釣行会レポート

2013年7月13日(土)〜7月15日(月)

秋田・青森・岩手方面釣行

リーダー:櫻井、サブ:
 
参加者:近松、末永、村松、上野(信)、中野、櫻井

計:6名


交通:車2台(村松、近松車)

宿:
青森県 田子温泉    
  秋田県 大湯温泉「馬ぶち」 

費用:36,000円(保険込み)

天候:

気温:

概況:

 7月12日22時頃、蓮田SAに6名(2台)が集合。近松車(近松、上野(信)、末永)は熊原川に直行し、村松車は切通川を目指し、安代ICから八幡平市田山へと向かった。東北地方は数日間雨が続き、増水を心配しながら東北道を北上すると、仙台辺りから断続的に雨が降っていた。
7月13日、村松車は4時頃安代ICから田山方面に向かったが、途中で見える安比川本流は濁流となっていた。田山に着き、切通川および周辺の河川を見るも、どこも増水かつ濁流で釣りができる状態ではなかった。米代川上流の支流各河川も同様のため、鹿角八幡平ICから再び高速に乗り、安代JC経由で松尾八幡平ICまで戻り、釣りができる川を探して葛巻方面に向かった。
山形川、外川川も濁流のため更に久慈市方面に移動し、久慈川上流でようやく竿を出した。ここは増水、ささ濁りにため活性が良くほとんどのポイントで釣れたが、小型のため大型を求め安家川を目指すこととなった。
 NHKドラマの「あまちゃん」の舞台である久慈市を通り、水量、濁りも適度な長内川を横に見ながら安家川に10時頃着いた。安家川本流はささ濁りながら増水のため移動が困難で、型を見た程度であった。長内川上流の戻り「べっぴんの湯」で昼食を摂り、その後禁漁区を避け長内川に分かれて入った。ここは多少増水しているものの濁りも薄く、小型ながら釣果があった。
 14時30分過ぎ、久慈市経由で一路宿泊地である「田子温泉」へと向かった。早めに着いたため、熊原川本流、杉倉川の様子を見に行き17時過ぎに宿に入った。
近松車は朝一番で十文字川経由で熊原川に着いたが、どちらも濁りと増水のため、午前中は熊原側支流である種子川、相米川、午後からは杉倉川等を釣り多少の釣果があった。また、末永君が杉倉川で大型のヤマメをバラしたとのことであった。
6時前には全員が風呂に入り、宿サービスの「ニンニクの醤油漬け」をつまみに夕食前にだいぶ出来上がっていた。
 7月14日、4時頃釣り場へと出発、熊原川本流はまだ水量が多いため、近松車は相米川、村松車は杉倉川へ向かった。相米川はほぼ平水に戻り、杉倉川も水量が多いながら条件が良くなり、両車とも十分な釣果であった。
 朝食後は、車のメンバーを入れ替え村松車(村松、上野、末永)はヤマメ・イワナ狙いで長木川の支流へ、近松車(近松、中野、櫻井)は小坂川へと移動した。(途中の大湯川は増水と濁流で竿を出せる状況ではなかった。)
近松車は、砂子沢川合流点に櫻井、その上流の小坂川に中野さん、支流の新遠部沢に近松さんが入った。砂子沢川合流点に入った櫻井は増水でポイント移動も困難なため、砂子沢川へと移動した。ここでは一瀬で小型ではあるが多数ヤマメが釣れた。
近松車は小坂の町に戻り、昼食後、荒川川と小坂川の合流点に移動。近松さん、中野さんの2名と櫻井に分かれ、小坂川本流に挑んだ。櫻井が荒川川との合流点から上がったところで近松さんから電話があり、上流100mで釣っているが大型ヤマメが釣れたとのこと。櫻井が2人の所に行くと、8寸〜9寸のヤマメを近松さん、中野さんがそれぞれ1匹釣っていた。櫻井も同ポイントに入り、その後3人がそれぞれ1匹釣り、合計5匹の釣果となった。全て8寸以上で、幅広の本流ヤマメであったが、サイズを測ってみると、エサ釣りで中野さんが釣った28pが最大であった。
 17時頃、近松車は大湯に戻り宿に入った。途中大湯川を見るも、増水と濁流のため明日も釣りができる状況ではないと思われた。村松車は、長木川支流の3河川に入り、良い釣りもあったようだが、それぞれ多少のトラブルがあったとのことで、17時過ぎに宿に到着した。
 風呂上がりに一杯を始めたところで夕食の案内があり、食事処へと移り、今日の釣りと色々なトラブルの内容で盛り上がった。翌日の沢割りは、村松車(村松、上野、末永)が堀内川、近松車(近松、中野、櫻井)が小坂川本、支流と決め就寝した。
 7月15日、4時、村松車は堀内川へ、近松車は小坂へと向かった。近松車は、荒川川で中野さんが降り、小坂川本流の昨日のポイントに櫻井が入り、近松さんは再び新遠部沢に入った。新遠部沢は水量が極端に減っていいたため、近松さんは、小坂川本流に戻り、櫻井が入ったポイントの約100m上流に入った。小坂川本流での釣果は昨日同様に8寸〜9寸のヤマメが近松2匹、櫻井3匹であった。
 堀内川に入った村松車も水は多いものの濁りはなく好条件であったようである。大湯川との合流点から村松さんが入り、その上流の好ポイントに上野、末永が入る予定であったが、車の停め場所を間違えたため想定していた場所を釣ることができなかったとのことであるが、それでも十分な釣果があったようである。
9時過ぎに宿横で魚分けを行い、小型を除き1人15〜16匹程度の釣果であった。9時30分に宿を出発、途中菅生PAで昼食を摂ったが、3連休のためかなり混雑をしていた。矢板付近で事故渋滞情報が出ていたため、上河内SAで解散式を行った。事故渋滞が2か所あり、近松車が朝霞台駅に着いたのは18時30分頃であった。
今回の釣行会は初日の川の状態は、かなり厳しいもので3年前の釣行会の二の舞となるのではと心配したが、だんだん状況が良くなり、最終日はもう1日位釣っていたいと思う程であった。参加者のみなさんお疲れ様でした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部