釣行会レポート

2013年9月7日(土)〜9月8日(日)

秋田県下最終釣行


リーダー:小幡、サブ:
 

参加者:近松、櫻井、伊藤、末永、中野、矢田部、上野(泰)、
村松、上野(信)、小野寺、石下、八木、小幡
計:13名

交通:車4台(近松、村松、中野、小野寺車)

宿:秋田県秋の宮温泉「おなじみ荘」

費用:21,800円(保険込み)

天候:
気温:

概況:

 小野寺班(小野寺、八木、石下、小幡)は夜行を避け前日の6日午前5時に川崎を立ち東北道蓮田SAにて朝食とし、山形道に入り終点まで一気に走った、午後より月光川の周辺を探索するが場荒れ気味かアタリすら無かった。釣りはあきらめ定宿である奈曾の白滝旅館へ向かう。
 7日は小雨模様の中、奈曾川で八木氏がヤマメを3匹得ただけで水温が下がったのか毛鉤組はボウズ、その後、鳥海山を越え子吉川にて石下さんが11匹と好調で八木氏は3匹。小幡氏と小野寺氏は相変わらずボウズであった。それにしても石下さんの毛鉤ばかりが好調なのが不思議であった。
その後、松の木峠を越えて集合地の秋の宮温泉「おなじみ荘」へ入った。8日は夜間より大雨で朝食前のつりは断念した。(報告小幡)
 近松班のメンバーは伊藤、櫻井、末永、近松の4名というか、いつもの面子、昨今は会員が少なくなると避けられない現象か。我々はどちらかというと、ヤマメ派。村松車はイワナ派、会長車はテンカラ派と三タイプになってしまった感があり、どうしてもこの興味対象毎のグループで行動することが避けられない状況であります。今回もこの典型的パターンでの釣行となった。これも会員数の6割程度が実働会員(釣行会参加可能者)と言われており、現会員30名弱では16〜19が限度なので致し方ないことにしても厳しく、寂しい現実です。役員のなり手もなく、高齢化もあり・・・。ボヤキはこの位にして、本題です。
 近松車は、今年も役内川本流を目指すことにした。古川ICから鳴子温泉を経て、江合川を対岸に渡ったところのセブンイレブンで年券を持たない二名が日釣り券を求めた、昨年だけはどういう訳か、ここ宮城県側で秋田県側(雄勝漁協)の釣り券扱いが無かったが、今年は復活した様だった。昨年は両者の思惑が一致しなかったのでしょうか、世の中、何かにつけ「商魂と利権のバランス」から成り立っていることを感じる。又、話が脱線・・・。
 ここ数年来9月の役内川は渇水状態の時ばかりでまともな釣りにならいことばかりであった、今年の水量、水勢は8月末の状況を聞くに、まずまずとのこと、是非とも大型ヤマメをゲットしようと心昂る。当日午前3時過ぎに新川井橋(目覚めの水)に到着、ほんの少々の仮眠後、役内川本流を新川井橋から寺沢橋の下流までに四名が分散して入川する。貴重な第一ラウンドであり、4時間程の実釣とした。さて、釣果はと云うと、水量は決して渇水ではなかったが、大型賞になり得る尺上は出ず仕舞で、そこそこのサイズが数本ずつと言ったところ。
 あとは夕マズメを期待することとして、大役内川、院内方面を探釣したが、ついに大型にはめぐり合えず、結局、夕マズメもダメとなり、この時点で、今季の大型賞狙いは幕引きとなりました。でも、まだ明朝、本流でのチャンスがあると思いながら淡い期待を抱き、宿に入り宴を迎えましたが、現実は予想外。まさか夜中の大雨により翌朝は釣りにならなくなることなど、この時は露知らず。(報告近松)
 村松班(上野信、斎藤、村松)はヤマメ、イワナ大型賞対象魚がまだ出ていない今年度最後の機会の釣行で、大型魚が出そうな川として山形県新庄近くの小国川水系の上流域を目指した。神室山を水源として秋田県側の役内川、山形県側の金山川、土内川、小国川上流域が良渓で好まれた釣り域であり、中でも小国川上流域は穴場的存在として狙ってみた。
 夜明けとともに空がしらけてきた頃、最上町の国道47号沿いにあるコンビニで入漁券を購入。まず、支流の大横川を探ってみることにして橋から上流に適当に3人分れて入渓する。
 夏が終わり秋に入ってもまだ夏草が茂り、川の中も葦の密集でポイントまでの移動に苦労する。おまけに水量がまったく少なく、渓魚の活性がどうか心配であった。
やはり当たりは少なく、釣れてもこっぱヤマメが多く、なんとか7寸クラスのヤマメが1本出たころに上野、斎藤両氏も合流しそれぞれ同じ状態を確認する。が、もう少し粘ってみようと、上流をめざす。
 2mほどの堰堤の淵で上野氏がヤマメを釣り、さらにねばっていたが後が続かず上流に向かった。何となく気になり、後攻めであったが、落ち込みの裏側にエサを入れ泡の中に沈めていくと糸がとまりぐぐっと竿を絞り込む。合わせを入れると重い手ごたえ、慎重にやり取りしながら引き寄せると白い腹をみせ、うねっている巨体はイワナで35pは超えていそうだ。腰を据えて最後はタモに入れ引き上げる。見事な大イワナだ。ひさしぶりに興奮し、気持ちの良い疲労感を味わう。その様子を上野、斎藤両氏も見ていて、すごい、やりましたねと祝福の声をかけてくれる。上野氏がさっそく写真に収め、巻き尺で計ってくれると、35・5pあった。二人はがぜんやる気を起こし、上流にむかったが、大したことはなく、予定の時間で林道に上がり車まで戻った。
 やはり水量不足で特にヤマメは石や葦の根元にもぐっているのだろう。
次に白川を本流出合いから釣ってみたがだめ。さらに絹出川をのぞいてみて上野氏が8寸ヤマメを確保して格好をつけてくれた。最上町で昼食を取り、宿へ向かう途中気になっていた新田川も探ってみるも、アブラッパヤばかりであきらめ、役内川の宿に向かった。
この35・5pのイワナが25年度のイワナの部の大物賞になった。ありがとうございます!(報告村松)
 中野班(矢田部、上野(泰)、中野)の3人は昨年と同じく最上小国川を釣ることにし、22時頃に浦和ICより、一路、古川ICへと向かった。
途中、コンビニで朝食を済ませ、明るくなるまで仮眠した。
矢田部、上野両氏は餌釣りで中野はテンカラで場所選びが難しい。先ず、白川の法田橋で川の状況を確認。水量は少ないが釣りになりそうであった。既に橋の下には1台の車が止まっており、まだボンネットは暖かい。先行者はフライマンのようだ。これより上流はC&R区域なので多分、上流部へ入ったと思われるため、橋から下流部に向けて3人で分散して入川した。8時過ぎまで釣り、ほどほどの型をキープした。水量が少なく毛ばりに分があるようだ。
 第二ラウンドを求め、近くの小河川を見てまわるが何処も水量が細く、ボサも多く、釣り難くそうなのでお昼まで小国川の本流を釣ることにした。
3人で大横川の合流点から前後に分散し、入川。第一投目から毛ばりに反応があり、短時間で良型が数匹釣れた。矢田部さんも餌で同じように釣れた。
昼も近くなり、蕎麦を食べることにした。事前に中野が調べていた新庄の手打ちそば「庄司」に行った。一軒家の古民家の店で有名店らしくお客も多く来ていた。
3人3様と好みの蕎麦を注文。記憶は曖昧だが「鴨かいもづ(上野)」、「ニシンそば(矢田部)」、「合いもり(中野)」だったと思う。聞きなれないメニューの「かいもづ(餅)」とはいわゆる「そばがき」のことで、そば粉をお湯で丁寧に練った餅のようなもので、蕎麦好きの究極の食し方だそうです。「合いもり」はもり蕎麦で太麺、細麺のセットで蕎麦の歯ごたえ、香りが味わえる。
お腹が膨れたところで一路、宿のある、役内川へ移動した。役内川で時間つぶしに竿を出したが釣果なしであった。
 翌日に期待したが深夜の雨で増水、ゆっくり温泉を堪能した。後で分かったことであるが白川は昨年までは法田橋からダム下までC&R区間であったが13年6月20日から廃止されていたとの事。(報告中野)
各車の報告は以上の通りです。釣果はまずまずであったが前年越しの大型賞で村松氏がイワナで35・5pを釣り上げたことはおめでたい事であった。(報告小幡)



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部