釣行会レポート

2014年3月1日(土)〜3月2日(日)

伊豆方面解禁釣行

リーダー:近松   サブ: 

参加者:小幡、小野寺、今井、石下、今井、村松、
      矢田部、上野(信)、櫻井、中野、八木、近松

計:12名



交通:自由参加 車(4台)

宿 :伊豆岩地温泉 「海光苑」

費用:8,000円

天候:1日晴れ、日中12℃、2日早朝小雨後曇り

概況:
 この報告書を纏めていますが、小幡会長は3月21日に亡くなりました。
解禁釣行会にいつもと変わらず元気に参加した小幡会長が、まさかこの解禁釣行が終わった4日後に倒れ、二週間余後には帰らぬ人になってしまうなど、この釣行時に誰が想像だにしたでありましょうか。生きとし生けるものの宿命とは云え、只々、世の無常を感ぜずにはいられません。ご冥福をお祈りします。
 今年も恒例の解禁釣行会を故小幡会長が好んだ松崎町岩地温泉「海光苑」泊で行ったが、たまたま解禁日が3月1日(土)に当たったため、3月1〜2日がこの釣行会となった次第。解禁ならではの釣果をそれなりに期待しての釣行会でありますが、釣果云々よりも、解禁の「お祭り、お祝い」が主目的です。また、河津桜見物を楽しみにすると同時に、一方で、花見渋滞の心配もしていた。河津桜は文句なく満開であった。1日の早朝は強い風に悩まされた。釣果は、後段のとおり、八木氏と村松車のメンバーがそれなりの釣果を挙げた。翌早朝は、夜半からの雨が止まず、にも拘らず、朝釣りにはやはり、村松、上野両氏が出かけ、アマゴをあげてきました。
日中の気温は12〜13度でしょうか、伊豆らしい陽気で、渓魚は出なくとも、満開の河津桜と菜の花に、春を感じることが出来たのでは、、、。宿の料理では、アワビの踊り、金目鯛の刺身等期待どおりであった。昨年は館内が丁度模様替え工事中であったが、今年は綺麗に模様が済んでいた。

各車の動向は、
まず、小野寺車(小幡、小野寺、八木、石下、今井)は6時から小幡、八木、石下三氏の御宅へと回り、今井さんを登戸駅で待ち合わせし出発。東名川崎ICに乗る前に近くのファミリーレストランで朝食をとる。東名高速に乗ると厚木の先で多重事故があり、厚木まで70分の表示で大渋滞。何とか渋滞区間を乗り切り途中足柄SAでトイレ休憩をし、沼津ICで降りる。伊豆縦貫道が完成し、沼津ICから伊豆半島中央部まで直結したので走行してみたが、そこもまた渋滞、河津桜見物の車が集中したためかとも思われる。
宇久須についたのが昼少し前、蕎麦屋に入り昼食をとる。昼食後、宇久須川下流部に小幡さん。石下、八木両氏は上流部へそれぞれ入渓。今井さんと小野寺は皆の中間辺りへ。左足膝じん帯を痛め杖をついてのワンポイント釣りをするが、いつものポイントで例年だと必ず数匹が釣れるのだがアタリもなく魚影も確認されずにボウズ。午後4時に集合し、それぞれの釣果を確認。八木さん3匹で竿がしら、あとの4人はアタリもなくボウズといった貧果に終わる。我々の合言葉:解禁釣行はお祭りだから。(小野寺)

 村松車メンバーは矢田部氏、上野(信)氏、村松で、(昨年は青木氏が参加していたが今年は建築業界が4月の消費税値上げを前に超忙しく参加できず残念)3人の乗車となった。東名高速道で沼津ICさらに伊豆有料道で修善寺ICまで伸びて直通で行けるようになり、非常に速い。東京23時発、途中休憩30分、天城超えから河津に着いたのが3時だった。今回も昨年同様に河津川で初釣りをする。コンビニで入漁券を購入し6時から明るくなる。釣り開始まで仮眠する。空もしらけて、川沿いの河津桜の満開の姿が鮮やかに目に移り、あまりの美しさに見とれる。
6時釣り開始、峰大橋下の大堰堤で3人バラバラに入渓し、1時間ほど様子見したが、水量は昨日の雨で多かったので期待できるかと思ったが逆で、3人で八寸アマゴ1本しか釣れず、あきらめて今回狙い目の七滝上流に向かった。矢田部兄さんは昨年良かった荻野入り川出合いから初景滝、釜滝まで、上野(信)氏、村松は釜滝上流へ入渓した。釜滝上流は七滝の内の3個の滝壺に竿出しができ、深淵から幸先良く八寸アマゴを抜きあげた。下流部の放流アマゴとは違いヒレピンの赤見かかった淡麗な魚体だった。この上流には民家はなくよごれなき自然の美しい渓相になるのがうれしい。 まもなくして下から一人の若いルアーマンがいそいそと深場を中心にルアーを引いて上がってきた。仕方なく上野氏と車で上流を移動し、500mほどのつり橋の前後で竿出ししてみた。相変わらず渓相は抜群によくしかし魚影なしであった。しばらくして上流からもう一人の若いルアーマンが降りてきた。仕方なく車で上流にもう少し行くと、多摩ナンバーの乗用車が止まっていて、若いカップルのフライマンが釣り支度をしていた。やはり車で出入りできる区間は釣り人が多いのは仕方がないかと釣りをあきらめ、上野氏の来るのを待った。上野氏は得意の小さな支流を見つけ入ったが、10pにみたない木葉アマゴは居るがビクに入れられるものはいなかったとのこと。間もなく下流にいる矢田部兄さんからもう上がって茶店の前で休んでいるからと電話が入ったので、茶店まで戻った。茶店の主人は50代ぐらいで漁協の関係者でもあり、矢田部さんに釣り場情報を詳しく話してくれたらしい。そんな親切な気持にほだされ、この店で昼食のワサビ山かけそばを頂きながらさらに詳しく情報を聞くことが出来た。主人の話は2日前には淵にアマゴが群れていたのが昨日の雨による増水で散ってしまって魚の姿がみえない。放流は初景滝までで上流は放流が無く天然魚だから時期はまだはやい。やはり下流が今の時期の狙い場だと云うことだった。
土産屋で花ワサビとワサビ漬けを仕入れて、午後は2時間ほど下流部を攻めることにした。水量が多く渡渉に苦労しながら、深瀬を丁寧に探り、なんとかヒレピンの八寸アマゴ3本釣り上げなんとか格好をつけられ初日の釣りを終わらせた。宿に向かう途中はピンクに染まった満開の河津桜並木を堪能しながら、下田街道から稲生沢川、婆娑羅トンネルを通り、那賀川、松崎町岩地温泉まで1時間半の道のりはさすが長い道のりだったが無事到着、暖かい温泉で体を休めることが出来た。(村松)

 中野車は、いつものことではあるが余裕をもって夜半に自宅を出発した。
途中、天城峠は先の大雪の名残で残雪も見られ、気温も3℃と低い。フロントガラスが真っ白になる。凍結注意の標識もでている。安全運転で河津へ向かう。4時半頃に河津川に着き、コンビで入漁券を購入した。河津川の入漁券は数箇所で販売しているが早朝に買えるのはこのコンビにだけだ。店員にどれ位売れているか聞いたら10枚程度とのこと。あとで分かったことだが先着の村松車が既に3枚買っているのでこの時点では約半数を東渓で購入したことになる。入漁者が少ないのか多いのか半信半疑で夜明けを待つ。
 予てから恒例のポイントとしている峰大橋から温泉下までを釣り下がる事とした。早々に釣り支度をし、土手横で駐車している車を横目で見ながら入渓した。一投、二投と竿に力が入る。何の反応もない。水量は多いが水温が低いのか、毛ばりを躍らせたり沈めたりと集中して反応を見るが何の変化もない。ふと周りに気配を感じ、左右を見ると居るわ居るわ湧いたようにつり人が居る。解禁日と言うこともあり、我慢してしばらく竿を振るが反応はまったくなし。周りのつり人も釣れているような気配はない。時間が経つにつれてつり人が増え、前後をつり人が往来する。嫌気がさし、退却することにした。車で上流域を見て回ったが何処もつり人が入っている。早々に河津川を諦め、西伊豆へ移動した。先ずは那珂川を見た。つり人は見かけない。河津川に比べ、水量は少ない。下流域から上流域を転々と竿を振るが、ここも反応が何もない。岩科川に移動するも結果は変わらず。何の反応もないまま遅い昼食をとった。15時に宿に着き、最近始めたエギングで時間つぶしをした。結果は言うまでもなくゼロであった。伊豆での解禁釣行会、何時もの結果だが今年も渓流釣りのスイッチが入った。(中野)

 近松車(櫻井、近松)2名は、海釣りもできる折角の伊豆でもあり、1日の午前中は海釣りとして真鯛・イサキを狙い、下田外浦港嘉福丸に乗船した。北東の強い風が吹いていたが、釣り客6名で出港、我々はイサキは狙わず長ハリスで真鯛を狙うも、掛かるのはイサキばかり(当たり前?)であった。
昼からは強風も収まり、櫻井氏と二人して河津川に入渓。櫻井氏は峰大橋前後、近松はずっと下流部に入渓した。一時間強ほど粘ったが、ハヤ以外には釣れず早々に宿のある松崎方面に向かった。16時半に宿入りした。
今年の河津桜は、我々を来るのを待っていたかの様に丁度満開でした、やはり伊豆は暖かい、人情も暖かい、伊豆ならではの解禁釣行でした。(近松)

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2014  東京渓流釣人倶楽部