釣行会レポート

2013年3月2日(土)〜3日(日)

伊豆方面 解禁釣行

リーダー:近松、サブ:,
 

参加者:青木、小幡、小野寺、石下、今井、上野(信)
伊藤、櫻井、中野、村松、矢田部、近松

計:12名

交通:自由参加、車(車4台)

宿:静岡県 伊豆岩地温泉「海光苑」 пF0558-45-0006

費用:12,000円(保険込み)

天候:2日、3日晴れ

気温:日中15℃

概況:
例年解禁釣行会は、3月中旬位の開催であるが、今年は、3月2〜3日をこの釣行会とした。河津桜満開を楽しみにすると同時に、一方で、花見渋滞の心配もしていた。桜は5分咲き程度であったが、桜の季節の始まりを感じるには充分であった。天候はと云うと、昨年は雨にたたられた解禁釣行であったが、今年の春先も、天候不安定で2日の早朝は強い西風に悩まされた。釣果は、何せ伊豆はアユ放流が主流の漁協ばかりであり、渓流魚の釣果云々よりも、今回は解禁の「お祭り」が目的です。云うまでも無く記すほどの釣果はありません。翌早朝は、半分程度の会員が朝食前の釣りに出かけたが、散歩変わりの様なもの。気温的には15度程度あり、伊豆らしい陽気で、渓魚は出なくとも、渓流沿いでわずかばかりの蕗の薹の収穫もあり、蕗味噌で春を味会うことが出来たのでは、、、。
今年の宿も、昨年と同じ松崎町岩地温泉、「海光苑」とした。料理で評判でもあり、アワビの踊り焼き、金目鯛の刺身等期待どおりであった。館内が丁度模様替え工事の真最中で少々埃っぽい感はあったが、我々グループの貸切であった。
参加者は冒頭のとおり12名で、小野寺車(4名)、村松車(4名)、中野車(1名)近松車(3名)の車割となった。今年は、解禁と最終釣行会参加費の内、会から一部補助することにしたので、今回の各人の費用負担は軽減できた。

各車の動向は、
まず、小野寺車(小幡、小野寺、石下、今井)4名は、1日午前7時に登戸に集合、一路、東名沼津インターから西伊豆土肥山川へ直行、折からの強風の中、強引に竿を出す、小幡、小野寺氏は毛鉤にてそれぞれ型を見たが今井、石下氏は当たりなしで引き揚げる。宇久須にて昼食後は本命の那賀川を攻めたが今年は全く魚影が見られず全員ボウズ、宿は「海光苑」へ前泊した、夜半、前線の通過で雨嵐になったが、早朝にあがり好天になった。2日目(3月2日)、今井さんが仁科川の「辻道」前で大型魚を掛けるも引き上げ後にハリス切れにてバラしとても残念がっていた。午後は再び那賀川へ回るが昨日と同じく魚影は見られず唯一、小野寺氏の毛鉤に良型が浮いたとの事、それだけが(型を見た)事になるのかな。  

村松車は、現役大先輩の矢田部さんを迎え、青木、上野(信)、村松の4名で。東名川崎インターから沼津インター下車、狩野川沿いの国道136号をひた走る。天城越えのトンネルを過ぎて河津桜並木から河口近くのコンビニに到着が4時だった。日釣り券と朝弁を購入し、休憩する。
6時チョイ前で薄明るくなってきたので釣り支度。今年最初の釣りは昨年と同じく河津川水系で支流の大鍋川に上野(信)氏、村松の2名、荻の入川に矢田部氏と青木氏2名と分れて入渓した。昨年は大雨で増水の中での釣りで支流に逃げての釣りを余儀なくされたが今年は水量がベスト、昨日が解禁日初日なので2日目の今日はどうか?9時までの3時間で4人とも18〜20cmのアマゴ2匹づつでやはり当たりが遠かった。矢田部氏は支流を止め本流で竿出し、鮮やかな失点の濃いアマゴ2尾は実にきれいだった。河津桜が6分咲き位か赤桃色の鮮やかな色合いの花はいつ見ても春の息吹を感じる。早くも桜見物の客たちが茶店にぞろぞろと顔を見せ始めたので場所を上流に移動する。
青木氏、上野氏が寒天橋上流に入り当たりは頻繁にあるが木葉アマゴでビクに入らず。魚影を確認したことで満足して松崎に向かう。松崎を抜け

仁科川上流に入る。右の宮が原の土産店で地下千mからの深層水を飲むが実に旨い。
左川の大滝下の二又合流の大淵で上野氏が竿を出し粘るが当たりなし、あきらめ宿に向かう。3時に到着。すでに近松グループは風呂につかっていたが小幡会長グループはまだどこかで粘っているらしい。やはり解禁釣行は顔合わせで、これから渓流釣が始まるよという心の準備をするためと思う。

中野車は、前日夜発ちで向かうが途中、雨風が強い。この分だと早朝の釣りは無理であろうとの判断で途中、サービスエリアで休息、仮眠することにした。夜明け近くには雨も上り、好天に恵まれそうである。途中、マックで朝食を食べ、のんびりと、と思ったのもつかの間、先に進むにつれて車の混雑・渋滞が発生し、思うように進まない。やっとの思いで修善寺に着く。狩野川はさほど濁っていないが水量はある。いつもだと支流との合流点とか淵周りには大物狙いの釣り人がいるのだが思ったほど人がいない。大見川の本支流を見て回ったがここも釣り人がまばらであり、竿が立つ姿は見られなかった。時折、強い風が吹く。この状態ではテンカラは振れそうにないので釣りは諦め、少し早めに、いつものところでウナギを食べた。腹ごしらえが出来たところで船原街道で西伊豆へ向かった。途中、土肥山川で上流部にフライマンがいたのでその下で竿を出した。小一時間ほど頑張ったが何の反応もなく、早々に宿に入った。翌日は途中の菓子店で桜餅を土産に買い、帰宅した。

近松車(伊藤、櫻井、近松)3名は、最終電車で集合しての出発であった。2日の朝方は西風が強い予報であったので、特に西伊豆方面は釣りにならないだろうと考え、東海岸沿いに河津方面に向かうことにした。熱海、伊東と温泉街の灯りにうっすらとかいま見える海面は静寂そのもの、風などは全く感じられず、西海岸の風裏であることが実感させられた。
河津に着くと案の状、強風の吹き荒れ状態、あとはなるべく内陸に入るしかなく、蓮台寺温泉方面の稲生沢川水系に向かった。蓮台寺温泉付近の本流に櫻井氏が入り、伊藤氏と近松は上流の支流(稲梓川)に入った。2時間も釣っただろうか、櫻井氏から当りどころか、ウンもスンも無い、ハヤの子一匹出ないとの電話、こちらも同様。とある橋際に、「アマゴ放流云々○○漁協平成一六 年」とある看板表示が恨めしかった。兎に角、風も収まってきたようなので、河津川に戻ることにした。伊藤氏と近松は近くの田尻川に櫻井氏は河津川に入渓。田尻川は昔は何処の状況、護岸堰堤がビッシリで当たり無しで戻ると、櫻井氏が8寸級のアマゴを2尾上げていた。何とか一尾をと大鍋川に入るが伊藤、近松共に当たりも無かった
。その後、昼食を取りながら、宿のある松崎方面に向かった。再度挑戦と岩科川で竿を出すもハヤすら当りも無く、16時には宿入りした。
今年の河津桜は、開花が遅れていたようでしたが、やはり伊豆は暖かいが感想、春を感じさせてもらった解禁釣行でした。 


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部