釣行会レポート

2014年7月4日(金)〜6日(日)

源流キャンプ釣行



リーダー:村松、サブ:
 

参加者:上野(信)、斎藤、末永、近松、八木、村松
計:6名

交通:車2台(上野、近松車)

宿:1泊目 素波里キャンプ場  
  2泊目
 白神藤里和みの湯

費用:テントグループ 25,000円、1泊宿グループ33,000円

天候:晴れ

気温:

概況:

 今年の源流釣行は残念なことにリーダー青木氏が直前に家族にご不幸があり、6名の参加となりました。お悔やみ申し上げます。
釣行場所を昨年と同じく白神山系藤琴川源流と釣瓶落峠越え青森側の沢を予定していたが、昨年の夏季に局地的大雨水害によりこの方面の林道が不通になり、今工事が始まる状況で、急きょ水沢川ダム上下本流、支流と早口川ダム下本流と支流に変更を余儀なくされた。
 7月3日(木)前夜発、21時東北道蓮田SA集合、4日の釣行河川と沢割を確認し、会費集金をすませ、東北道、秋田道を走り、途中3回の休憩をはさみ能代東IC下車。
*7月4日(金) 1日目 朝4時30分、コンビニで朝食、飲み物を調達して釣り場の水沢川に向かった。コンビニでの情報ではここしばらく雨は降ってないとのこと沢の水量が少ないであろうと危惧せざるを得ない。
 広域農道の景色は夏の木葉と田畑も緑色濃く、朝もやの後の日が暑くなりそうだ。ダム上流の源流域に上野、斎藤、八木各氏がそれぞれの沢に入渓、ダム下は末永、近松両氏がダム下中間帯に村松はその上流にと分散し入渓する。1年ぶりの水沢川も懐かしくもうれしくもあり渓魚が少しでも復活していてくれていればと期待しつつ竿を出す。葦がかなり高く伸び、クモの巣が張って糸に絡み振り込みにくい。仕掛けを短くしてポイントへエサを落とす。目印が右に左に走り魚がエサを咥えているとみてすかさず当たりを取ると竿先がククっと引っ張られる。竿を立てると幅広の7寸ヤマメが身をくねらせながらぶら下がる。竿をたたみ手元にヤマメを引き寄せると、途中でポチャッとヤマメが落ちてしまう。次次と同じく、4回もくりかえした。水量が少なくどうも警戒しているのかエサの咥えが弱いようだ。
 錘を軽くしたり、エサをブドウ虫に変えて見たり、キジを大小試したり、小端ヤマメは掛かるが良型が落ちてしまうのには参った。日が昇り水温が上がり始めてようやく良型をビクに入れることが出来ホッとした。雨が降り水量が増えれば活性がもっと高まり型もよくなるだろうに。
そんな都合のよいことを考えているうち時間が過ぎっていく。なんとか片手くらい良型確保して約束の時間となり道路に出る。車まで300mぐらいだからたいして進んでいなかった。
 近松グループに携帯で電話すると沢で迷子になっているとのこと。周りの状況を聞き、登り口を指示して20分後になんとか道に出てもらえた。水沢川は一度入ってしまうと川の周りが崖で立っているか藪が深いかで出口が見つけにくい。
近松、末永両氏も同じ現象で、良型は何回もバラし悔しい思いをしたらしい。子ヤマメが多いので先々は有望とのこと。
 11時に約束の集合場所に行くとすでに上流グループ3人は到着していた。ダム上流グループは沢がかなり荒れていて平川でポイントが埋まっていてかんばしくなく期待どおりにはならなかったようでお気の毒でした。
昨年夏の大雨のキズ跡は相当なものだったようだ。白神山系の沢は回復までにはしばらく時間がかかりそうである。
 昼食のカレーラーメンが空腹を満たしてくれ、コーヒーをすすり、第一ラウンドで終了。素波里キャンプ場めざし1時間強の道のりを走った。素波里キャンプ場に着き、早々にレストハウス細田お姉さんに2日間お世話になる旨挨拶し、テントキャンプの用意と焼きガラシする火起こしの準備をする。上野、八木氏が手頃な薪を集めてくれ、近松末永氏の魚のくし刺し完了。2か所のU字コンクリート溝の焚火ではヤマメ、イワナの焼きガラシと飯ゴウによるお湯沸かしが始りキャンプらしい雰囲気になった。
 18時からの夕食前に近松、村松は火の番兵、(昨年は焚火が大きく燃えていたのでカラスは大丈夫だと油断し留守にして焼き魚そっくりたべられてしまった)後の4人は温泉に向かった。焼きガラシが8分がた出来上がった頃、風呂グループが帰り、素波里レストハウスの美味しい羊肉焼肉セットとビールと旨い地酒を頂き1日目の労をねぎらった。
 夕食後焚火を囲みミズナのおひたし、缶詰をつまみにイワナの骨酒を堪能し、釣り談義に一時楽しく過ごした。ついでにカジカの骨酒も味わってみたがサッパリ味で飲みやすいがイワナ程美味ではなかった。
焼きガラシをペーパータオルと新聞紙で包み、コンテナボックスに大事に保管して、20時30分、この日は全員がテントにて就寝。
 7月5日(土) 2日目 3時30分起床、4時キャンプ場出発。今日も快晴か?東の空は薄赤くなっているから崩れる前兆か?早口川まで国道7号に出て大館方向へ走り1時間で早口川入口に着き左折し上流の支流の味噌内沢出合い到着。
上野車グループが橋から川を覗くと「一同いいじゃん」と水量、渓相が良く見え期待してイワナ狙いで入渓。近松車はさらに上流の薄市沢出合い迄行くとダム発電所方面の林道が2km上流でがけ崩れの為通行止めのゲートが張られ上流は諦めざるを得なかった。
 高祖沢方面の道にかかる橋から本流を覗くと水量は少な目だが何とか釣りになりそうだと思い上流へ近松氏、末永氏二人が入渓。下流へ村松が入る。何年か前に入渓した時はもっと水量があったが今回はあまりに少ない。回り込みながらの下り釣り、瀬でもって当たりは頻繁にあるが木端ヤマメが多く、良くて20cmから7寸までで8寸クラスが出ない。所々水中岩のコケをナメタ鮎のハミ跡が見られる。ビクに入らないがヤマベ釣りの感覚でよく釣れる。300mぐらい下り、なんとか片手くらいの数を確保したので竿をしまい車まで戻った。
 味噌内沢に入ったグループは早々に戻っていて車の後ろで待機していた。味噌内沢も例外でなく、めちゃめちゃに荒れていてどの沢もアウトということだった。
まもなく近松グル―プも戻ってきた。ヤマメは良く当たるが木端ヤマメが多く、最後に末永氏が8寸ヤマメを確保したと微笑んでいた。良かったです。
地元の車がゲートをあけ上流で鮎釣りをしていたそうで、次から次と鮎釣り師がやってきてゲート前で諦めきれない顔をして近くの橋まで行き入渓していた。この辺は鮎釣りのメッカらしい。
ヤマメ、イワナ釣りはやはりダム湖の上流らしい。残念ながら今回は入渓できなかった。
 昼食は適当な良い場所も見つからず、素波里キャンプ場へ戻りそこでソーメンを作り食べようということにして、1時に戻り準備を始めた。昼食のソーメンつくりは水道施設完備のキャップ場なら安心してゆっくり余裕を持ってできるので出来栄えは最高の美味でした。
 午前中消化不良だったイワナ釣りグループ(上野 斎藤 八木)と若手の末永君4人は粕毛川水系で唯一釣りの出来る内川本流と支流をめざして第2ラウンドに挑戦、出かけた。
 近松、村松の老とるグループは焼きガラシの番をする。近松さんは昼寝、その間、車で薪拾い、湖畔の薪のたまり場を見つけいくらでも確保できる。キャンプはこれがなければ、大助かりだった。
午後4時半ごろ4人が帰ってきて状況報告。内川本流は出水による沢ぬけでひどい状況で、かって良かったポイントまで苦労して行ったがイワナの影も見れなかったようだ。
上野、八木両氏は今晩は下の温泉宿泊まり、17時まで宿に着くよう出発した。2人は明日早朝、再度内川の支流にイワナ釣りに挑戦すると言う。朝8時30分集合の約束をして行ってもらうことにした。
 キャンプグループ4人は夕食作りを手分けしてとりかかる。マツタケと五目飯の混ぜご飯、イワナ味噌汁、具はミズナ、玉ねぎ、ネギ、ワカメ、イワナでこれも、混ぜご飯も最高に美味だった。さらにトマト、レタス、キュウリ、カニ缶、サケ缶入りサラダが食卓を豊にしてくれ、ビールの旨かったこと至福の夕食だった。21時焚火を始末して就寝。
 7月6日(日) 3日目 朝4時30分までぐっすり眠れた。焚火を起こし湯を沸かし内川釣りグループも行動を起こしているだろうと気にしながら朝食の準備をする。
赤飯に味噌汁、缶詰、サラダと簡単な残飯整理で充分。
6時からテント撤収を開始。今回の為、末永君がファミリ用コールマンテント〈5人用〉を用意してくれたおかげで快適なキャンプが出来た
7時半から車に荷物の収納開始、8時までに完了。後は2人組の帰りを待つばかりとなった。
 8時過ぎに2人組到着。内川の期待した支流の奥まで頑張って詰めたが、沢荒れにはどうしょうもなく、釣果なしで本当にお疲れさまでした。
8時30分、素波里レストハウスの細田お姉さんにお世話になった旨挨拶して出発。途中藤琴町の朝市に寄って土産を買い、国道7号でガソリンを満タンにして、二つ井町から秋田道に入り帰宅。東北道、国見SAで昼食、上河内SAに4時半着。ここで事故なしを誓って解散した。
 今回の源流釣行では不幸にしてリーダー青木さんが参加出来なかったのは残念でした。にもかかわらずカンパを頂きまして恐縮でした。
 源流釣行にもかかわらず、昨年の大雨被害の状況がはっきりつかめなかったことにより、上流入渓グループがまるっきり釣にならなかったことは申し訳ありませんでした。
 しばらく白神山系はお休みし、来季は別の場所を検討しましょう。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2014  東京渓流釣人倶楽部