釣行会レポート

2014年7月19日(土)〜7月21日(月)

青森、秋田、岩手方面釣行

リーダー:櫻井   サブ: 

参加者:近松、伊藤、中野、櫻井

計:4名


交通:車(1台)近松車

宿 :田子町 田子温泉、大湯温泉 「御宿 馬ぶち」

費用:33,000円(保険込み)

天候: 7/19 曇り後一次雨 7/20 曇り 7/21 晴れ

概況:
 7月18日午後9時、朝霞台・北朝霞駅に4名が集合。近松車1台のため沢割りの必要もなく、米代川上流を目指し、東北道を北上した。宇都宮手前では集中豪雨に見舞われ、白石IC〜仙台南IC間は事故による一時的高速道路閉鎖で一般道通行を余儀なくされたが午前4時頃には安代ICに到着した。コンビ二で朝食および飲み物を確保し、瀬ノ沢川と切通川の合流点に向かった。合流点で水量を確認すると、渇水気味で切通川は釣りにならず、全員が分かれて瀬ノ沢川に入渓することにした。 米代川本流との合流点から中野さんが入り、その上流の切通川合流点から、近松さん、伊藤さんの2名が入り、最上流に櫻井が入った。釣果はそれぞれ数尾であったが、8寸〜9寸のヤマメを確保し、下流部ほど良型であった。
地図では根石川を米代川の源流とし、根石ダム下流部から米代川と表示しているが、瀬ノ沢川合流点の水量は、瀬ノ沢川の水量が米代川の水量の倍以上あり、瀬ノ沢川が米代川の源流であるとの説の方が説得力があるように思われる。
 10時過ぎに瀬ノ沢川を出発し、根石川を遡り青森県との県境を越え、熊原川支流の杉倉川上流にある花木ダムを経由して田子町に入った。距離約20km、時間にして約1時間、対向車があればすれ違うのも困難な久々のダートコースであった。田子町の中心部に向かう途中の杉倉川、熊原川は各所で護岸補修工事を行っており、水色はかなりきつい濁り状態であった。支流の相米川、種子川、田子川も全てに濁りが入っていた。
 田子町ガーリックセンターで昼食を取り、公園で昼寝した後、熊原川でなんとか竿の出せる場所を探した。田子温泉下流部に櫻井が入り、3名はその上流へと向かった。櫻井が入った所は何とか釣りができる濁りであり、すぐに9寸近い本流ヤマメが釣れ順調であったが、3時頃から雨が降り始め、3時20分過ぎにはかなり強い降りとなり、それと共に更に濁りが強くなったので、4時前には退渓し、宿に入った。他の3人は竿を出せる場所がなく、熊原川とその支流を各所廻ったが、満足な釣りはできず5時過ぎに宿に入った。風呂上がりに、宿サービスの「ニンニクの丸揚げ」「枝豆」をつまみにビールを飲み、夕食へと移った。
 翌朝は4時に起床し、宿下の川を確認すると、まだ濁りはあるものの十分に釣りができる状況であった。櫻井は昨日の続きの熊原本流に入り、伊藤さんが相米川、近松さんと中野さんがその下流の田子川へと入り、それぞれ満足の釣果を得た。
 朝食後、早々に宿を後にし、大湯を経由して小坂川下流部へと移動した。10時過ぎに昨年同時期に大型ヤマメを釣った小堰堤部で各々竿を出したが釣果なく、昼食を摂りに小坂町の康楽館近くの焼き肉店に入った。ここは昨年の秋に初めて入った店で、あまり綺麗とは言えないが、気さくなおばちゃんがいてサービス十分である。今回もキャベツ、うどんのサービスを受けた。
 午後は小坂川上流部と相内川に分かれて入渓した。相内川に伊藤さん、砂子川合流点下流部に櫻井、更にその下流部に中野さん、最下流部に近松さんが入った。釣果としては伊藤さんが魚籠に入るサイズを釣ったのみで、他はキープできないサイズばかりであった。
 5時頃に宿に到着、ゆっくりと風呂に入り、6時過ぎに食事処での夕食となった。ビジネス料金のため豪勢とは言えないが、そこそこ満足できるメニューであった。(あまり他では見ないヒメマスの塩焼きがあった。)
 翌朝は3時半に起床、大湯川3名、小坂川下流部1名と決め移動した。中野さんは徒歩で宿裏から、伊藤さんは岡部荘近くから、櫻井は安久谷川合流点の上流から大湯川に入り、近松さん1名が小坂川下流部に入った。近松さんは、小坂川を拾い釣りの後、大湯川下流部の腰廻を釣り、その後安久谷川との合流点付近で伊藤さんと合流し、安久谷川を少し釣ったとのことであった。釣果としては、中野さんは小型ばかりで魚籠に入らず、近松さん、伊藤さんは良型ヤマメ、イワナを数尾づつ釣り、櫻井は7寸〜9寸弱の幅広ヤマメを10尾と絶好調であった。
 9時前に宿横で魚分けを行い、1人15〜16尾程度であったが、8寸から9寸の幅広ヤマメが多く、この時期に相応しい釣果であった。9時過ぎに宿を出発、混んでいるSAを避け、吾妻PAで少し遅めの昼食を摂った。3連休のためかなりの混雑の予想に反し、那須渋滞もなく順調であったが、羽生IC付近から断続的な渋滞があった。それでも午後5時前に無事朝霞台・北朝霞駅に着いた。
 今回の釣行会は、例年になく集中豪雨の影響もなく、ピーカンの快晴にもならず(帰りは快晴)、天候に恵まれたものでした。ただ熊原川の好ポイントの大々的な護岸補修工事とそれによる濁り(田んぼの濁りも相当あったようですが)が予定外でしたが、全体としては満足のいくものでした。参加者のみなさんお疲れ様でした。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2014  東京渓流釣人倶楽部