釣行会レポート

2012年10月14日(日)

家族慰安マス釣り大会

リーダー:近松幹事長、執行部
 

交通:自由集合

会場:小河内漁協 峰谷川渓流釣場
   午前9時30分〜午後2時(閉会式)

費用:2,000円(会員のみ、家族は無料)

参加者:27名(会員10名、家族17名)

天候:晴れ

気温:23℃(日中)

概況:


家族慰安マス釣り大会は、平素、勝手な釣り三昧に明け暮れている会員(殆どの?)から家族にお詫びする機会であり、東渓釣りクラブの歴史の中で、基本行事として根付いている催し物の一つです。今回も、大勢の家族の方々の参加で開催となりました。
昨年のお天気は今一でしたが、今年は、前々からの天気予報でも、週末土日は行楽日和の見込みで、参加者も(開催側も?)ほっとされていたことと思います。
当日、釣場には朝から秋らしい日差しが溢れ、気温も20〜23℃程と気持ちの良い陽気の下でのマス釣り大会となりました。渓流沿いには、アケビ、山栗、色付き始めた柿等が秋の風情を高めておりました。
前日から乗り込んだ準備隊による横断幕、卓子の他、トン汁、ヤマメ・イワナ塩焼、昨年から好評の焼き芋の準備も整い、予定の9時半には参加家族全員が集合、会長の開会挨拶もそこそこに、子供たちにはお菓子の詰合せを配り、第1回目の放流。待ち焦がれていたかのように竿が入ると同時に、「釣れた、釣れた!パパ、パパ!」と叫ぶ声がいっぱい。お父さん方は釣れた(飲み込まれた?)魚の処置やら、餌付けに大忙しでした。
暫くすると、第1回目の放流も場荒れした模様なので、トン汁、ヤマメ・イワナの塩焼き、焼き芋を振る舞うと、それぞれに手作りのお弁当を開け始めておりましたが、準備隊にも松茸の炊込ご飯が差し入れされました。ごちそうさまでした。昼食もつかの間、12時前に、2回目のマス放流を行いました。その後、14時に一応閉会としましたが、釣場閉鎖の17時まで、釣りまくっていたご家族もおられたようです。一家族15〜40尾のマスをゲットしたようです。ただ一点のみ残念な点は、マスのサイズがここ数年、段々小ぶりになってきたことが気になります。管理釣場の経営にもご苦労があるのでしょうが、以前の様なサイズを望みたいと思います。
この大会を開催するにあたり、会員からのご寄付、また、お酒等の差し入れを頂き、誠にありがとうございました。ここに、厚く御礼申し上げます。更に、前日から準備に加わって頂いた会員諸氏の協力にも感謝です。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2012  東京渓流釣人倶楽部