釣行会レポート

2012年5月12日(土)〜13日(日)

南会津東渓発祥の地を訪ねて
(55周年記念放流)


リーダー:小野寺、サブ:,
 

参加者:青木、今井、石下、上野(信)、小幡、村松、八木、山谷、小野寺

計:9名

交通:車3台(青木、小野寺、山谷車)

宿:湯の花温泉「清滝旅館」  пF

費用:15,000円(会より補助あり、保険込み)

天候:

気温:

概況:

山谷氏、現地宿直行。青木車金曜日夜立ち。小野寺車、金曜日朝出発とそれぞれ3台別々の出発となった。
小野寺車は夜立ちの辛さと体調を考え前日金曜日の朝立ち出発。矢板ICで下り天沼川全員毛ばりで釣るが石下さんが1匹釣っただけであとは型を見た程度の貧果。その後阿賀川水系大川へ移動。小幡氏だけ良型山女魚数匹釣りご満悦。小幡氏、気分上々のまま宿泊先「清滝」に入る。その夜の酒盛りはご想像にお任せします。翌土曜日、午前午後と布沢へ入渓。水温7℃寒くて手が凍えるほど。時折雪も降って来る状況下での毛ばり釣りで、釣果も小幡氏が1匹あとの3人はボウズと散々の釣果となった。
金曜日夜立ちの青木車は鶴沼川本流と支流の黒沢に入渓。3人で岩魚6匹の釣果ではあったが上野氏良型岩魚をゲットし、上々の釣果。
山谷氏の釣果については未確認。釣りをせず宿に直行か?
夕方5時までに宿集合となっており3台合流後、東渓発祥の地、南会津湯の花温泉「清滝旅館」にて語り明かすつもりで酒を酌み交わそうとしていたのだが、疲れていたのか酒がすすまずビール18本で酒盛りはお開きとなった。
翌朝は青木車が鱒沢に入渓したがあたりがなく釣果は無かったとの報告。朝食後参加者全員で湯ノ岐川清滝旅館上流にある大山養魚場より岩魚の稚魚を入手し放流する段取りだったのだが、何かの行き違いから9時予定が10時頃に稚魚が運ばれて来た。が、予定通り稚魚2〜3pくらいの大きさ3000匹(3万円分)を清滝旅館の前へ放流し55周年記念放流を無事終わらせることが出来ました。
〈追記〉
宿の主人が昨年心筋梗塞で逝去され御仏前として金一封を各参加者全員の同意をいただきお渡ししました。




東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部