釣行会レポート

2013年10月6日(日)

家族慰安マス釣り大会

リーダー:近松幹事長、執行部
 

交通:自由集合

会場:大丹波川国際虹鱒釣場
   午前9時30分〜午後1時(閉会式)

費用:2,000円(会員のみ、家族は無料)

参加者:42名(会員13名、家族29名)

天候:曇り時々晴れ

気温:22℃(日中)

概況:

シーズン中は休日ともなれば勝手な釣り三昧に明け暮れている会員から家族に対するせめてもの罪滅ぼしの機会として企画された家族慰安マス釣り大会は、東渓釣りクラブの歴史の中で、基本行事として根付いている催しものの一つでもあり、今回は最近にない大勢の家族の方々の参加で盛り上がりました。
 今年は、「これまでの管理釣場が遠い、魚(マス)が年々小型化している」との会員の意見もあり、これらを満足するために大丹波川国際虹鱒釣場で開催することになりました。同釣場は運営もしっかりしており、東京から比較的近く人気もあり、当日も団体専用釣り場には我々を含め4団体と、盛況であったが、正直、池の数が充分に確保できるか不安がありました。肝心のお天気は、前日の土曜日は雨模様でしたが、日曜日は曇りで一時お日様も覗くような予報となり、参加者も安心されたことと思います。
当日、釣場は、朝の気温も20℃程度で気持ちの良い陽気の下でのマス釣り大会となりました。一方、前日から乗り込んだ準備隊によるクラブの横断幕&のぼり、卓子等の設置の他、トン汁、ヤマメ・イワナ塩焼、一昨年から好評の焼き芋の準備も整いました。開始予定の9時半前には参加予定の全家族、会員が揃い、開会の挨拶もそこそこに、児童にはお菓子の詰合せを配り、第1回目の放流、各池に一斉に竿が入ると同時に、カツオの一本釣りのように一気に引き抜く子、竿を持って右往左往する子、様々。
お父さん方は釣れた魚の処置、鉤の付替え、餌付けやらに大忙しでした。 
暫くすると、第1回目の放流も場荒れした模様なので、トン汁、ヤマメ・イワナの塩焼き、焼き芋を振る舞うと、それぞれに手作りのお弁当を開け始めておりましたが、準備隊にも松茸の炊込ご飯等が差し入れされました。今年もごちそうさまでした。少々早めでしたが昼食前の11時半に、2回目のマス放流を行いました。その後、13時過ぎに一応中締め(閉会)としましたが、釣場閉鎖の16時まで、しっかりと釣りまくっていたご家族もおられたようです。釣り上げたマスの数もまあまあ、サイズもまずまず、でも、何といっても、家族、会員同志の交流ができたことが何よりでした。
 この大会を開催するにあたり、会員からご寄付、差し入れを頂き、誠にありがとうございました。また、吾妻山養魚場様より、塩焼き用のヤマメ、イワナを提供いただきました。ここに、厚く御礼申し上げます。更に、前日から準備に加わって頂いた会員諸氏の協力にも感謝です。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2013  東京渓流釣人倶楽部