釣行会レポート


2014年4月19日(土)〜4月20日(日)

岩手県閉伊川水系釣行

リーダー:村松   サブ: 

参加者:青木、伊藤、上野(信)近松、櫻井、村松

計:6名


交通:車(2台)近松車、上野車

宿:横沢冷泉 「静峯苑」

費用:24,000円

天候:晴れ

概況:
 2011年3月11日の東日本大震災があって、岩手県陸中海岸方面の釣行はしばらく自粛していたが、昨年から個人的には、風評被害を跳ね返しこの地方の活性化を促す意味で訪れ始めた。
3年目を迎え世間的にも久慈市の「あまちゃんストーリー」人気にも高揚され、三陸鉄道も一部復興となり、活気を取り戻す雰囲気になってきました。会としてもそんな思いも込めて宮古閉伊川水系の釣行を計画しました。
 4月18日(金)22時東北道蓮田SA集合、6名参加で沢割の確認をし、小本川も含めての計画であったがとりあえず雪白を考え閉伊川支流群を中心にまずは昨年秋に好調だった刈屋川を全員で入ることを確認しました。
東北道道、那須高原SAの頃は気温2度と寒く先が思いやられそう。3時半南盛岡IT下車、宮古へ向かう国道106号へ入り、途中、コンビニで朝弁を購入する。
国道106号は新しく整備され、山間部の曲線部が少なくなり、トンネル、高架橋建設で直線部分が多くなり時間短縮された。午前4時10分頃区界峠を超える頃は空もしらけ初めたが、気温が−3℃と非常に寒く、車内も暖房を入れなければならず、道路の凍結が無かったのは幸いであった。
 閉伊川本流は早朝では雪白は多くはないと思ったがかなり多いようだ。川井村を過ぎ過ぎ茂市に入ると刈屋川が合流する。岩泉線が刈屋川沿いに走っているが今は使われていない。道は小本川へ抜ける国道340号に左折する。信号手前の国道沿いにコンビニがあり、入漁券発売の旗が立っていたが、刈屋川が釣れるかどうか?はっきりしたら購入しようと思い通り過ぎて、刈屋川の刈屋部落まで行った。ここで右岸から倉沢、左岸から北山川が合流するが、ここから上流部が釣りポイントで、6人の沢割を行う。足の達者な櫻井氏が本流に入り、青木氏が倉沢へ、上野氏が北山川に入る。伊藤氏と近松氏はさらに上流の安庭川、岩穴川合流の水量が少なくなった本流かこの支流に入ることになった。村松は本流下流の袰帯地区の橋から入渓。8時までの3時間余りを第1ラウンドとして釣る。
 刈屋川はかなり水は太く川通しでは行けなく、大きな淵で粘り釣りしかないと決める。8寸ヤマメとイワナをあげたところが橋の手前の淵で、橋から人影が見え、何か話しかけられる。監視員で入漁券を持っているか尋ねられ、購入することにした。1日分1,000円が現地売りで倍の2,000円取られてしまった。コンビニで購入しなかったことを悔やんだが後の祭りだった。
 さらに上流へ行くがアップダウンの繰り返しでかなりきつく、あまり進まない。浅瀬から深瀬に変わったポイントで8寸ヤマメをあげる。川岸には所々でカタクリの花が咲き気持ちを和ませてくれる。8時前に上がり、刈屋部落に戻ると青木氏はイワナが小さいと、櫻井氏はヤマメ8寸クラスを2本上げていたが沢通しがきつく大変だったようだ。上野氏も戻りイワナが小さいとのこと、沢はヤマメが出なかったようだ。近松、伊藤組から携帯が入り、みんな集合しているので戻るよう促し間もなく全員集合する。
 第2ラウンド、櫻井氏は更に本流を青木氏と村松は伊藤、近松組のあがった本流上流にはいり、伊藤、上野、近松組は宮古市近くの長沢川に向かった。
 朝のうち気温が低く淵狙いが、日が川にも差してくるとヤマメは瀬に出始めた。青木氏も8寸ヤマメを釣り、面目を保てたと顔がほころんでいた。櫻井氏はあいかわらずしっかりと釣ってくる。12時に茂市のコンビニ近くのそば屋に集合し、昼食のそばで腹こしらえをする。かなりのアルバイト後で尚さら美味く昼食を頂いた。ちょうどこの時期は桜が満開で、こぶしや部落の庭の花も色とりどりに咲いていて春爛漫、沢ワサビやカタクリの花も美しく良い季節になってきたところだが沢は雪溶け水で多く、釣は今一早いのかというところ。
 第3ラウンドは閉伊川支流の達曽部川に5人、夏屋川に1人2時間余り入渓、達曽部川はイワナの中型、夏屋川はヤマメが遊べる程度に出た。
少し早めではあるが16時まえには横沢鉱泉「静峯苑」に入り温泉に浸り体を温めホッとした。夕食はとくにご飯がおいしいと酒はほどほどにして食べる方に気持ちを入れた。
 20日(日)午前4時出発、青木、上野、村松グループはイワナ狙いで吉部沢入渓。伊藤、櫻井、近松グループは昨日ヤマメが狙えた夏屋川へと向かった。吉部沢は小屋部沢出合い200m上流から林道が雪で埋まり車が入れず、やむなく下流でつることになり、ヤマメイワナがそこそこに釣れたが宿の朝食8時までなので忙しい行動になった。近松グループもヤマメが楽しむ程度に出たがやはり忙しい釣りを余儀なくされた。
 宿の前で魚分け、記念写真を取り、9時に出発。10時には盛岡南ITにはいり、ひたすら東京へと帰りを急いだ。なんとも申し訳ございませんでした。村松のこの日の出勤時間17時に間に合うよう、皆さまの協力に感謝でございました。
 4年前に閉伊川本流と支流に入渓したころは7月初めで水量も本流が沢通しが出来る状況で釣りやすかった。魚も型が良かった。やはり雪白が収まり、本流が川通しできる時期に釣ればもっと楽しめると思う。参加者の方々お疲れ様でした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2014  東京渓流釣人倶楽部