釣行会レポート

2012年6月16日(土)〜17日(日)

奥飛騨・高原川水系釣行

リーダー:八木、サブ:,
 

参加者:青木、石下、柴田、村松、上野(信)、小野寺、小幡、八木

計:8名

交通:車2台(青木、小野寺車)

宿:栃尾温泉 民宿「むらかみ」  пF

費用:16,500円(保険込み)

天候:16日終日小雨、17日晴れ

気温:

概況:

 今回参加者は8名で2台(青木車、小野寺車)に分乗し、時間差で出発した。青木車に上野、柴田、村松の4氏が金曜夜立ちで、もう1台の小野寺車に小幡会長、石下、八木の4名が土曜早朝立ちで出発し宿に午後5時迄に到着とし行われた。天気は梅雨前線の影響で奥飛騨は土曜の朝から小雨、ミミズ餌釣りには期待大。
 青木車は栃尾の宝橋下流「道の駅」に午前3時前到着、約1時間程仮眠をとり支流の下佐谷へ2組に分かれて1日を通して入渓。午後青木氏が足を滑らせドボン。風邪をひかぬ様早めに宿に着き温泉に浸かり大事には至らなかった。釣果はヤマメ、イワナの7寸〜8寸クラスをそこそこに皆得られた。
 小野寺車は午前9時半に何時も寄る下佐谷出合い下流の長倉地区の釣具屋兼ガソリンスタンドで入漁券を購入し、私は餌釣りで吉田川の下流部へ入釣し約2時間程でヤマメの9寸を頭に4匹。小幡、小野寺、石下の3氏は和式毛ぼり釣りで山田川を狙ったが7寸クラスのヤマメの形を見た程度で午前中は終了。昼食を双六川と本流との出合い(駒止橋際)にある川見に最高のレストランで済ませ、第2ラウンド。私は本流と笠谷へ入釣し7寸クラスのヤマメを3匹の釣果。毛ぼり3名は蔵桂川へ入釣したが、7寸サイズのヤマメを得た程度で数が伸びず終わった。宿に5時頃到着し先ずは温泉に浸かり、6時過ぎ宴会スタート。
 今宵の宿は東渓が昭和の時代から利用しており先代の頃からのお馴染みで耳が遠くなった曾爺さんも御健在で、今年生まれた曾孫の顔も見られた由、小幡会長が先代の頃に釣ったヤマメの36センチの魚拓も飾られている。
2次会を部屋に戻って午後10時過ぎ迄歓談をし就寝。
 翌朝、青木車3名は朝マズメを釣る予定であったが日付が変わる頃から雨が強く降り、本・支流供に濁流で、山菜取りに変更し雨の中4時半に出発。残った柴田氏と小野寺車4名は朝風呂三昧を楽しんだ(露天風呂有り)。
朝食は7時からで7時半には皆さん揃われ、8時半に宿前で記念写真を撮り、現地解散と致しました。
 釣果は大型賞候補は出ませんでしたが、程々の釣果を得て、まずまずの釣行会であった。
収支は2台でフルメンバーが揃い、宴会時のお酒が少なく(青木車より銘酒2本の差し入れで、宴会前に下地入り)予算を大幅に下まわることが出来ました。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部