釣行会レポート

2002年4月6日〜7日  愛知・根羽川釣行会

リーダ:小幡

参加者: 村松、上野、初瀬川、石下、鈴木、八木、松田、小幡
    
計:8名

宿:根羽村 横旗「信玄」0265ー49ー2420

釣行概況:

新宿より中央道にて飯田ICへ、昼神温泉駐車場にて仮眠。ちょうど桜が満開で、しばし夜桜にて一杯。
早朝、温泉下の黒川を二班にて入渓。冷え込みのせいか型をみた程度。その後、三州街道にて根羽村へ。村内に適当な食堂もなく、街道すじの喫茶店へ入るが、田舎にしてはコーヒーが超高価(600円+消費税)でビックリ。食堂もなく道の駅「ネバーランド」にて昼食をとる。スタンドで聞いたところ、夏焼温泉はいまでも布団の中から何が出るかわからないほど(ムカデかシラミ?)廃れているとか……。われわれの「信玄」はまあまあ良いほうだとか。午後、根羽川の本流へ入渓。全員ボウズ。前年の台風の出水で川は荒れており、河川工事がいたるところで行われていた。漁協の話では、今年はアユの放流も断念したとか……。しかしながら、名川、根羽川の渓相と水色はよく、早期の復活に期待したいところである。翌日は、早期出発で愛知県側の大入川・坂宇濁川へ向かい、村松氏が小雨の中ねばり勝ちで尺イワナを一本出したが、他はボウズで終った。帰路、丸子のトロロ飯を食おうということで急いだが、みどり湖の桜見物と交通止めにあい、時間に間に合わず東名・牧の原SAにて昼食する結果となり、海老名SAで解散となった。適当な温泉宿もなく、川も荒れており、しばらくは足が向かなくなりそうだが、工事が終ればまた期待が出来るかと思う。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部