釣行会レポート

2012年9月8日(土)〜9日(日)

秋田県下最終釣行


リーダー:小幡、サブ:
 

参加者:近松、櫻井、伊藤、末永、中野、矢田部、関口、村松、
上野(信)、斉藤、小野寺、石下、八木、小幡
計:14名

交通:車4台(近松、村松、中野、小野寺車)

宿:秋田県秋の宮温泉「おなじみ荘」

費用:21,700円(保険込み)

天候:晴れ

気温:

概況:


 小野寺班(小野寺、石下、八木、小幡)は体調を大事にして8日朝立ちにて出発。東北道古川ICより47号線にて鳴子へ。駅前食堂にて昼食、仙秋サンライン(108号)にて鬼首峠を目指した。途中、江合川支流の軍沢川へ入渓、国道の橋から石下氏、小幡が入り、渓に沿う林道の最終地から小野寺氏、八木氏が入るが、渇水による高水温のためか、全くアタリもなかった。沢は仙秋サンラインに沿っているので国道から藪漕ぎで上流に入れば時期によっては期待がもたれると思われる。その後、宿に直行した。
翌日は解散後、鳥海方面へ転戦、子吉川を狙うがゲリラ的大雨のせいで増水濁り竿を出せず、白雪川へ向かうが、西側は渇水高水温で全くアタリすらなかった。奈曾の「白滝旅館」に泊まり翌朝、往路と同じコースで帰京した。小野寺班は全員ボウズと言うことでした。

中野班は9月7日、与野駅21時30分集合。メンバーは矢田部、関口、中野の3名。一路、東北道を北上する。
釣行河川は車単位で任意にとの小幡リーダー指示に基づき、我々は国道47号線沿いを釣行することにした。
ここしばらくはまとまった雨がなく、渇水が予想される。
3時に、108号線江合川鳴子大橋のコンビニで朝食を仕込み、夜明けまで休息とした。
鳴子温泉、鳴子ダム放水地点から上流に500m間隔で入河。最上流部に入った矢田部氏と関口氏が型を見た。中野は大物狙いでダム放流地点上下を攻めたがハヤのみ。早々に引き上げ小国川に向かう。予定では小国川本流を釣る予定であったが途中、白川橋を渡ったところで気が変わり、白川の下流域を釣ることにした。今年の6月に中野が良い思いをした場所でもあり、期待したが全員返り討ちとなった。それにしても水がない。
12時に新庄で昼食。日本蕎麦を期待したが生憎、お昼は中華そばオンリーとのこと。止む無く全員、冷やしつけ中華を食べる。
中華風ザルソバで中華メンをそばつゆにワサビ、酢、ごま油を好みでブレンドして食べる。人気商品らしいが我々の好みとしては二分した。
その後、役内川に向かう。天候はピーカーで川には水もなく釣り人もいない。宿に入るには早いし、新川井橋の脇にある龍神社(目覚め水)で休息することにした。矢田部氏は持参のウイスキーを目覚めの水で水割りを、ちびりちびりやりながら涼み、関口氏と中野は夕方位まで遊ぶことにした。水が少ないなりにポイントはあるが反応はない。たまにチビヤマメがでるだけ。餌釣りも同様、チビヤマメしか連れない。先行者がつり尽くしたのかも知れない。疲れが残る初日であった。
翌朝、冷や水橋から上流の仮称三平橋までを釣る予定であったが既に先行者が釣り始めていた。やむなく上流部に移動し三平橋下流域200mを関口氏と一緒に釣ることにした。昨日はかろうじてチンピラヤマメを見ただけであったが今日は朝マヅメで水温の低下からか、いきなり一投目から毛ばりに。8寸近くある。感激の1匹であった。その後、順調に毛ばりに飛びついてくるが中々キープサイズは掛からない。リリースを繰り返しながら何とか数匹キープできた。その内反応も遠のき時間となった。関口氏も数匹キープした。8時に宿にもどり、朝食。帰り際に3人で釣った10匹程度の魚を宿の従業員にプレゼントして一路、東京へ向かった。夕方には着いた。

近松班の櫻井、伊藤、末永、近松の4名は、第一ラウンドはかねてから、一も二も無く、これまでの釣行でも実績のある役内川本流を考えていた。ただ、今年の盆休みでの役内方面有志釣行では尺上どころか酷暑の上、例年以上の渇水で厳しい釣りを強いられた。そのため、他の河川の選択も考えたが、今年の東北方面には7〜8月とも台風どころかまとまった降水も無く、どこもかしこも渇水おまけに酷暑日続きであった。結局、消去法で役内本流を目指すことになった。車中でも、どうせクソ暑い上に渇水状況に変わりはなく、魚も出てこないだろう云々と、全く夢も希望も無く、戦意の湧かないこと甚だしい、ハンドルを握る手にも力が入らない。途中、鳴子温泉先から江合川を対岸に渡ったところのコンビニ(宮城県)で日釣券を求めるも今年から秋田側の釣り券は扱っていないとのことであった。
第一日目、早朝4時前には役内川に到着し、第一ラウンドは下流方面に分散したが、櫻井さんがヤマメを数尾ゲット、他は型を見た程度、第二ラウンドは、水量的にましであるが、先の有志釣行時に熊に出会ったので躊躇しつつ、大役内川に釣り場を求めたが、大した釣果はなかった。昼食を本流沿いのラーメン屋でとったが、外は既に炎天下であり、と言って宿入りには少々早いので雄勝道の駅(冷房の利いた休憩室)で午睡となった。午後2時頃となり、宿に入るが一番のりであった。
第二日目:朝釣りは、懲りも無く役内本流と大役内に分かれて入ったが、めぼしい釣果はなかった。本流川底には、例年には無い青い藻が繁殖しており如何に渇水かが分かるものであった、振り返れば、今シーズンは、自然が相手で仕方のないことではあるが、異常渇水と酷暑に負けた年であった。

村松班のメンバーは上野(信)、斎藤、村松の3名「きれいな水に育まれたイワナ、ヤマメを求めて」が今年の源流志向の仲間の合言葉。最後もそれにこだわり鳥海山山系「日向川の源流の女郎沢川」を目指した。出発が予定より1時間以上遅れで山形道寒河江インターを降りる頃、空はうっすらと明るくなり始め、目的地にはあと2時間はかかりそうで、心は焦っていた。
最上川沿いの国道47号をひた走り、月山から流れてくる立谷沢川出合いの頃は5時を過ぎ日も昇り始めてきた。条件の一番良い時間と、又過去にイワナの大型(40p)が釣れた立谷沢川に急きょ入渓することにした。
イワナの大物賞狙いに発電所の吐き出し口を目指す。それにしても川の水量が極端に少ない。この夏の異常渇水が影響しているのだろう。吐き出し口はそこそこにあるが良い時の半分ぐらいの水量だ。3人それぞれに竿をだし、まず上野氏がかけたがばらした。良型ヤマメだという。すぐにも2匹目をかけるが放流サイズ。村松もかけるが放流サイズ、それから何回かかっても魚籠には入らずであった。どうやら大型はついていないようだ。早めに見切り付けた斎藤氏が下流から戻ってきたが放流サイズばかりとのこと。この場所をあきらめ上流の深みの場所探しをしたが見つからず、あきらめて鳥海山に向かう。
日向川源流の女郎沢川の発電所取水口のさらに上流を目指し砂利の林道を走っていく。左から大きな支流の鹿俣川、白沢川を過ぎ、細い藪沢が入ってくる。この沢が15年も前に良い釣りをした私の隠し沢で、その後どうなっているか?上野氏はこうゆう沢が大好きなので入ってもらう。
斎藤氏と村松は小黒瀬川を過ぎさらに林道が大きく曲がるところに車を止め女郎沢川の最源流を覗く。沢ははるか下であり、林道の曲がる端から下へかすかな、急な踏み跡を頼りに下ること20分あまりやっと沢に出た。渓谷は原始の姿のままで苔むした美しい姿であった。斎藤氏と二人して感激してしばらくこの景色に見とれていた。思い直して竿を出す。大きな岩と石が組合わされたポイントが無数に続く。水は清く透明度高い。こちらの姿が丸見えになるので忍者のごとくしないと釣れない。なかなか当たりが来ない。泡のなかとか、落ち込みのわきとか工夫してなんとか魚籠に数匹確保したが・・・。渓相抜群魚影薄しか?斎藤氏も苦戦している。岩に古い水跡が15pほど上にあることからやはり水量が少ないのだ。先行者は車なしでは入れないはずなので、条件悪しということで、3時間余りで引き上げることにした。
上野氏の入った藪沢の近くで待機しているとやがて上野氏が戻ってきた。顔がほころんでいる。両腕を丸にしてOKのサインはグーなのだ。素晴らしい沢だよ。奥が深くて水量もまあまあだし、イワナが良型で綺麗だ。腹部の斑点が赤に近い橙で鮮やかだよ。一気に興奮した口調で告げてくる。
結局ツ抜けで一番の釣りをしたのは彼だけだったが良かった。
時計は3時、宿までは2時間はかかるので早々と宿に向かい、荒れた林道を県境峠越えで、玉田渓谷経由で笹子川、松の木トンネルを通り秋の宮温泉宿についたのが集合時間ぴったりの5時であった。結局大物が出なかったが水不足の条件悪い中でも楽しい釣りが出来た。

いずれにせよ、大型狙いでの最終釣行会は渇水にたたられ貧果に終わったが天候、料理、温泉に恵まれ「温泉とつりの旅」を楽しむことができた。




東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部