釣行会レポート

2013年4月27日(土)〜4月28日(日)

天竜川水系遠山川釣行

リーダー:村松   サブ: 

参加者:青木、上野(信)、八木、村松

計:4名


交通:車1台

宿 :八重河内「島畑」

費用:17,000円

天候:

概況:

 4月26日(金)23時調布駅北口集合4名、青木車に乗って調布ICから中央高速道に入り、諏訪SAで小休止、松川ICで下車、国道59号を進み小渋ダムを経て青木川沿い(国道152号)に入り上流を目指す。
 1週間前にお試し偵察釣行を3人で入った青木川上流で、短時間だったが良型イワナが何本か釣れ有望だと判断してここから竿出しをした。
 朝もや立ち込める沢はまだ肌寒く感じる程で、所々残雪もある中で、八木氏は左の支流へ、上野氏は右の支流へ入り、青木、村松は青木川上流を目指し、林道ゲートをくぐり、大滝を超え沢沿い1時間渡渉して竿を出す。水量はかなりあり、渡渉は慎重に釣り上がるが一回も当たりなし、青木氏もエサをキジ、ブドウ虫、と変えてもだめ、村松は鬼チョロをとってやってもだめ、「渓相抜群当たりなし」である。林道ははるか上部にあり、入渓しにくく期待した沢がだめだったのでがっかりであった。
 9時に澄んだ水の小沢がそそぐゲート前の広場に4人が集合し、カレーラーメンを食べ、コーヒーを飲みながら情報交換をする。八木氏は堰堤がいくつもあり、できるだけ越して釣ったが当たりナシなのであきらめ本流に戻り、型を見たがすぐ釣り人に会いやめた。上野氏は先週良かったのに今回は良くなかったが、1本尺近いイワナをあげてきた。状況判断として青木川上流大滝より下流が良いようだ。林道沿いに釣り人の車がかなり止めてあり、5月連休の前半に入っているので釣り人が多いのだろう。
 腹ごしらえした後、国道152号を登り地蔵峠を越し、下ると遠山川の大きな支流である上村川に入渓する。渓相も雰囲気も素晴らしく釣り気を高めてくれるが、青木氏が橋の下の日陰で8寸アマゴを確保したのみ、あとの3人は顔すら見られずであった。とにかく水がきれいで透明度が高い。日が差すと当たりがパタッと止まるそんな感じで、毛バリ釣りかな?と八木氏と顔を見合わせる。
 釣りをあきらめ早々に宿に向かい国道152号を下って行くが、途中釣り人らしき車が止めてあり釣り人が多い。14時に宿の「島畑」に着き、主人と挨拶し、荷をおいてから宿前の梶谷川上流の支流2本に2人づつ分れて入渓する。
八木氏と村松は上流の支流がかなり水量があり有望だと思い入って行くとすぐに大滝にぶつかり大高巻きをしなければならず、明日早朝から入ることにして本流を偵察する。途中、淵あり瀬ありでポイントが多い渓相ですばらしい。しかしそこには若いルアーマンが盛んにかき回していたのであきらめ宿に戻る。青木、上野グループは当たりはあるけど、釣れるアマゴは小さくビクには入らずであきらめ、宿に戻って来た。
 宿は風呂場も、湯船も大きいのでまとまって入れるので助かる。食事はおかずが多種でおまけにそばもついて食べきれないほどであった。中でもアマゴの開きの一夜干しの焼き魚がとても美味しかった。家で今度やってみたいと思う。
 28日(日)4時起床、青木、上野組は小嵐川に入渓、村松、八木組は前日偵察済みの梶谷川支流に入渓する。3段の大滝は思ったより高く大高巻きが大変なので、ザイルを使い滝脇を登り、途中懸垂下降してさらに滝脇を登り、30分ほどで滝超えが出来た。その上流は素晴らしく、淵あり瀬あり、コケがむした素晴らしい渓相で八木氏と思わず顔を見合わせグーと合図する。1投目で早々と八木氏が7寸のアマゴを釣り次のポイントで村松も、しかしそれ以上のアマゴが出ない。1時間も釣り上がると沢が2つに分れ、水量は同じぐらい。左に八木氏、右沢に村松と分れて入るいくつか釣れるが沢が荒れていて水量も細くなり始めたので引き返すと、八木氏も戻っていた。左はナメになってポイントが少なく当たりがなかったとのこと。どうも二股迄らしい。1時間ばかりの僅かな範囲だがそこそこにアマゴがいて美しい渓相を保っていて楽しい思いをさせてもらった。帰りは沢から離れて杉林をめがけて下り、途中大崩のがれ場のトラバースが大変だったが無事下山できた。青木、上野組はアマゴは小粒でビクに入らず、上野さんが大和イワナを数匹釣って戻ってきた。
 宿で朝食を頂き10時に出発する。三遠南信自動車道で矢筈トンネルを通り飯田ICで中央高速道に入り途中SAで休憩して3時半には調布ICについて解散した。
今回の目的はかっての秘境遠山川の面影と雰囲気と、そこで育むアマゴや特に大和イワナにめぐり合うことだったので、釣果はあまりなかったがその姿を見れて、楽しい釣りが出来たことがなによりだったと思う。
  注意:入漁券 日釣り券 2000円、現地売り 3000円、年券 7000円


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部