釣行会レポート

2012年3月17日(土)〜18日(日)

伊豆方面 解禁釣行

リーダー:近松、サブ:,
 

参加者:青木、小幡、小野寺、石下、上野(信)、櫻井、斎藤、
    村松、中野、八木、近松   鈴木(裕)(入会検討者)

計:11名

交通:自由参加、車(車4台)

宿:静岡県 伊豆岩地温泉「海光苑」 пF0558-45-0006

費用:12,000円(保険込み)

天候:17日雨、18日曇り

気温:日中15℃

概況:

昨年は東日本大震災により、解禁釣行から計画没となり、今年の解禁釣行を待ち焦がれ?ていた会員がいたようです。結果的には、初日は、気温は伊豆らしく15℃程度であったが、終日、雨に降られ、増水と濁りのため、午前中の釣りとなり、全車が早々に宿入りした。全員が早めに宿入りしたためか、東渓のいつものことか、宿のビールも飲み干して、しまいには缶ビールを買いに行く始末でした。宴会は宿の計らいも有り、贅沢な海の幸を肴に遅くまで釣り談議で盛り上がった。遅くまで宴会場を提供いただいた宿の主人に感謝。
釣行としては4台の中でも、青木車が可なり頑張ったようであった。夜半には雨も上がり、翌朝は参加者の半分程が朝食前の釣りに出た。朝食後、宿にて解散したが、雨で適度に増水し、笹濁りの河川を見ては我慢ならず、例年になく開花の遅れた河津桜見物による道中の渋滞予想も意に介さず、全車が帰路途中に再度竿を出したようです。
伊豆での解禁釣行会は久方振りであったが、伊豆と言えば釣り場選択よりも、まず温泉。伊豆方面は温泉場が多く、選択に迷うほどで、これまでは湯ヶ島温泉を中心に宿決めをしてきたが、今回は会長が「釣り人」にも紹介した松崎町岩地温泉「海光苑」とした。釣りの方はと言うと、まず、天候の心配。前日までなんとか晴天続きであったが、当日は予報どおり全国的な雨となり、適度の増水により魚が動く事を期待しての釣行となった。
参加者は12名で、小野寺車(小幡、小野寺、石下、八木、鈴木の5名)、青木車(青木、上野(信)、斎藤、村松の4名)、近松車(近松、櫻井の2名)、中野車(1名)の車割となった。小野寺車には、入会検討者として鈴木裕氏(昨年末の忘年会会場(小玖平)の料理長)が同乗した。
 各車の動向は、まず、小野寺車。5名が、当日10時頃、川崎方面で集合した。既に雨降りの中、西伊豆方面に向かった。テンカラ3名にエサ釣り2名の構成である。土肥川、那賀川と探釣したが、雨と濁りに、つい、おざなりな釣りになることが避けられず、釣趣もわかず、早々にあきらめた。ゆっくりお茶をして、16時には宿入りした。翌日は解散後、川見をしながら、どこかで探釣と思っていた。土肥まできて、見たような釣り人が既に竿を振っている。中野氏と近松氏だった。一緒に釣らしてもらう。
 青木車は、調布の青木宅に4名が前夜12時前に集合し、事前の予告どおり、河津川方面を目指した。夜中からの雨量から推測し、河津本流が時間と共に増水することを考え、朝一は、河津本流とした(これが正解で、その後、本流は増水と濁りとなった)。第2ラウンドは河津川支流の大鍋川、荻ノ入川に入ったが、2名は雨に嫌気がさし、車で談笑。さすがに、昼ごろには雨脚が強く、当りも取れない程の降りにギブアップ。ゆっくりと昼食をとり、14時には宿入りした。翌朝は那賀川本流の上流を目指したが、岩科川の上流に入ってしまった。ただ、ここで、上野氏が大型のマアゴを掛け、手前まで持ってきたが、すんでのとこで、エラ洗いでハリ外れ、春先は食いが浅いため、よくあることと慰めたとか。にしても、今年の大型賞候補であったかも?(なに!釣り落とした魚は、いつも大きい?)
 中野氏は、前夜が家族との会食とかで、結局単独での参加となった。当日の午前10時前に東京を出発。首都高、東名とも行楽の車で渋滞状態の中、一路伊豆へ向かった。雨足が強くなる中、途中、大見川等を覗きながらであったが、いずれの河川も増水し、かなりの濁りであったため、そのまま岩地温泉に向かい、16時過ぎに到着。翌日は解散後、大見川で探釣と決めていた模様。近松車を誘い、大見川に向かったが途中、土肥で気が変わり、竿を出す。テンカラにも出るが型は今一であった。近松車と別れ、単独、大見川上流を目指した。
 近松車は、今回は伊豆方面でもあり、午前中は沼津重寺港から真鯛船に乗り、午後から大見川での型物のアマゴ狙いとした。真鯛船は11時に沖上がりしたが一応、二人とも真鯛の型を見ることができた。その後、雨の中、修善寺駅前を経て「大見川は」と見ると丁度良い笹濁り、ただ、雨足は強く、益々大粒となり、蕎麦を啜りながら少し諦めムード。このまま、大見川に居ても時間の無駄は明瞭なので、土肥から宇久須、仁科、那賀川、岩科川を見て、良さそうな処があれば入渓することとしたが、既にどこもかしこも、増水、大濁りで、結局、14時半に宿入りした。丁度、青木車も到着していた。
 翌朝は解散後、そのまま帰京の積りが、中野さんに誘われ、大見川で探釣ときめた。途中、土肥の山川で気が変わり、竿を出す。櫻井さんがアマゴ23p程を数匹ゲットした。漁協は無くなったが、条件さえ合えば、案外ヒットはあるようだ。サイズは別として三人ともアマゴと対面することができた。
 やはり伊豆は暖かいが感想、河津桜も開花中で雨に濡れた車体には桜の花びらが、ウエダ―には土手に咲いた菜の花がまつわり、春を感じさせました。




東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部