釣行会レポート

2014年6月7日(土)〜6月8日(日)

奥飛騨、高原川水系の釣行

リーダー:八木   サブ: 

参加者:青木、上野、村松、八木

計:4名


交通:車(1台)青木車
  
宿 :栃尾温泉 民宿むらかみ

費用:16,000円(保険込み)

天候: 曇り時々小雨

概況:
 高原川は故小幡会長が1982年(34年前)8月21日、会の釣行で37センチのヤマメを釣り上げ、魚拓を今宵の宿に飾られ、毎年渓流釣り、鮎釣りと楽しまれた河川で今年も参加予定でしたが弔い釣行となり残念です。
6日(金)夜11時、小雨降る調布駅前に4名が揃い出発。前日5日に東京地方が梅雨に入り、本日は東北地方が入梅となった。中央道の走行も小雨で小淵沢を過ぎると雨脚も強く感じられたが、松本IC近くから雨も降らず路面も乾いており一路、栃尾の道の駅を目指す。
道の駅到着が午前3時前で20台程の乗用車が止まっており、釣り人かしら?と思うも40分程仮眠をとり、釣り仕度を整え、4時に出発。
 第一ラウンドは跡津川で出会いから上野、八木が入り中流を青木、村松で集合時間の午前10時まで5時間程攻めるが下流部はポイント多いも上野氏が7寸程のヤマメを2匹のみ。青木、村松氏はヤマメ、イワナを数匹といまいちの結果。
 昼食を双六川出会いのレストランで済ませ第二ラウンド。八木のみ未釣果のため、沢釣りで見込める打保谷川の中流部へ上野、その上流部の沢へ八木、その上流部に青木、村松が入り4時集合で別れる。結果は全員ヤマメ、イワナを「ッ抜け」成らずの8寸を頭に、先ず先ずの釣果で1日を終わる。
 栃尾の定宿「むらかみ」に5時過ぎ到着。女将さんより故小幡氏のお悔やみを受け、先ずは入浴をし、愛竿の手入れを済ませ夕食。ビール乾杯も2本を女将さんから香典代わりにサービスして頂く。明朝釣りのため、早めに就寝。即、全員バッタンキューでした。全員60過ぎの体で夜行運転はきついかな。
 早朝3時起床、3時半出発で上野、八木は下佐谷下流部から。青木、村松は白水谷合流の沢上谷(ソウレダニ)の堰堤上からで8時集合。釣果は全員ヤマメ、イワナを数匹ずつ得る。8時半宿に戻り早速朝食を済ませ、宿前で釣果を分配し、9時半出発。途中、平湯温泉の朝市で青木氏のおごりでコーヒーを済ませ、帰路へと向かう。
今回の釣果は8寸サイズのヤマメ、イワナを頭に7寸前後が多数で型がいまいちでした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2014  東京渓流釣人倶楽部