釣行会レポート

2012年5月19日(土)〜5月20日(日)

日本渓流釣連盟 第20回懇親会
幹事:つくば渓流会

リーダー:小幡   サブ: 

参加者:小幡、小野寺、今井、石下、中野

計:5名


交通:自由参加(2台)
   小野寺車:小幡、今井、石下 中野車:単独

宿 :袋田温泉「思い出浪漫館」 茨城県久慈郡大子町袋田978 0295-72-3111

費用:15,000円(懇親会費、交通費各自負担)

参加団体:日本渓魚会(4名)、信州川蝉会(名)、岩魚会(名)、
     東京渓流釣人倶楽部(5名)、個人会員(1名)、つくば渓流会(名)
     計28名

天候:


概況:

第20回日渓連懇親会が茨城県袋田温泉で開催された。

参加者は車単位で自由行動とし、17時までに宿集合とした。小野寺車は19日午前7時に川崎を出発。メンバーは(石下、今井、小野寺、小幡)の4名。一路、東北道の宇都宮ICより喜連川経由にて湯岐温泉を目指す。途中、川上川、湯川、片貝川等を探釣。この辺りは砂川で趣に欠けるが木々のかぶさりも多く、小型ながらも魚影は濃い。藪と田んぼが多く蛇も多いとみた。毛鉤の振れぬポイントが多いが雨後の増水時にはエサ釣りには狙い目である。日当たりがよく、拾い釣りになってしまったが4名とも型は見た。
宿への集合のため3時に納竿。袋田温泉へ向かった。
一方、中野車は前日夜発で、単独で喜多方方面へ。一の戸川で短時間であったが竿を出した。数は出なかったが型ぞろいの山女魚を掛けることが出来た。お昼に喜多方ラーメンを食べ、一路、袋田へ。午後4時には宿入りした。
宴会は幹事クラブのつくば渓流会、中村氏の司会で進められた。総勢、28名の参加での宴会となった。さすが、地元一の宿だけに料理がすばらしかった。担当クラブからは地元特産のトマト、スイカ、手作り七味唐辛子などがお土産に配られ、大盛況であった。
翌日、八溝川に地元の子供たち、約70名を招き、山女魚の稚魚5000匹を放流した。最後に全員で記念撮影し、解散となった。
久慈川水系は多くの釣り人を魅了する川であったが原発事故の風評で釣り人も遠のいているとの事。これを機会に多くの釣り人が訪れることを願いたい。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部