釣行会レポート

2013年5月11日(土)〜5月12日(日)

真室川山菜釣行

リーダー:上野(信)   サブ: 

参加者:村松、桜井、八木、近松、青木、末永、谷田部、斉藤、上野(信)

計:9名


交通:車(3台)
   青木車:青木、斉藤、上野 近松車:近松、櫻井、末永 
   村松車:村松、八木、矢田部

宿 :新真室川温泉「関沢荘」 0233-62-2860

費用:21,000円(保険込み)

天候:
午前曇り午後雨

概況:

「私しや真室川の梅の花 コーオリヤ あなたまたこの町のウグイスよ 花の咲くのを待ちかねて コーオリヤ 蕾のうちから通って来る」の真室川音頭で有名な真室川が今回の山菜釣行の目的地です。
各車、東北道蓮田サービスエリアに23時集合し、沢割りを決め、明日の午後は雨の予報なので神室ダム下のキヤンプ場にて昼食てんぷら会、岩魚汁会を催すこととして、23時30分に蓮田を出発した。東渓の山菜釣行は2010年以来3年ぶりである。
青木車(青木、斉藤、上野)は、早朝に大荒沢に到着し沢の近くの林道を走ったが、途中で残雪のため源流には行けなかった、そこで上流部に上野、大荒沢下流部に青木氏、小荒沢に斉藤氏の沢割りにて釣りを始めた。
大荒沢は、雪解けで水量が多く川通しができず良いポイントに竿がだせなかった、水量が落ち着けばなかなか有望な川だと思います。小荒沢は真室川合流部から堰堤下までしかが釣りにならないとのことでした。また、源流部は、未だ春浅くタラノメ、コシアブラは硬い蕾状態で、フキノトウ、コゴミが旬であった。
3人とも岩魚で、型の青木が、まあまあの岩魚をあげてきた、まあ岩魚汁には間に合う程度の釣果でした。
村松車(村松、八木、矢田部)は、東北道古川インター下車、新庄、金山町に入る頃、夜明けでうっすら明るくなってきた。コンビニで朝食を買い入れ、春木川、外川合流点でまず八木氏が春木川へ入渓。水量はまだ多そうだが水色が笹濁りで良さそう。上流の外川合流点から矢田部氏が外川へ入渓。水量はまずまずこの分なら魚は動きそう。合流点より1km下がった春木川へ村松氏が入渓。渓相が抜群、木の葉は新緑がきれいだ。河原の芦もまだ伸びてなく釣りが楽そう。瀬、深瀬、落ち込み、淵と一通りエサを流してみるが深瀬で当たりが出る。20cm程のヤマメがポイントで時々当たる。2時間ほどでヤマメが程良く魚籠に収まったので外川へ矢田部さんを迎えに入る。
田んぼのはずれを外川が流れ、1km上流まで上がったり下がったりしたが矢田部氏の姿は無い。
林道の山側斜面にタラの芽、ホンナ、フキを見つけ、てんぷらの食材に頂く。間もなく矢田部氏がひょっこり現れ様子を聞くと、なんとか魚は自分の唐揚げ分は確保したので、山菜取りに切り替えたとコゴミとフキノトウをバッチリと確保されていた。
 春木川の合流点に戻ると橋のところで八木氏が待っていた。カラ揚げ用にとヤマメを数尾釣ったが良型は出なかったようだ。
 青木車に連絡すると、金山学校そばの前で待機中とのこと。学校そばに行き合流し、お世話になっていたおばちゃんたちに挨拶を済ませ、谷田部さん主導でタラの芽、ユリワサビなど山菜を取りながら、(源流では蕾でも、里では、タラの芽は食べごろでした)金山キャンプ場に向かった。
 金山川の源流域の山々はまだ残雪が多く、雪代も遅くまであり気温も例年より10日ほど遅れていて、3月末のどか雪が影響しているとのこと。
近松車(近松、櫻井、末永)は、朝霞で待ち合わせて、金山川、土合川へ向かった。ただ、いつも元気いっぱいの桜井氏が終始風邪気味で体調悪く、竿をほとんど出さず、車中でお休みであったことが残念であつた。釣果は、この時期らしいサイズで、水温的にもヤマメには低温すぎたのか、岩魚主体で、語るべき釣果はなかった。
12日 斉藤氏、上野は朴木沢川へ、村松氏は塩根川へ、青木氏、八木氏は外沢へ、村松氏は泣き尺の岩魚をはじめまあまのヤマメを、青木、八木も良い釣果でした。近松氏、末永氏は役内川へ様子見ながらのドライブ、途中小又川は雪代ガンガンで普段穏やかな渓からは、想像できないほどの水量でした。
11日の昼は東渓恒例の山菜料理のオンパレードです。岩魚、ヤマメのカラ揚げは2度揚げだから頭まで食べられる。タラの芽、フキノトウ、コシアブラ、ウド、コゴミのてんぷら。それに、ウルイ、コゴミ入りの味噌仕立ての岩魚汁。それから、矢田部さんに教わった、味噌をつけただけのヤマウドのサラダは絶品でした。
宿について
東渓で関沢荘に宿泊するのは、ずいぶん久しぶりみたいです。10年ぶりとか、宿のご主人が挨拶にこられて、たいへん懐かしそうでした。なぜか、温泉は塩分濃度が高く体が温まる名泉です。食事もなかなかで、宿泊料金を考えたらGoodです。これからも、東渓の常宿でどうでしょう。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部