釣行会レポート

2011年9月10日(土)〜11日(日)

最終釣行会

リーダー:小幡
 
参加者:村松、青木、斉藤、上野(信)、伊藤、櫻井、近松、八木、小野寺小幡

計:10名

交通:車3台(青木車、近松車、小野寺車)

宿:大町木崎湖温泉「民宿やまく館」

費用:19,000円(保険込み)

天候:−−

気温:−−

概況:
 ここ数年の東北偏重の釣行会からの脱却を唱えて釣行計画を立ててはいたが、当然のごとく、東日本大震災と大津波、放射能騒ぎで東北地方への釣行会は実施できない状態になってしまった。
さりとて中部山岳への渓流にはヤマメの魚影が薄いのか当会は足が遠のいているので「北アルプスの景観」と「かけ流しの天然温泉」格安ながら心のこもった「家庭料理の宿」を売りに実施した。
9月9日23時に中央道「談合坂SA」に集結、沢割と行程を確認それぞれ目的の渓へと向かった。
近松車は大町周辺の乳川、鹿島川を探り伊藤氏が大型賞候補の尺イワナ(33cm)を釣り、近松氏は乳川で魚影が薄い中26cmの良型ヤマメを掛けた。青木車は信州川蝉会の小澤会長からの情報をえて、大型賞を狙い姫川下流のボウズ谷へ入渓、泣き尺止まりであったが良型イワナを全員ゲット。
小野寺車は乳川をヤマメ狙いで毛ぼりで攻めたが出が悪く、本命の高瀬川大町ダムバックウォーターから葛温泉まで丁寧に探ったが、魚影はあるものの出が悪く、結果はボウズに終わった。
6時から懇親会に入った。7,000円でお釣りがくる値段にもかかわらず沢山の料理に全員大満足、当然酒量も増えてしまった。翌朝、最後まで大型賞は解らないと、ラストチャンスに期待をかけ近松車と青木車が出掛けたが近松氏が農具川でヤマメの27cmを掛けたのみで今年の大型賞は伊藤氏のイワナ33cmに決定した。大型賞が出たことで最終釣行会を有終の美で飾る事ができた。尚、この釣行会は創立55年記念事業としての企画であったため参加費の倶楽部助成があり、最終的には個人負担軽減が出来た。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2011  東京渓流釣人倶楽部