釣行会レポート

2012年6月28日(金)〜7月1日(日)

源流キャンプ釣行



リーダー:村松、サブ:青木
 

参加者:青木、上野(信)、村松、八木、
計:4名

交通:車1台(青木車)

宿:1泊目 素波里キャンプ場  
  2泊目
 藤の瀬温泉旅館

費用:28,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:


今年の源流釣行会は去年まで実施していた白神山系粕毛川源流部(最上流の世界遺産核心地及び緩衝地域は以前から禁漁)が奧素波里の十文字沢と素波里湖の最上部に流れ込む内川を結んだ線から上流部が禁漁区になってしまったので、藤琴川源流部の黒石沢、白石沢及び青森県境釣瓶落峠以北の湯ノ沢川、尻高沢その他の釣行を行う事になった。
6月28日(木)午後9時、村松宅を出発。東北道〜秋田道に入り二ツ井インターを降りコンビニで朝食の弁当を購入。途中、ガソリンを入れ、藤里町を通り藤琴川沿いに上流に向かう。太良橋を渡り太良峡の先を左折。黒石沢沿いに進み、くるみ台キャンプ場を抜け、支流立俣沢出合い手前に午前6時に着いた。
1日目、快晴の中第一ラウンドは11時まで。村松氏、青木は黒石沢上流の立俣沢を、八木氏は真名子沢、上野氏はウェーダーを持ってくるのを忘れたため、川には入れないので黒石沢の堰堤下と沢割をし、各自好釣行を期待し入渓した。
村松氏、青木は40分程渡渉してから釣り始め素晴らしい渓相の中を4時間程釣り歩き2人共8寸〜9寸の腹部が黄色の美しい源流床イワナを10本程ビクに入れ12時に待合わせしている車に戻った。
上野氏はウェーダーを忘れたお陰で?堰堤下で大物賞か?と思わせるような33pのイワナを釣っていた。
昼食は川に降りてソーメン食べようと、ソーメンを茹でて冷たい川の水で冷やす人、薬味のみょうがやネギを切る人、おかずをフライパンで焼く人、皆で手際良く準備をした。
涼しい渓相を眺めながらの昼食は食が進み鍋一杯のソーメンは瞬く間に空になった。
昼食後は、八木氏は立俣沢を下り出合いから真名子沢下流部へ、上野氏は林道を少し下り黒石沢を支流出合いまで、村松氏、青木はさらに林道を下り黒石沢を釣り上がることにした。
水量豊富で渓相抜群だが釣果は今一で早々に切り上げ、2日目宿泊予定の藤の瀬温泉旅館で入浴して疲れを癒した。釣りの後の温泉は本当に気持ちが良い。入浴後、素波里ダムサイトのキャンプ場にもどり白神山レストハウスで夕食。ジンギスカンと生ビールを頂き、釣りの心地よい疲れでいつもより酔いが早く宴会も早々と切り上げ、明日の釣行を考えてテントに入り眠りに就いた。
2日目も快晴、夜明け前に起き早々に片付け身支度を終わらせ、予定していた釣瓶落峠に向かった。まず上野氏は青森県境の釣瓶トンネルを出てすぐの尻高沢源流に入るしかないだろうと言う事で、車を止めて川見をしたが水量が大分少ない。出ないかな?と思われたがウェーダーがないのだから仕方がないと全員の意見は一致即決。
村松氏、八木氏、青木の3名は青森県側に1q程先の橋の手前右川から湯ノ沢川支流の立俣沢に降り川を渡渉する事30〜40分左から小沢が見えて来た。八木氏がちょっと沢を見て来ると言って10分程で戻って来て自分はこの沢に入ると言った。
村松氏、青木は更に10分程上流に渡渉し、左から流れ込んでいる沢が出て来た。青木はこの沢に入る事にし、村松氏は更に本流上流を釣る事にした。
青木が入った沢が大当たりで尺近いのが7〜8本出た。まだ上まで出そうだったが、これ以上釣っては釣り過ぎと思い程々にして沢を下った。合流点まで戻ると既に村松氏が上流から戻っていた。釣果を聞いたところ、ほとんど出なかったとの事。2人で川を下り、途中の沢に入った八木氏も戻っていて釣果はまずまずとの事。
3人で車に戻り、上野氏が入った沢に戻り釣れていないだろうと、思いながら釣果を聞いたらこんな上流の水量の少ない沢でも結構いるもんだねーと、まずまずの釣果で顔をほころばせ満足気であった。
12時を過ぎていたので去年と同じくその沢の横に車を止めて昼食定番の手軽に作れるカレーラーメンを食べる事にした。これもまた中々旨いのである。川で食べるものは、たいした物でなくても旨いものである。
昼食後、午前中に入渓した立俣沢の橋の先を1〜2q行った左側にかなり広い駐車場に駐車し、村松氏、八木氏は冷水岳右隣りの尾太岳湯ノ沢川支流?に入った。
青木は駐車場から少し下った尻高沢下流の左にそそぐ沢に入ってこれまたかなりの釣果であった。釣りに夢中になり、少々遅くなったが全員揃ったところで止め、午後6時に定宿の藤の瀬温泉旅館に到着。いつも通り、まずは何をさておいても温泉に入り疲れを癒した。明日は道路渋滞が予想されるので朝食は6時にお願いして早く出発しようと言う事にった。
夕食はいつもながら老夫婦の心のこもったおもてなしで満足。釣果に話も盛り上がり、釣りの疲れと温泉入浴で酒も一段と美味く、皆、さほど飲んでいないのに酔いのまわりが早く8時頃に床についた。今回も天候に恵まれ、素晴らしい渓相と渓魚を堪能し、皆それぞれに良い思い出を残しての釣行であったと思います。
去年まで釣行した白神山麓の粕毛川は禁漁区域が広くなってしまいましたが、世界遺産のブナ原生林に育まれた美しい渓魚が殖え保存されるのであればやむをえません、そのすぐ近くにこんなに素晴らしい渓相の川や沢が永久に残っていく事を願って止みません。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部