釣行会レポート

2002年6月15日〜16日  山形・小国方面釣行会

リーダ:上野

参加者: 関口、近松、伊藤、櫻井、斉藤、青木、上野
    
計:7名

宿: 新真室川温泉 関沢荘 0233−45−2215

釣行概況:
金曜の23時に東北自動車道蓮田SAに集合し、一路東北道を山形へ向かった。出発の時は雨であったが、土曜日の朝には上がった。近松車には近松さん、櫻井さん、斉藤さん、伊藤さんが乗り、希望どおり金山川・役内川を釣行してもらった。釣果はまあまあだったようだ。関口車には関口会長、青木さん、上野が乗り、月山方面へ向かった。途中何箇所か川を見て検討の結果、確実な川を釣ろうということになり、今野川へ向かった。今野川では県道下流に3人が分かれて入った。こちらも釣果はまあまあだった。昼食後は曲川へ向かった。こちらは最近放流したらしく、魚の数は多いが小さすぎて針にかからなかった。曲川周辺は蛇が嫌いな方にはおすすめできない。河原でとぐろを巻いていたり、川岸の枝に巻き付いていたり、川を泳いで渉るのを目撃した。土曜日は全員17時までに関沢荘に集合した。到着後、各自温泉に入った後のんびりしていると土砂降りになった。雨は一晩中降り続いたようだ。17時30分頃から早めの夕食兼宴会になった。会長から日本酒1本の差し入れがあり、これを含めて皆さんよく飲んだようだ。3人でビール7本、日本酒3合、更に1升瓶1本空けた。飲みながら翌日の沢割りを行った結果、近松車は役内川を、関口車は金山川を釣行することになった。役内川釣行組は3時半に起きて現地に向かったが、濁流で釣りにならず、結局院内川を釣行した。釣果はまあまあだったようだ。関口車は金山川を釣行した。こちらはハヤが多く、貧果だった。今回は土曜・日曜とも長袖がちょうど良いくらいの温度で、6月にはめづらしく快適な釣行だった。最終的にはおみやげが一人あたり12尾程度あったので、釣果としてはまあまあだった。今回釣行して金山川の魚体の小型化、魚体数の減少を痛感した。倶楽部としてもそろそろまた放流を検討すべきではないかと思われる。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部