釣行会レポート

2012年4月20日(金)〜22日(日)

佐渡釣行

リーダー:村松、サブ:,
 

参加者:青木、近松、八木、矢田部、村松

計:5名

交通:車1台(近松車)、佐渡汽船フェリー

宿:新潟県 民宿川口荘、湯の沢温泉  пF

費用:32,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:

 東渓倶楽部会としての佐渡釣行は何年も行われていなく久しぶりである。参加者5名で、かって何回か経験ある矢田部氏、村松、初めての青木、近松、八木諸氏とそれぞれに期待と不安、また昨年亡くなられた佐渡の釣りの主と言われた高根氏の弔いもあり、複雑な気持ちで行きました。
 前夜19日23時45分頃近松宅発、志木、朝霞駅で2名を迎え関越道所沢インターから新潟中央を経て新潟港に20日朝4時前に到着。途中コンビニで2食分の弁当と飲料水を仕入れ、佐渡はガソリンをはじめ物価が高いと聞き、新潟港近くでガソリンを入れようと探すがどこも開店してなく、バイクに乗った新聞配達員が親切に開店のスタンドまで案内してくれてやっと入れることできた。
 新潟港での佐渡汽船フェリー乗船手続きは、すでに近松氏がネットで予約済みでスムースに進み乗船出来た。夜が明け6時出港、たいして揺れもなく、船上から佐渡の白銀に光る山々を見ながら8時に佐渡両津港到。
 今回の佐渡釣行は2月に信州かわせみ会総会出席の折、佐渡釣行に50回以上も行っているという、かわせみ会会員の坂本氏に釣り場情報と宿の紹介をしていただき、参考にして釣行計画を立てた。まず、内海府の河川から外海府の河川へと向かった。
今年の佐渡は雪が遅くまで降り例年より寒さが厳しく、桜の開花が10日程遅れ、行った時がちょうど満開であり、残雪の山々を背景に見事なコントラスで素晴らしかった。
 白瀬川を橋から見ると水量はあるが白く濁っている。パスして和木川、馬首川とのぞく。和木川が水量良し濁りもなく、ここの下流に矢田部氏と八木氏が入渓、上流に近松氏が入る。青木、村松はすぐ隣の馬首川に入るが濁りがある中での釣りで、深みのポイント、瀬を流しても当たりがなく、30分ほどでやめ、コゴミが程良く山菜取りに切り替えた。和木川に戻ると、矢田部氏が良型のイワナをあげ、さらに竿を絞り込む強い当たりがあったが、掛からず残念!八木氏はヤマメを何匹か釣るが型が小さくいまいちだった。近松氏はイワナのちびでビクに入らず。次に歌見川に入る。水量豊かで濁りなし有望か?ここに全員で上、中、下と別れ入渓する。上流は大きな堰堤があり、それより上流は林道が大きく迂回して川と離れる。堰堤を越して竿を出す。深淵で25cmのイワナ、さらにわきのポイントでそれ以上の型が続いて釣れ良かった。上流に行った青木氏は?すぐ大きな堰堤にぶつかり終わりにした。おそらくその上流が有望なのだろう。下流組の3人は全然当たりなしとのことである。
 適当に昼食を取り、内海府から観光名所の二ツ亀、大野亀と海岸の奇岩を眺め外海府に入っていく。しばらくは小河川が続き釣り対象にいまひとつ。海岸から急こう配の川ではアメマスの期待はなし。民家も少なく佐渡の最果てか寂しいところだ。思い切って今夜の泊まる民宿川口まで行き、宿に挨拶。この近くに注ぐ関川に入渓する。水量は今までの中で一番、透明度もよし、期待が持てそうである。大渕で近松氏が粘りに粘って9寸イワナを釣った。後はヤマメがちょこちょことかかるが小型。上流から川崎ナンバーのエルグランド車が降りてきた。
早々に宿に入り疲れを癒すことにした。宿に入るには細い路地なので苦労する。庭先に佐渡の名産であるミスミ草(雪割り草)の小鉢がいっぱいに置いてある。
主人が種から増やしているそうで、ピンクのかわいい花を咲かせている。矢田部さんと素晴らしいと感心していると、明日の帰りに土産にいくつかお分けしましょうと用意してくれるそうで、感謝、感謝でした。かわせみ会の坂本氏の紹介できましたと挨拶すると、伺ってます、愛想よく、ゆっくりしてくださいとおかみさんも主人も人の良さそうな方々。
何よりも驚いたことに、海の幸、山の幸、畑の幸、夕食のすごい豪勢なこと。
会員一同びっくりと感謝でした。食後早々と8時には皆寝床に入る。

 21日(2日目)、今日がメインの釣り場、張り切って行こうと気合を入れた。用意された弁当を持って4時30分宿を出て、イワナ狙いで青木、八木氏が矢柄川へ、ヤマメ狙いで近松、矢田部、小野見川下流から、上流へ村松が入渓。時間をたっぷりと取り、9時半まで。
 小野見川下流サクラマスに会えず、ちびヤマメが入れ食い、釣り堀のようだ(近松)。
上流は渓相抜群、ヤマメ魚影濃し、ただし小型(村松)。矢柄川はイワナ型よし、しかし魚影薄いな(八木)確かに今までの河と比べたら型が良かった(青木)。これまでと比べて釣りとしては良かったかなと云うのが共通の意見。
 第2ランドは大倉川、石名川、小野見川上流に分散入渓。結果は大したことなく、タラの芽、コゴミ等の山菜取りになった。小野見川上流では大堰堤手前でまたしても川崎ナンバーの2人組に会い話をする。彼らは毎年来ていて、イワナ狙いで、昨日入った関川は去年は大釣りしたけど、今年は駄目だった。小野見川は去年サクラマスを釣った。大堰堤を探ればもしかしてと来たとのこと。互いに健闘を願い別れたが、佐渡まで来て東京近くの釣り人に会うのはうれしいやらがっかりやら複雑な気持ちだ。
 最後に昔(10年も前)に大釣りしたイワナの川にみんなで行くことにした。しかし昔と様相が一変していた。下流には林道がなく、上流も途中まで林道、そこから二股の沢までソマ道を30分歩いて入渓したはずが、下流から二股まで林道が出来てそこに止水堰堤が出来ているではないか。驚きである。右沢は昔のソマ道があったので八木氏が入渓、他の人は山菜取りに時間をつぶした。結局八木氏はちびイワナしか釣れず帰ってきた。環境が変われば仕方がないのか。だんだんと釣り場がなくなってきているのは寂しいかぎりだ。

2日目の宿は佐渡平野の佐渡市役所から北へ700mほど入ったところにある湯の沢温泉で建物は相当古く静かなたたずまいである。メーンストリートのにぎやかな街の近くにこんなところがあるのも驚きだけど、我々以外に客はいなく、宿主のおかみさんは矢田部さんより少し姉さん位の方で親切で少しぐらいの無理は聞いてくれそうな居こごちの良い宿でした。温泉は沸かし湯らしいけどゆっくり入りのんびりできて良かった。夕食はおかずが多く、ご飯がきついぐらい。
 昔東渓の先輩たちが、いそしく通ったヤマメの良型が良く釣れた新保川が宿の近くにあるが下流部で3面護岸の大規模工事があり様変わりして、サクラマスが上らなくなってどうか?そんな川が近年多くなってしまった佐渡の川であり、明日入渓する竹田川ははたしてどうか?そんな心配をしながら寝むりに就いた。
 22日(3日目)、9時15分両津発のフェリーに乗るため宿を8時30分に出なければならない。朝食7時30分、それまでに帰るということで、5時から7時まで2時間の最後の釣りに矢田部氏、近松氏、村松3人で竹田川に入渓。青木、八木2名は宿でゆっくりとのこと。
竹田川は亡き高根氏の秘蔵の川であった。特に下流部が大型ヤマメの出る区間であったが?やはり心配した3面護岸工事が止水堤迄大々的に行われ水が少なくいやな予感がした。
止水堤のたまりに期待したが何も当たりなし、ここから上流で深瀬を見つけ、22cmヤマメを釣った。さらに上流の堰堤落ち込みで30cmのニジマスと20cmのヤマメ出て、なんとかと思っていたら近松氏が上流堰堤2か所やって全然当たりなし。近くにいいタラの芽が10個ほどあり、矢田部氏に頑張っていただき確保し土産が出来た。7時30分前に宿に戻り、朝食を済まし予定通り両津のフェリー乗り場に間に合い、乗船帰路に就いた。11時30分新潟港着、新潟中央から関越道に入り、午後5時30分頃に無事到着解散した。
 今回の佐渡釣行は期待に添えず貧釣果に終わったのはリーダーとして申し訳なったと思います。かわせみ会の坂本氏から良い釣りをするなら3月初めから行かないと場荒れしてしまうよとアドバイスを受けていましたが、釣りだけでなく山菜取りもと欲をかいていたもので、今の佐渡(環境悪化)では2兎追うものは1兎も得ずなのかもしれません。
気象条件にも影響されるでしょうが、もう少し新しい情報を得られるように努力が必要かと反省です。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部