナ原生林の自然の懐での素晴らしい釣行を楽しませてもらった世界が失われようとする矢先、急きょ粕毛川源流釣行に変更することに賛同を得て行くことになった。
出かける直前の6月30日昼頃、何時も世話になってる白神山レストハウスの細田姉さんから、雨がドヒャ降りで心配との親切な連絡があった。前後の天気予報とアメダスの情報では大丈夫と判断し、行くことに決定した。
6月30日(木)PM9:30三鷹駅北口集合、東北道―北上JCで秋田道に入り、雨がかなり強く降っているが、予報では回復に向かうことを信じ、朝5時頃二つ井白神インター下車。
コンビニで朝、昼食を購入し、スタンドでガソリンを満タンにした。 
いよいよ白神山の懐に入っていく。素波里ダムまで新道(トンネル)が出来楽になった。雨もやみ山々の新緑が実に美しい。空もすっかり明るくなって、目的地の粕毛川支流東又川の林道橋に当着。全員で橋から川の水量を確認、増水気味だが何とか遡上可能と判断し、渡渉と釣りの準備をする。初日は昨年同時期に良い釣りが出来た東又川本流を3区分に分け、入渓。
第一グループは粕毛川本流出合いから第二堰堤まで(村松、斎藤)。第二グループはそこから右沢出合い迄(八木)。第三グループはそこから抱合沢出合いまで(青木、上野)と沢割りをし、それぞれ期待に胸ふくらませて入渓した。
第一グループは林道終点から林道崩れの朴道を粕毛川本流に向かって下って行く。
岩がそこいらじゅうに崩れ、道を塞ぎ荒れている。以前は林道がしっかり通っていたのだろう。やがて立派な橋を渡る。上から見ると沢は両側切り立っていて通らずが長い。5分ほど行くと粕毛川本流との出合いになったが沢に降りるのにかなり悪いのでザイルを使い降りる。本流は昨晩の雨で増水しとても遡上は難しい。
この出合いから二人して釣り始める。緩やかな瀬を流すと早速当たりがあり、合わせ寄せるとなんとハヤの大型、ポイントをかえても次から次とハヤの入れ食い。下流の粕毛川ダムから2kmも上流でハヤとは全く驚いた。新人の斎藤氏に是非良型のイワナを釣って貰いたく案内したがこれでは申し訳ない。しばらく釣り歩くがすぐ通らずになり、竿をしまい林道に上がる。登りがかなり悪いのでザイルを使い安全をきした。斎藤氏初めてのザイルワークに楽しかったと頼もしい弁。第一堰堤上流から竿出ししてようやくイワナが釣れ出すが昨年ほどの当たりではない。すでに釣られてしまったのか?早々に上がり集合地に向かう。
 すでに他のグループも集まっていて、状況交換をする。第二グループの八木氏はボチボチの釣果でだめだったと。第三グループの青木、上野組はまあまあ楽しかったと型をそろえてきた。やはり林道と川が離れ大きく回り込んでいるので荒れていなかったようだ。
 昼食後、夜行の疲れを考えて早上がりして2日目泊まり予定の藤の瀬温泉旅館迄下りて入浴で疲れをいやした。老夫婦のいつもながらの暖かいもてなしにほっとする。
 素波里ダムサイトのキャンプ場にもどり白神山レストハウスのジンギスカン料理を夕食として頂き、宴会も早々と切り上げ明日の釣行の為に眠りに就いた。

 2日目、快晴、今日は東又川中流にはいる抱き合沢に八木、上野組が入り、さらに上流右に入る藤駒沢に青木、斎藤、村松が入ることにする。東又川林道入り口にゲートがあるがその前に秋田ナンバーの車が1台止めてあった。すでに上流に入っているらしい。
気にはなるが予定通り、青木、斎藤、村松は林道上流を歩きだす。15分ほどで八木、上野グループが入る抱き合沢上流の大滝が見える橋を過ぎさらに上流に行く。この林道沿いの道には秋田フキがじゅうたんを引いたよう群生している。若い葉を帰りに土産に頂こう。
30分ほど歩くと林道が大きく右にカーブしたところが右下から藤駒沢が入ってくる。
沢ははるか下流で。この沢が今日のメインの沢である。ここから右下のブナの若木の林と藪中を降りて行く。10分ほどで沢に到着。ブナに囲まれたコケの蒸した箱庭の中を沢は流れ、澄んだ水は飲んでも実に美味しい。3人は交互にポイントを狙い餌を入れれば、イワナは確実に釣れてくる。8寸未満は放流だよ!と確認しあい上流に上がっていく。新人の斎藤さんに釣ってもらいたく先行してもらう。
斎藤さん顔をほころばせながら「ここのイワナは腹が黄橙色で本当にきれいですね」と感心しきり、すかさず先輩の青木氏は「水がきれいで、これぞ源流のイワナ、これにあこがれて苦労してでも来るんだよ」と合言葉。本当に苦労が報われます。
 10時過ぎには藤駒橋下に到着。ここで小休憩。斜面に珍しい青水菜の群生を見つけ土産に頂く。30分ほど上流に上がってまだ良型が釣れるが未練を残しながら終了橋まで戻り林道を下りながら秋田フキの若芽を土産に頂いていく。八木、上野氏が待っている林道ゲート前に到着。
 二人の入渓した抱き合沢の大滝では良型がそろって、この滝壺だけでもまとめて釣れた。八木氏は大滝上流になんとか回り込んで上がりイワナの生息を確かめたが(1時間)残念ながら居なかったとのこと。
永久禁漁になるにしても上流に移植放流したいものだ。機会があればぜひやりたいと思う。
 12時、全員揃ったところで昼食はソーメン。済んだ沢の水で冷やしたソーメンは本当に美味だった。
 第2ランドは素波里湖にそそぐ内川の上流入る。ここでは最上流に入った青木氏が一人いい思いをしたので夜の宴会は青木さん持ちだと約束されていた。
PM5:00に藤の瀬温泉旅館に到着。夕食は老夫婦の心のこもった料理で満足、酒もうまく、一気に疲れが出たのか早々に御休みであった。
 今回の釣行は永久禁漁で2度と入れなくなる釣り場をしっかり脳裏に刻んでおきたい、そんな思いが強く計画され実行したが、みんなそろっていい思いをしての釣行であった。
ブナ原生林に育まれた美しい渓流魚イワナが永久に保存されることを願って、今回の釣行を無事終わったことに感謝したい。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2011  東京渓流釣人倶楽部