釣行会レポート

2013年6月15日(土)〜6月16日(日)

山形県鬼面川放流と釣行

リーダー:伊藤   サブ: 

参加者:斉藤、櫻井、柴田、村松、八木、近松、末永、菅野、伊藤

計:8名


交通:車2台

宿 :小町の温「やまぼうし」

費用:17,000円

天候:

概況:


 過去の多年に渡るヤマメ稚魚放流の結果と思われますが、型・匹数においても好調な釣果に恵まれていた鬼面川水系でしたが、倶楽部として放流の継続を止めてしまったことが結果か否かは不明ですが、この1、2年の釣果は目に見えて落ちてきました。
「釣った分を増やす」の倶楽部方針に従い、再度この水系に放流をすることに倶楽部の方針が定まり、県南漁協と相談の上、選択河川は小樽川と決め、15日11時に田沢の道の駅で県南漁協及び養魚場の方々と待ち合わせて放流する事に決まりました。
 参加者7名(村松車、斉藤・八木・柴田4名、近松車、末永・伊藤3名、敬称略)で放流事業を行う事で、蓮田SAに集合して、朝一の釣行地を小樽川上流と下流に別れて入渓することで決まり、11時に放流を行うために道の駅に集合を約束して小樽川へと出発をしました。
 道の駅に集まると特別会員の菅野氏も放流に参加され、県南漁協の方と共々放流箇所の確認などの打ち合わせをして放流箇所へ向かいました。
当日は養魚場のご厚意で4000匹の約束でしたが600匹ほど増して貰えて稚魚を頂けましたのでお礼を申し上げ、放流に望みました。
 放流の方法は、橋の上からバケツをフックの付いたロープでつり下げ、川に下ろして、岩の後ろの緩やかな流れにバケツを半分ほど水につけ、バケツの口を緩やかに川の水に下ろし稚魚が自分の力で川に出て行くようにして離します。
上下流域3箇所の放流も無事終えて、一旦、散会としてそれぞれが釣り場に散りました。
朝一の釣行結果としましては、近松車は、私(伊藤)と近松氏で下流域を探釣しましたが、何度も入渓している河川ですから有望なあの淵・この瀬など何時もアタリが有って竿を絞った場所は承知していましたが、狙えども狙えども音沙汰なしの手応えでアタリは遠く入渓してから暫くは困った状況でした。
本当に渓魚が減った事を実感しました。
何とか釣れないかと考えて、思いついてBのオモリに2Bを足してゆっくりと底を引きずるような流し方に変えてみたところ、アタリが出だして何尾か釣り上げる事が出来ました。
村松車は、ここ数年放流していない河川のヤマメ、イワナの生息状況を確認する意味でヤマメ稚魚放流予定地の近くに釣り場を求めることとした。
八木氏は大荒沢上流に、斎藤、柴田両名は最上流に有る民家の上流へ、村松は放流予定地の道の駅から1・5q下流へと分れ、釣り場に入渓した。久々の鬼面川の釣りに一抹の不安と期待が入り交ざった複雑の気持ちで沢をのぞく。
山々の木葉は初夏の初々しい色合いをなし、水量も結構あり、渓魚は早くも瀬に付いている気配。瀬を重点に餌を流してみると案の定、当たりがあり8寸ヤマメが顔を見せた。
瀬から次の瀬へ水量あるので渡渉も時間がかかるが、そこそこにヤマメが見られ、何となくほっとする。
かっての爆釣まではいかなくても、ヤマメが顕在であることがうれしい限りである。
10時に魚を処理し国道に上がり、仲間を迎えると、八木氏はイワナの型を見れたと満足そう。
初めて入渓した斎藤、柴田二人組もこんなきれいな渓谷にびっくりし、渓魚のあたりも頻繁にあり、充分に楽しめたと喜んでいた。
夕刻、やまぼうし(元、広重温泉)に宿を求め、慣れた部屋にわらじの紐を外し、湯につかりました。
湯は変わらず、肌当たりの良い温泉で疲れを癒やしてくれました。
ここは宴会場が無く(後から宴会場を作ったようですが)食堂での宴席となりましたが、県南漁協の島軒氏と武田氏に加え特別会員の菅野氏も放流から懇親会まで参加を頂き、放流の話・釣果の話等々が談論活発に行われ、良い時間が過ぎていきました。
 翌朝、一勝負をして宿で朝食を取り、散会と致しました。釣果については特筆すべきことも無く、それぞれがそれなりにそれなりにと言う所でした。
今回の放流に際し、ヤマメ稚魚購入予算3万円の他、会員から4万円の寄付を頂きましたこと、御礼申し上げます。全額を使う事なく残り資金(2万3千円余)が出ましたので、来年度に再度の放流事業の際に有効に使わせていただきます。釣行も無事、無事故で終えられた事が何よりでした。
稚魚たちが無事に生育をすることを!!


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部