釣行会レポート

2013年6月28日(金)〜6月30日(日)

源流キャンプ釣行



リーダー:青木、サブ:
 

参加者:上野(信)、村松、青木
計:3名

交通:車1台(青木車)

宿:1泊目 素波里キャンプ場  
  2泊目
 白神藤里和みの湯

費用:30,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:


 今年の源流釣行会は去年実施した藤琴川源流部・黒石沢上流の立俣沢、真名子沢、白石沢及び青森県境釣瓶落峠以北の湯ノ沢川、尻高沢その他の釣行を行う事になった。
 6月27日(木)午後8時、村松宅を出発。東北道〜秋田道に入り二ツ井インターを降りコンビニで朝食の弁当を購入し、ガソリンを入れ、藤里町を通り藤琴川沿いに上流に向かい途中、太良橋から藤琴川の水量を見たがかなり減水している、釣果は厳しい状況に思われたが、橋を渡り太良峡の先を左折し、黒石沢沿いに進みくるみ台キャンプ場を抜け、支流立俣沢出合い手前に午前6時に着いた。
 1日目、快晴の中第一ラウンドは11時まで。上野、青木は黒石沢上流の立俣沢を、上野氏は真名子沢、と沢割し各自好釣行を期待し入渓した。
上野、青木は減水している川を40分ほど渡渉してから釣り始め、素晴らしい渓相の中を4時間程釣り歩き2人共8寸〜9寸の腹部が黄色の美しい源流イワナを10本程?ビクに入れ11時に待合わせしている橋に戻った。
村松氏は二又右沢、真名子沢に入る。昨年は八木氏が支流中の又沢出合いから上流へ釣り上がったので、今回は八木氏が釣り終わった地点から上流を釣り上がろうと、荒れた林道跡を30分登り、そこから沢へ降り竿を出した。1時間ほど釣ると右から沢が入り、水量は半々位、右沢20mほど2か所のポイントを探ると8寸イワナを確認し、左沢が真名子沢本流なので戻り本流を釣り上がる。20分ほど釣り上がると堰堤にぶつかり、そこで9寸イワナが出た。これが今回の最大クラスであった。
堰堤の上流は伏流水で涸れ沢になり、30分歩くと石を積んだ堰堤にぶつかる。石畳みの間からちょろちょろと水が漏れていて堰堤の上に上がると上流はかなり奥まで沼状になっていた。ここで2万5千分の地図を広げ現在地点と上流を確認し意を決して沼の辺地を上流めざして歩いたが、藪とヘドロでなかなか前へ進まず、左上の林道に逃げ、上流を確かめた。10分ほどで橋に着き、沢の上流を見ると、かすかに水は流れている。地図上では150m上流で二又になり奥はまだ深いので水量が復活するやも?時間を見て上流の偵察はあきらめ荒れた林道を下り、立ち俣沢出合いまで1時間かかった。二人はまだ戻っていないので、橋下でミズナを頂き、今晩の夜食のおかずになった。水量が少ないのかイワナは8寸クラスが多く、尺物が出なかったのは残念だった。
 昼食は定番のカレーラーメンを食べ、昼食後は夜立ちの疲れもあるし、以前から上野さんの希望でもある焼き枯らしをやろうと言う事で早々に切り上げ、1日目宿泊予定の素波里湖ダムサイトのキャンプ場に向かった。
素波里キャンプ場に到着しすぐに流木を集め、火をおこしイワナを串に差し、焼き枯らしを始めた。まだ焼き上がらない5〜6本を残して温泉に入りに行こうと明日宿泊予定の和みの湯に向かった。ゆっくりとお湯に浸かり疲れをいやした。釣りの後の温泉は本当に気持ちが良い。
 入浴後素波里湖のキャンプ場にもどり焼き枯らしが全部出来上がっているだろうと思って、焚火を見たら串だけが落ちていてイワナは跡かたもなくカラスに食べられていた。火が残っていればカラスは近ずいてこないだろうと甘く考えていた我々の失敗である。白神のカラスは我々の想像以上に強かで、また一つ勉強になりました。
気を取り直して白神山レストハウスに行き、ジンギスカンと生ビールを頂きカラスの事はすっかり忘れ、釣りの心地よい疲れでいつもより酔いが早く宴会も早々と切り上げ、明日の釣行を考えてテントに入り早い眠りについた。
2日目も快晴、午前3時に起き早々に片付け身支度を終わらせ、予定していた釣瓶落峠に向かった。今回は去年上野氏が入って良い思いをした青森県境の釣瓶トンネルを出てすぐの尻高沢源流に青木が入る予定であったが、車を止めて川見をしたが水量が去年も少なかったが更に大分少ない、これでは釣りにならないと去年入った下流の青森県側に1q程先の橋の手前右川から湯ノ沢川支流の立俣沢に、青木と上野氏が入る事にしようと急いで向かった所、橋の手前に車が1台止めてある。ここも入っているのか、とガッカリした。
 本流を釣り歩いているのか、沢に入ったのか?全く分からないが、この川を渡渉して予定している沢に入るしかないと、気を取り直して杣道を降りて渡渉した。
10分程渡渉して先行者の足跡を発見した。本流を釣り上がっているのか、沢に入ったのか?分からないが、ここまで来たらとにかく上流に行くしかないと考え、渡渉したところ30分程して先行者に追い付いた。
我々と同年代位の2人組で地元の方ですか?と聞いたらそうだと言っていた。出ましたか?と聞いたら、当たりが余り無いと言っていた。
「すみませんが川に出来るだけ入らずに1時間程先迄行きますので(この先の沢に入るとは言えないので)、いいでしょうか?」と断ったが返事は無かったが「駄目だ」とも言われなかったので、黙々と上野氏と2人で上流の沢を目指した。
更に15分程渡渉しやっと上野氏が入る予定の去年八木氏が入った小沢に到着し、ほっと一息ついたのも束の間、後ろから1人の釣り師が渡渉して来た。地元だと言う。
この人曰く、「この川は釣れないよ」と言いながら(釣れないのに地元の人がこんな所迄、1人でしかも先行者を2組も追い抜いて来るの?)我々に何も断らずに先に行ったので、私は横になって一息入れていたが、入る予定の沢に入られたら元も子もないと、慌てて起き上がりその人の先に行こうと早足で歩いたが、50歳位と思われる地元の釣り師はさすがに健脚である、息を切らせながら付いて行くのがやっとである。
15分程して予定の沢が近づいたのでラストスパートを掛けやっと3m程先行し、私はここに入りますのでと言って汗だくになり、やっとの思いで予定していた沢に入る事ができました。
 地元の釣り師は何事も無かったような涼しい顔で上流に向かって行きました。
入ってしまえばこちらの物だ、と思い一生懸命歩いたので腹がペコペコである、腹が減っては戦は出来ず、とまず朝飯を食べる事にした。
出合から40〜50分位は去年釣っているので、その先から竿を出して何処まで魚が居るのか確認しようと思い竿を出し2時間位釣り上がったが去年と同じく尺近いのが7〜8本出た所で、5m位の滝に当たった、魚止めの滝ような?感じがしたのと、待合わせの時間を考えると無理して高巻きして行っても、釣る時間が余り無いと思いここで竿を納めた。
上野氏は沢の水量少ないのか小型が多く8寸クラス何本かという釣果。代わりにミズナを取ってきた。
村松氏は昨年青木が入渓した小湯沢へ入ろうとしたら、道脇にすでに釣り人の車が止まっていた。尻高沢本流まで5分ほどソマ道をくだり、小湯沢出合いで釣り人が入ったか注意しながら上流へ30分歩くが濡れた足跡もないので釣り人は本流へ入ったらしい。
 それにしても沢が荒れている。そこから竿出しで、2時間で沢がグット狭まり雪渓が現れ、イワナの型は良くなってきたがそれ以上は雪渓がなくならなければ無理なので引き返す。このあたりは両岸に「シラネアオイ」がびっしり群生していて、残念ながら花は1輪しか咲いていなかった。
本流へ戻り、まだ1時間あるので本流を登り、砥沢に入ってみた。昨年は荒れ川で、砂と石で埋まりポイントまで50mは歩く感じだったのが、渓相抜群に変わっている。
小湯沢と砥沢が入れ替わったみたいである。1年でこの変わりようだから自然の力はすごい。
 イワナは7〜8寸で何本か魚籠に入れ、戻り秋田フキの若い茎を頂き、土産にした。林道で時間待ちしていると迎えの車が来た。
12時近くになっていたので、去年と同じく釣瓶トンネル横の沢沿いに車を止めて昼食にしようと向かったが、これまた同じ場所に車が止まっている。こんな水の少ない沢に入ったのかと唖然とした。魚が居る事を知っている地元の釣り師であろう。仕方がないのでくるみ台キャンプ場に行き、これまた昼食定番のそうめんを食べる事にした。キャンプ場の屋根付きの涼しい炊事場で、薬味のみょうがやネギを切ったりしている内にそうめんも茹であがり、サバやサンマの缶詰めをおかずに、これも又たまに食べれば中々うまいのである。食べ終わって食後のコーヒーでも飲もうかと思って居る所に監視員が来た。
ここで釣るのですか?と聞かれたが、青森県で釣って来たがここはどうするか考え中ですと答えた。
一昨年から禁漁になった粕毛川上流域の今後の解禁見通しやら、地元の温泉旅館の話やら色々世間話をしている内に、監視員の人柄の良さが分かって来て、釣り券を買って放流に貢献しようと言う事になり購入しました。
現場売りは通常1500円ですが、1000円で良いとの事、益々気に入りコーヒーを進めて一緒に飲みながら藤乃瀬温泉旅館の女将さんの話等で更に話がはずみました。
 昼食後は黒石沢上流で釣り、午後6時に去年と同じ白神藤里和みの湯に到着し、いつも通りまず何をさておいても温泉に入り疲れを癒した。明日は道路渋滞が予想されるので朝食は7時にお願いして早く出発しようと言う事にった。
夕食は旅館の心のこもったおもてなしで満足、釣果に話も盛り上がり、釣りの疲れと温泉入浴で酒も一段と美味く、皆さほど飲んでいないのに酔いのまわりが早く8時頃に床についた。今回も天候に恵まれ、素晴らしい渓相と渓魚を堪能し、皆それぞれに良い思い出を残しての釣行であったと思います。
 一昨年迄釣行した白神山麓の粕毛川は禁漁区域が広くなってしまいましたが、世界遺産のブナ原生林に育まれた美しい渓魚が殖え保存されるのであればやむをえません、そのすぐ近くにこんなに素晴らしい渓相の川や沢が永久に残っていく事を願って止みません。






東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部