釣行会レポート

2014年5月24日(土)〜5月25日(日)

日渓連懇親会釣行

リーダー:中野   サブ: 

参加者:今井、石下、上野(泰)、中野

計:4名


交通:車(1台)中野車
  
宿:福島県二岐温泉「柏屋旅館」

費用:21,000円

天候:晴れ

概況:
 今年の幹事グラブは日本渓魚会で福島県下の二岐温泉 「柏屋旅館」で開催された。
ゴールデンウィーク明けと言うことも重なり、人気のない釣行会ではあるが何とか4名の参加があり、日渓連と幹事クラブへの面目を立つことが出来た。22時30分に都営新宿線の東大島駅に集合。
久しぶりの南会津方面での釣行であり、近年の状況が不明の中、南会津は釣り場も多いが人も多いと思われ、時間的余裕から喜多方方面まで足を伸ばすことにし、釣り場は一ノ戸川とした。
3時半頃に会津坂下ICを降り、近くのコンビニで暫しの休憩と朝食を調達した。朝冷えのせいか寒い。一ノ木に4時過ぎに到着。薄暗い中、川を見るがかなり水量があるみたいだ。夜明けまで川の状況を見て回り、釣り支度をする。
昨日に降った雨のせいか、水量は多く入拠ポイントに苦労する。
今回は餌釣りが上野さんと今井さんで石下さんと中野はテンカラ。上野さんには早稲谷合流点から入渓、8時まで頑張ってもらった。
今井さんは安全地帯での餌釣り、一緒に中野は毛ばりを振る。その下流域を石下さんが毛ばりを振った。飯豊山からの雪代か凄く水が冷たい。
8時に集合し釣果を確認。全員、オデコ。アタリもないとの事。毛ばり釣りでは納得だが餌にアタリが無いのが残念。7時過ぎに監視員がきたので状況を確認したら、魚はかなり入れているようだが水量が多いのと水温が低いため、活性はかなり低いとの事。日中は気温も上がり少しは期待できそうだが上流部で工事をやっていて、工事が始まると濁りが入るとの事。
陽も昇り、暖かくなり第二ラウンドに期待したが濁りが出てはどうしようもないので一ノ木川での第二ラウンドは断念し、昼食を兼ねて喜多方に移動し、田付川の下流域で再び竿を出す。
上野さんと今井さんは少しお疲れ気味で休憩。石下さんと中野が毛ばりを叩いた。何とかヤマメの型を見ることができた。
喜多方と言えばラーメン。出来れば評判の店でと言う事で早めに釣りを切り上げ、ラーメン屋(はせがわ)に直行。少しの待ちはあったが思った以上にすんなりとテーブルに着けた。
16時までに宿の集合なので余りのんびり出来ない。食事の後、余裕をみて一路、宿に向かった。途中、鶴沼川の状況を確認しながら、道の駅で休息していたら余裕のはずがギリギリの宿入りとなった。
16時からは水産総合研究センターの中村智幸先生(水産学博士)のミニ講演が開催される。
休憩する間もなく講演会場へ入った。参加者のほぼ全員聴講した。
講演は「渓流魚の効率的な保全と増殖の方法」で興味ある講演で17時までの予定あったが質疑応答が白熱。5時半に一旦、お開きとし、懇親会後に再び、先生と懇親することになった。
急いで風呂を済ませ、懇親会に臨んだ。
18時から日本渓魚会、荒川氏の司会で懇親会が始まり、20時まで参加者と懇親を図った。
懇親会開始に当たり、故小幡日渓連副会長と岩魚会、会長の佐藤氏の急逝に伴い、黙とうを行った。また、宴会の席に故小幡会長惜しみ、影膳が用意されてました。幹事クラブの配慮に感謝。
参加者は4団体と個人会員で28名。ゲストとして中村先生、漁協など、5名の参加があり、総勢、33名となりました。
宴会途中の抽選会では全員空クジなしと言う事で、我々はお酒や毛ばりセットの景品を頂いた。
東渓からは会報誌「いざない」を参加者全員に配布した。
特に中村先生は佐々木一男名誉会長のファンであり、そのエッセイが掲載されていることで喜んでいました。また、会則にあるサイズ、尾数制限について感心されてました。
20時からは別室で講演の質疑の続きが行われ、酒を酌み合いながらの質疑で盛り上がった。
勉強になった事は
・放流稚魚は小さい方が良い(4p)
 できれば、親魚放流がコストパフォーマンスが良い
・飲み込んだ針は外さずテグスを切ってリリース
・血が出た魚は死ぬ
などなどが事が分かった。
翌朝、朝食前の釣りはナシ。早めの朝食を済ませ、放流場所の戸石川へ向かった。
地元の小学生、保護者、10名強を交え、約3500尾のヤマメの稚魚放流を行った。また、地元の新聞社の取材も受けていた。10時過ぎに放流も終わり、解散となった。
途中、白河で手打ち蕎麦を食べ、帰宅。15時過ぎに集合場所である東大島駅で解散した。
道の駅から眺める新緑が美しく、まさに森林浴に浸ってしました。
釣行会と言うより森林浴ツアーと言ったところです。お疲れ様でした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2014  東京渓流釣人倶楽部