釣行会レポート

2013年6月8日(土)〜6月9日(日)

奥飛騨高原川水系釣行

リーダー:八木   サブ: 

参加者:青木、村松、上野(信)、石下、小野寺、小幡、八木

計:7名


交通:車2台(青木、小野寺車)

宿 :栃尾温泉「むらかみ」

費用:19,000円

天候:

概況:

 今回参加者は7名で2台(青木車、小野寺車)に分乗し、出発した。青木車は栃尾の道の駅に3時に到着、夜明けまで仮眠する。4時起床、足ごしらえと釣り支度完了で出発する。村松は下佐谷へ入り、青木、上野(信)両名は以前から入渓したいと願っていた「赤谷」に挑戦する。対岸に高原川本流を渡渉出来れば時間が稼げるので挑戦、良好な天候がつづき、水量が落ちていたので二人で腕を組んでなんとか渡渉し、すぐに赤谷の出合に着き上流へ向かう。
 すでに1名の釣り人が先行していた。同じ多摩ナンバーでまだ30代ぐらいの若い単独行のフライマンで、簡単な自己紹介をしてから、彼は何回か経験しているらしく、身軽にひょいひょいと渡渉していく。どんどん先に行かれてしまう。やがて堰堤が出てきたがフライマンは堰堤には竿を出さないので堰堤に絞って釣りをやることにした。途中でデジカメを拾い、先行者が落としたに違いないので持って釣り上がる。
 7つ目の堰堤で、彼が降りてきて大型イワナを釣って写真を取ろうとしたが落としたことに気が付き探しながら降りてきたとのこと。拾ったデジカメを渡すとうれしそうにまた上流に向かって行った。
 堰堤ではまあまあの良型イワナを釣ったので、終了にして下った。コゴミの群生続きのソマ道らしいところを歩き、楽に下ることが出来た。渓相も良く、水量も雨が降らないこの時期でも適当にあるので良渓だと思う。(青木、上野の両氏の話)2名と分れた村松は下佐谷へ向かい上流二又手前のゲートから1qほど下流から入渓。今回はまだ釣り人が入っていないらしくラッキーだ。(昨年は途中、数台の車が止まっていた)
 傾斜のきつい灌木を頼りに沢に着くとホッとする。渓相はいつ来ても素晴らしい。大岩が多いので釣り上がりに苦労するが、ヤマメもイワナも良型が揃う。右に左に流れの強い瀬をなんとか渡りながら釣り上がる。ツ抜けになった頃、10時なので魚を処理し、急斜面を灌木を頼りに林道迄やっとの思いで上がった。これが大変しんどい。車まで10分足らずでたいして進んでいなかった。10時半に車止めに着き帰り仕度をしていると、上流からダックスホンダに乗って1人が降りてきた。よく見ると昨年知り合った立川からきている釣り人で、あちらも気がついて昨年お会いしましたねと声をかけてきた。ここのヤマメは日が昇って水温が上がってきたらよく釣れ出したね、水温が冷たいものと言う。確かに早朝よりだんだん良くなってきたのは感じていたが。
 11時に下に同僚と待ち合わせしているのでお先に失礼と分れる。
途中林道に水はけ用の深い溝があり、いくつか慎重にやりすごしたが林道が急な所で迂闊にも溝に前輪を突っ込んでしまった。しばらくすると何かシュウ―と音がしてガタガタしだしたので止めてタイヤを見回ると前輪左のタイヤバストしてしまった。少し下ったところに広場があったのでそこで止め、降りてくるダックスホンダを捕まえ、下で待っている2人に事づけを頼んだ。助かった―。
彼が行ってからなんとかスペアタイヤと交換し終わった頃2人が昇ってきてくれた。汗びっしょりでいっぺんに疲労感が押し寄せてきた。2人には大変申し訳なかったです。
 高原川本流添いに適当な広場があり気持ちの良い場所を見つけてくれていて、そこでカレーラーメンを作り、昼食にした。ラーメンをほおばりながらふと高原川本流対岸に黒いものがひょこひょこ下流に歩いている。犬にしては大きいし、熊にしては小さいか?どう見ても熊らしい。2人にも見てもらって熊だと確認した。下流100m先の深瀬を我々側の岸に向かって泳ぎだし見えなくなった。
 冗談にカレーラーメンの匂いにひかれてこっちに来るかも?なんて言っている間もなく、上野さんが熊が横切ったと目を丸くして言う。4m先の草むらからこちらに気が付き左に体を交わして横切るように行ってしまったと上野さんしか見ていない出来事だ。
 出合い頭の熊は危険だとよく話に聞くが、よく襲ってこなかったとホッとしたが、まだ親離れして間もない2歳のひよっ子だったのか?近くのバス停に5月6日熊が現れたので注意!と書いてあったのはこの熊だと確認した。
小野寺車の報告は確認出来ませんでした。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部