釣行会レポート

2002年5月25日〜26日 

 
日本渓流釣連盟 第12回懇親会

リーダ:伊藤譲聰

参加者: 浅川、佐々木、井口、中野、石下、小幡、沖野谷、斉藤、満藤、関口、村松、伊藤

    
計:12名

宿:新潟六日町温泉「ホテル坂戸城」 0257−73−3333

釣行概況:

第12回日本渓流釣連盟懇親会が新潟県六日町温泉のホテル坂戸城で開催された。今年の担当幹事団体は日本渓流会です。

年一回、趣味を同じくしている仲間達との懇親を目的に開催されている。全国から釣り師達が思い思いの河川を釣行しながら、夕刻に会場である「ホテル坂戸城」に集合。開宴が待ちきれず懐かしい仲間をつかまえては渓流談義があちこちでお酒を片手に盛り上がっていた。懇親会は総勢80名余りの参加で盛大に始まり新潟民謡、居合い切り等のアトラクションを肴に釣れた話、釣れなかった話、竿、仕掛け、餌、等々、種は尽きない。恒例のお楽しみ抽選会では狙った景品が当った人、一番違いで逃した人の歓喜とため息が交差した。何時もながらハラハラ・ドキドキするイベントでありこの時ばかりはお酒のペースが落ちるのは竿、ビク等、景品の質の高い勢か?東渓も何人かが当ったもよう。
翌朝、宴会の盛り上がりが抜けきらない中、来年の再会を誓い別れるのは良いものです。来年は伊豆だそうです。

解散の後、私達は栃尾まで足を延ばし
、栃尾市名物の油揚げをいただきましたが厚さが1センチ程有ります。葱やキムチをのせて特性の醤油を掛けいただきますと乙なもんです。店は全部で20軒を越えるそうで栃尾の商店街にも揚げ屋さんが店を出してます。この商店街がそこにもある此処にもあるといった物でなく、今や少なくなった軒の低い昔ながらのたたずまいで、長く有って欲しいと感じました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部