釣行会レポート

2014年5月17日(土)〜5月18日(日)

真室川山菜釣行

リーダー:上野(信)   サブ: 

参加者:櫻井、八木、近松、末永、柴田、矢田部、斉藤、上野(信)

計:8名


交通:車(2台)
   上野車:八木、柴田、斉藤、上野 
   近松車:矢田部、櫻井、末永、近松 
   
宿:真室川温泉 梅里苑

費用:20,000円(保険込み)

天候: 午前曇り午後雨

概況:
 昨年に続き2年連続での真室川山菜釣行です。昨年は残雪が残り、山菜には早過ぎたので、1週間遅らせたのが、吉とでるか凶とでるか。
 各車、東北道蓮田サ−ビスエリアに22時に集合し、沢割りを決め、近松車は院内川、上野車は外沢川とし、明日11時に神室キヤンプ場に集合ということで各車目的地にむかった。
上野車は早朝に外沢川に到着し、柴田氏、斉藤氏が外沢川、八木氏が朴木沢、上野が外沢川と沢割を決め10時からは大荒沢で山菜採りと決め釣りを開始した。ところが柴田氏、斉藤氏の入渓ポイントを間違えて下流すぎたみたいで、尺ヤマメと思ったら、尺バヤでハヤのみでした。八木氏は朴木川と隣の塩根川で尺上の岩魚を釣ってきました。これが今年最初の大物賞候補です。余談ですが私が八木氏の大物賞の立会いをしたのは平成21年度の窪堤川での山女魚以来2回目になりますが、あのときも今回も魚さんに空気を吸わせてタモを使わずに、抜きあげたとのことです。
外沢川の上野は、たくさんの犬に吠えられて(犬の多頭飼いの民家有)伊藤氏のポイントをパスして、てんぷら用の岩魚、山女魚を数匹だけでした。
 10時に大荒沢にコシアブラ採りに向かいました、昨年は残雪で林道がふさがっていましたが、今年は雪がありません、コシアブラは何とか採集できましたが、かなり大きくなっていました、タラの芽も同様です。コゴミとフキノトウ、および山ワサビは旬をすぎてしまっていました。この頃に山菜採りに来るのは難しい。
 昼は恒例の野外てんぷら会、上野車は、なんとかコシアブラ、ウルイ、山ウドなど山菜は確保したものの天ぷら用の岩魚、山女魚が少ないので心配したが、さすがに近松車の釣り師逹、院内川でよい釣果、食べきれないほど釣っていました。 天ぷらは、やはり斉藤さんはプロ、油の温度管理がおいしく作るコツだそうで、山菜の天ぷらも岩魚、山女魚のてんぷらもおいしくいただきました。尺岩魚が2匹も入った贅沢なイワナ汁も格別でした。
 今年はキャンプ場でイベントがあり、地元の奥様逹がいろいろサービスをして下さり、矢田部さんいろいろ何を話していたのでしょうか?
 てんぷら会のあと、柴田氏、斉藤氏は外沢川の少し上流のポイントに入りしっかりと山女魚を釣ってきました。
 翌朝は、八木氏は静養で、柴田、斉藤両氏と上野は塩根川へ車を使った堰堤の拾い釣りをやりました。今朝の雨の影響はなく、川の水は平水で、雨もあがり、まあまあの釣りができました。途中で地元の釣り師に会い真室川の某支流の昨年の釣果を教えてもらいました。あそこで2日続けて100匹釣れた、あの川はたくさんの岩魚がいる。・・・
いくらなんでも、自然の渓流で100匹?山形弁では、8匹をヒヤクピキと発音すると勝手に解釈しました。
でも本当かもしれないので、その支流の名前は秘密です。来年入ってみます。
近松車の報告
 近松車には、櫻井、末永の両氏に大先輩の矢田部氏の4名で、前夜21時朝霞で待ち合わせし、集合地点である蓮田SAへ向かった。我々への沢割は、院内方面となった。古川ICから鳴子温泉経由、秋の宮温泉を通り、夜も夜も白々とし始めた頃、雪シロがガンガンの役内川本流を横目に見ながら院内方面に向かった。院内はこの時期らしいグットな水量、水勢で、全員安堵する。院内の街ハズレから、矢田部氏と近松氏が入る。櫻井、末永両氏は、我々の上流2km辺りで十分一沢に入る。
 当日の釣果は、この時期らしく、ヤマメには低温なのか、イワナも混じり、十分一沢に入った櫻井さんが良い釣りをしてきました。てんぷら会用の唐揚げ用も確保し、途中、13号線沿いを少々遅すぎた山菜を探しながら、11時に神室キャンプ場で皆さんと合流した。その後、金山川に挑戦したが、水量多く、貧果に終わった。
 翌朝は、矢田部さんは静養、櫻井、末永、近松の3名は、小雨の中、結局、前日と同じ院内方面の上流部を釣ることになった。夜中から降雨も幸いしたのか、釣果はまあまあでした。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2014  東京渓流釣人倶楽部