釣行会レポート

2013年5月18日(土)〜5月19日(日)

日本渓流釣連盟 第21回懇親会
信州 小谷温泉方面
幹事:信州川蝉会

リーダー:中野   サブ: 

参加者:小幡、小野寺、石下、今井、村松、八木、上野(泰)、中野

計:8名


交通:車(3台)
   小野寺車:小幡、今井、石下 村松車:八木、上野(泰)中野車:単独

宿 :小谷温泉 大湯元「山田旅館」
   長野県北安曇郡小谷村中土18836 0261-85-1221

費用:15,000円(懇親会費+保険、交通費各自負担)

参加団体:日本渓魚会(4名)、つくば渓流会(3名)、岩魚会(4名)、
     東京渓流釣人倶楽部(8名)、個人会員(4名)、信州川蝉会(10名)
     姫川上流漁協(1名)、小谷村青少年育成会(1名) 計35名

天候:


概況:

第21回日本渓流釣連盟懇親会が信州長野の小谷温泉で開催された。
ゴールデンウイーク明けでの開催と言うことで参加者が集まるか懸念されたが今回の懇親会の幹事が交友である信州川蝉会と言うことで多くの会員の参加があった。
釣行は車単位とし、それぞれの想いの中、釣行を行い、17時までに宿集合とした。
小野寺車は18日、南武線登戸駅に午前6時30分に集合し、出発。メンバーは(石下、今井、小野寺、小幡)の4名。一路信州へ。中央道にて松本IC退路し、美が原より市内を流れる薄川と女鳥羽川(めとばがわ)にて毛鉤をたたくが反応なし。市内で「手打ちそば」にて昼食。その後、小谷へ直行した。釣果無し、予測どうりであった。
一方、中野車は前々日(17日)から、単独で新潟・富山方面へ。その足で懇親会に参加することとした。魚津に宿をとり、近辺の河川を毛鉤で釣った。各河川とも本流は雪代で水量も多く、毛鉤では歯がたたず、小河川、沢筋での釣りであったが毛鉤への反応も良く、6〜8寸のヤマメを釣ることが出来た。今年初めてヤマメの顔を見ることができ、大満足であった。翌日(18日)は余裕のせいか、疲れのせいか、ぐっすり寝てしまい朝マズメの釣りを逃してしまった。宿でゆっくり朝食を済ませ、小谷温泉に向いながら小川、早川、姫川の支流を見ながら向ったがこれと思う釣り場には既に多くの釣り人が入っていた。前日とは違い、土曜日であることをすっかり忘れていた。結局、誰もいない(帰った後かもしれない)虫川の合流で1時間位竿を出し、小型のヤマメを確認するに留まった。天気は朝から快晴で釣り人も多く、釣り場を探して回る気にもなれず、宿へと向った。運がよければ宿下の中谷川(なかやがわ)で夕マヅメにひと振りできるかもと淡い期待を掛けたが生憎、泥水の濁流状態で即、諦め、早々と宿入りした。
村松車の上野(泰)氏、八木氏、村松の3人は姫川支流の小滝川へ向かった。数日前に信州川蝉会小澤会長に情報を聞き今年は雪が多く、大所川のウド沢はまだ早く、小滝川が良いでしょうとのアドバイスに従い、小滝川に入渓を決めた。
中央高速豊科ICで降り白馬町を過ぎ、3時半ごろ、小谷の道の駅に着いたがまだ夜が明けず1時間ほど休憩し、夜が明けてから雪白で増水した小滝川に入った。川沿いの林道途中が土砂崩れで塞がり、左の山を大周りし高浪池迄登り、そこから小滝川へ下る。入漁券購入を忘れ、急いで求めに走ったが購入に時間がかかり、一番で入るつもりが1時間遅れとなった。仕方がないので30分位歩き、橋の前後から3人で竿を出した。1時間ほどしても3人とも釣れず。雪代の増水に気後れして、意気消沈してゲートまで戻る。
3人そろったところでどうするか2万5千の地図を広げ検討する。小滝川下流から山越えで姫川下流に注ぐ虫川の源流に抜けられそうなので向かう。
30分ほどで虫川の不動滝に到着。ここは名所観光スポットになっていて、大きな駐車場もあり、驚いた。不動滝の上流に行くと林道があるが途中地震の影響ではと思うが道が半分大きな断差になっていた。その手前で駐車して橋前後の虫川を1時間の約束で釣ることにした。1時間後各自8寸クラスのイワナを2〜3尾釣ってきたので、魚が居ることを確認し良しとして虫川を後にし、小谷温泉に向かった。
懇親会は幹事クラブの頑張りもあり、団体・個人会員で33名。また、姫川上流漁協、小谷村青少年育成会の代表を招き、総勢、35名での宴会となった。
宿は古く、江戸期建設の本館はさすがに国の登録有形文化財ということで歴史を感じたがスモーカーには厳しく、全館禁煙には参った。
翌日、濁りの残る中谷川に地元の子供たち(小谷村青少年育成会)、約20名を招き、山女魚の稚魚、約4000匹を放流した。また、豚汁も振舞われた。最後に全員で記念撮影し、解散となった。
漁協曰く、中谷川は上流で土砂崩れがあり、雪代、雨が降ると直ぐに濁ってしまうとのこと。雨の少ない時期に訪れれば釣りになると言う事であった。東京からそう遠くはないので機会を見つけて訪れて見たい。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部